【最終更新日:2014/10/12】

高速データ通信量が「3GB〜4GB」のMVNO (格安SIM) をランキングしてみました。

1位
OCN モバイル ONE 4GB/月コース

初期費用 月額料金 高速通信量
3,000円 1,450円 4GB/月
低速時の通信速度 通信規制対象データ量
200kbps なし
OCN モバイル ONEの特徴
  • OCNの光サービスを使用のユーザーは200円引き(OCN光モバイル割)
  • 安定した速度がでる
  • 3日間規制制限が撤廃
  • 初月の月額料金が無料
  • 高速通信ON/OFFの切替がアプリで可能

『OCN モバイル ONE 4GB/月コース』が1位の理由は「コスパの良さ」。
2位の『BIC SIM(IIJmio) ライトスタート』より月額料金が安いのが大きな要因です。

『IIJmio』のように高速通信量の繰越はできませんが、回線の安定性はIIJmioより良いと感じまます。特に混雑する時間帯、平日12:00~13:00は『OCN モバイル ONE』の方が速いです。 4GB/月と大容量の高速通信量なので、このプランを契約しておけば大抵の人は事足りるでしょう。コスパの良さNo.1です!

ポイントをまとめてみました!

  • 高速通信量が4GB/月、月額1,450円とコスパNo.1
  • 安定した通信が可能。
  • 通信規制対象データ量が撤廃されて、更に使いやすく!
  • 高速通信をアプリでON/OFF切り替え可能。

「OCN モバイル ONE」のレビュー記事はこちら

「OCN モバイル ONE」のプラン詳細はこちら

2位
BIC SIM(IIJmio) ライトスタート

初期費用 月額料金 高速通信量
3,000円 1,520円 4GB/月
低速時の通信速度 通信規制対象データ量
200kbps 高速データ通信をOFFにしている状態(低速モード)で「3日間あたり366MB」以上の利用をすると、20kbps程に速度制限。高速データ通信の時は、速度制限のカウントなし
BIC SIM(IIJmio)のポイント
  • 特典で、公衆無線LAN「Wi2 300」が使える(BIC SIMのみ)
  • 高速通信量が余ると翌月に繰越可能
  • 高速通信ON/OFFの切替がアプリで可能
  • 低速で接続時に3秒ほど速度がブーストされ、体感速度も速く感じる

『BIC SIM』は、ビックカメラが『IIJmio』+『公衆無線LAN Wi2 300』を付けて展開している格安SIMです。格安SIMは『IIJmio』と全く代わりがないサービス内容となります。なので、公衆無線LAN「Wi2 300」が付いてくる『BIC SIM』の方が少しお得ですよね!

『BIC SIM(IIJmio) ライトスタート』は『OCN モバイル ONE 4GB/月コース』より月額料金が70円割高になります。しかし、サービス内容は『OCN モバイル ONE』と劣ること無く、充実した内容です。特に『OCN モバイル ONE』との違いは、高速通信量の繰越が可能な点。高速通信量が余れば、翌月に繰り越すことができ、効率よく高速通信量を使うことができます。

ポイントをまとめてみました!

  • 公衆無線LAN「Wi2 300」が無料で使える(BIC SIMのみ)
  • 余った高速通信量は翌月繰越可能。
  • 高速通信をアプリでON/OFF切り替え可能。

「BIC SIM(IIJmio)」のプラン詳細はこちら