楽天が展開する格安SIM「楽天モバイル」。このページでは「楽天モバイル」のプラン・MNP・機能オプションなどをまとめています。

楽天のサービスと相性が抜群の格安SIMで、楽天をよく使う方にはオススメしたい格安SIMの一つです。

公式サイト楽天モバイル

楽天モバイルとは?

rakuten_logo

元々は楽天の子会社が「フュージョン・コミュニケーションズ」が格安SIMを運営してきましたが2015年12月1日にMVNO事業を楽天に譲渡し、「楽天」自身がMVNOサービスを開始しました。また、その後に楽天は周波数を取得し、自前で回線設備を揃え、ドコモ、au、ソフトバンクと同様の立場になり、MVNO(格安SIM)ではなくキャリアとして回線サービスを提供しています。

楽天モバイルのプランは「Rakuten UN-LIMIT VI」のみ

package_rakuten

楽天モバイルでは、 Rakuten UN-LIMIT VIという料金プラン1種類のみで、料金システムが段階性のプランになっています。

データ容量 1回線目の月額料金 2~5回線目の月額料金
1GBまで 0円 1,078円
3GBまで 1,078円 1,078円
20GBまで 2,178円 2,178円
無制限 3,278円 3,278円
国内通話料 Rakuten Link利用時:無料
それ以外:22円/30秒

楽天ID1つで複数回線を所持する場合、2回線目以降は0GB~3GBまで1,078円となります。

国内のパートナー回線利用は、月5GB以上で速度が制限

楽天モバイルは、自社回線の他にパートナー回線というものがあります。国内のパートナー回線はauとなり、楽天の回線が届かないエリアはauの電波を利用することになります。

楽天モバイルの無制限+高速データ通信が使えるのは楽天の自社回線の場合です。国内パートナー回線(au)の場合は、月5GBの利用で最大1Mbpsの速度に制限されます。

海外の場合、2GB超過後は最大128kbpsに制限されます。

共通項目

プランの共通項目は下記の通り↓

SIMサイズ、種類 nano/micro/標準SIM/eSIM
最低利用期間 なし
高速データ通信ON/OFFの切り替え ×
パートナー回線のデータチャージ 1GB 550円、2GB 1,100円など
SMS送信料 国内: 3円〜100円/通
国際SMS送信料: 100円/通(不課税)
複数回線 楽天会員ID1つにつき5回線まで
メールアドレス 今後利用可能に
留守番電話 0円
SMS 0円
着信SMS通知 0円
選ばる電話番号サービス 1,100円
着信転送 0円
発信者番号非通知 0円
緊急速報メール 0円
国際電話かけ放題 980円/月
割込通話/通話保留 0円
特番電話 0円
故障紛失保証 with AppleCare Services 715〜1,309円
スマホ交換保証プラス 715円
持ち込みスマホあんしん保証 715〜1,309円
ノートン™ モバイル セキュリティ 220円/月
あんしんコントロール by i-フィルター 330円/月
スマホ操作遠隔サポート 550円/月
楽天モバイルWiFi by エコネクト 398円/月

各手数料

各手数料は下記の通り↓

契約事務手数料 無料
コンビニ支払い手数料 請求金額(税込)
~10,000円未満の場合:66円
~50,000円未満の場合:110円
50,000円以上の場合:330円
口座振替手数料 110円/月
請求書支払い手数料 220円
SIMカード再発行手数料 0円
eSIM再設定手数料 0円
SIM交換手数料 0円
名義変更手数料 改姓:0円
家族間譲渡:3,300円
第三者譲渡:3,300円
承継:3,300円
違約金(契約解除料) なし
MNP転出手数料 なし

複数契約と支払い方法について

契約情報の共通項目は下記の通り ↓

複数回線 楽天ID1つで5回線まで
支払い方法 クレジットカード、デビットカード(楽天銀行デビットカード、スルガ銀行デビットカード)、口座振替(手数料110円)、楽天ポイント

大抵の格安SIMは、公式には「クレジットカード」のみでしか支払いができないとしていますが、楽天モバイルでは「デビットカード」も使えます。使えるデビットカードは、「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」です。また、口座振替も対応しています。

クレジットカードが持てない人、持ちたくない人でも、デビットカードが使えるので便利ですね。

他の格安SIMは、クレジットカードのみしか使えないとしているところが多いですが、「デビットカードも使えた!」なんて報告もあります。しかし、正式に対応していないため、いつ契約解除になるか分かりません。なお、楽天モバイルでは正式に対応しているので、安心して使うことができます。

Rakuten Linkアプリを利用で国内通話が無料に

楽天モバイルではRakuten Linkアプリを利用して通話(国内)すると、通話料が無料になります。他社によくあるかけ放題・電話定額のような月額料金が発生するオプションを契約することなく、月額0円で国内通話が無料です。これは楽天モバイルのメリットの一つと言えます。

一部対象外として0570などのナビダイヤルがああります。詳しくはこちら

楽天モバイルのRakuten Linkは、RCS(Rich Communication Services)に対応したアプリで、通話やSMSをパケット網を利用しています。パケット網を利用するからデータ容量が消費されると思われるかもしれませんが、これらはカウントされない仕様となっています。

180日間利用のない回線は利用停止に

1回線目のみですが、連続180日間全く利用がない場合は楽天側で利用停止するとのこと。利用停止の対象になるのは1回線目のみで、利用停止前にユーザーに通知されるとのこと。

楽天自社回線で1日10GB以上の利用で速度が最大3Mbpsに

Rakuten UN-LIMIT VIのプランは自社回線なら無制限で利用できますが、1日に10GB以上の利用で最大3Mbpsに速度が低下します。翌日には速度低下の制限が解除されること、最大3Mbpsと低速と言えど殆どのものが快適に利用できることで、あまり気にしなくてもよい気がしますが、こういった制限があることは理解しておきましょう。

ということで、無制限と言えど、高速通信で無制限で使えるのは1カ月で310GB、低速も含めると無制限という形です。上記でも述べましたが低速と言えど3Mbpsで無制限で利用できると思えば、他のキャリアと比べてもかなり寛容な対応で好感が持てます。

月1GBまでは月額0円は衝撃的!

楽天モバイルは月1GBまでであれば、月額0円で運用することができ、かなり衝撃的です。他社で月額0円で運用できるものはなく、コストパフォーマンスの良さがメリットの一つです。

楽天モバイルの不安要素に電波の入りやすさという問題がありますが、それでもお試し感覚で持っておいても損はないのでおすすめです。

また、国内通話はRakuten Linkアプリを利用すると通話料が無料となるので、通話のためだけに利用するのもおすすめです。

月額0円の月(1GBまでに収まった時)は、ユニバーサルサービス料と電話リレーサービス料も楽天側が負担するため、本当に月額0円となります。

無制限で月額3278円

無制限で月額3278円はコストパフォーマンスがよく、個人的に無制限で利用したい人にはおすすめですが、ちょっとした縛りがあると思った方がよいでしょう。

というのも、パートナー回線だと月5GB以上で最大1Mbps、楽天自社回線エリアだと1日で10GB以上で最大3Mbpsとなります。楽天自社回線エリアの場合は速度低下しても問題なく利用できそうですが、パートナー回線エリアだと最大1Mbpsなので利用用途は制限されそうです。

個人的に楽天自社回線エリア内であれば、無制限で利用するのはかなりありだと感じています。