【MVNOレビュー】『BIGLOBE LTE・3G』は快適回線、Ping値も良い!

BIGLOBE LTE・3G

【お知らせ】2014年4月1日にプラン料金の改定があり、内容を更新しました。

今回は、『BIGLOBE LTE・3G』をレビューしてみたいと思います。

わたしは、BIGLOBEのWebサイトから申し込んで、後日SIMカードが送られてきたのですが、パッケージ品ではなく上記写真のような形で送られてきました。ちょっとパッケージが欲しかったな(笑)

ここ最近の『BIGLOBE LTE・3G』は、速度も安定していて『OCN モバイル ONE』と並んでよい回線です。では、レビューしていきます。

プラン内容

金額表示は税別金額です。プラン内容は、

  • エントリープラン900円・高速通信量 1GB/月
  • ライトSプラン1,505円・高速通信量 2GB/月
  • ライトMプラン2,838円・高速通信量 3GB/月
  • スタンダードプラン3,790円・高速通信量 7GB/月

となっています。『BIGLOBE LTE・3G』の知名度を上げたプランが「エントリープラン」でしょう。そして、最もオススメなプランも「エントリープラン」です。

高速通信量が「1GB/月」で月額料金900円と、格安でありながら高速通信量が多く、この高速通信量と金額と同等のプランが他社から提供されてなく、高速通信量に対してこの金額はここだけです。現在(2014年6月)は月額料金900円台で、高速通信量が1GB/月のプランが、MVNOの水準となりました。

弱点は、低速時の速度が「128kbps」と、他社が多く採用している「200kbps」より遅い状態となっています。

高速通信量の追加もできますが、「315円/100MB」と少し割高な気がします。SMS付きのSIMも選択でき、月額料金に+126円となります。

詳しいプラン内容は、こちらを参照してください。
参照:BIGLOBE LTE・3G プラン詳細 | MVNO一覧 – MVNOナビ! –

契約するメリットは?

みなさんが、この『BIGLOBE LTE・3G』に興味を持った理由はなんでしょうか?
「1GB/月の高速通信量(エントリープラン)」と「無料で付いてくるWi-Fiスポット」そして「月額料金」ではないでしょうか?

高速通信量1GB/月の「エントリープラン」と公衆無線LAN「Wi2 300」が非常に良い組み合わせ!

『BIGLOBE LTE・3G』には、無料で公衆無線LAN「Wi2 300」が付いてきます。他社でこの公衆無線LANが無料でついてくるのは『BIC SIM for IIJmio』だけです。「Wi2 300」は日本で一番といっていい程、Wi-Fiスポットが多いんじゃないのでしょうか?マクドナルドやスタバ、駅などの至る所にこの「Wi2 300」のWi−Fiスポットがあります。

なので、自分がよく行く所に「Wi2 300」があるのならば、『BIGLOBE LTE・3G』の「エントリープラン」がオススメです。

Wi-Fiを使うことができるので、高速通信量が1GB/月しかなくても事足りてしまうことが多いと思います。わたしも『BIGLOBE LTE・3G』を契約してからは、公衆無線LAN「Wi2 300」をよく使っています。しかも、実際にそのお陰で全く高速通信量を使わずに、毎月余らせているぐらいになってしまいました。

もともと「Wi2 300」は月額料金が362円で提供されているサービスです。それが無料で付いてくるので、太っ腹ですよね。また、スマホだけでなくPCでも「Wi2 300」を使うことができます。

そして驚くことに、この『BIGLOBE LTE・3G』の公衆無線LANは、新幹線でも使うことが可能です。『BIC SIM for IIJmio』は新幹線では使えません。なので、無料で付いてくる公衆無線LANで一番エリアが広いのが、この『BIGLOBE LTE・3G』なのです。

ただし、今後「Wi2 300」の「Wi2premium」「Wi2premium_club」のWi-Fiスポットが使えなくなりました。「Wi2premium」「Wi2premium_club」が使えなくなると、使えるWi-Fiスポットが変わってくるので少し注意してください。

参考記事:『BIC SIM』『BIGLOBE LTE・3G』の無料公共無線LAN「Wi2 300」がプレミアムエリアを終了。

Wi-Fiとモバイル通信を切り替えるアプリ「オートコネクト」

「オートコネクト」とは、Wi-Fiとモバイルデータ通信の切り替えを可能にするアプリです。「Wi2 300」エリアでWi-Fiをオンにすると、すぐにWi-Fiに繋がってくれるので、ものすごく使い勝手が良いです。

デメリット

デメリットというデメリットはあまり感じません。敢えて言うなら、高速通信量を使い切った後は「128kbps」の低速通信ということ。MVNOの水準として現在は、大抵のMVNOで低速通信時の最大速度が200kbpsなので、『BIGLOBE LTE・3G』は多少見劣りします。この点が残念ポイント(デメリット)です。

ただ、『BIGLOBE LTE・3G』を契約する人・したいと思っている人は、高速通信量内でデータ通信が収まることを前提にしている人が多いと思います。そう考えると低速時の最大速度が「128kbps」でも問題無いと思います。

わたしは、高速通信量1GB/月の「エントリープラン」を契約していますが、1GB以内に収まっています。もちろん、収まっている理由として先ほども記述したように、無料で公共無線LAN「Wi2 300」が使えるからです。なので、128kbpsという低速で通信しなければならない状況にはなりません。

ちなみに128kbpsでデータ通信すると、大抵の人はストレスが溜まるぐらいの速さだと思います。128kbpsと他のMVNOの水準200kbpsと比べた場合、個人的な体感速度として、128kbpsはかなり遅いと感じました。

実際に使ってみてどうなのか?

速度を測ってみました。LTEで、回線の制限が掛かってない(高速通信可能の)状態で、回線が混雑する時間帯12:00〜13:00の間で、速度計測してみました。

biglobe-lte-3g-1

12時ぐらいは速度が早く、とても快適。

biglobe-lte-3g-2

12時15分頃。この時も速度が早い。

biglobe-lte-3g-4

12時30分頃。速度が急激に落ちて「低速時並」の速度に。ただし、他社のMVNOでもこれぐらいの速度になってしまうし、よろしくないMVNOでは、全く繋がらない状態になってしまう。なので『BIGLOBE LTE・3G』は良い方だと感じる。

biglobe-lte-3g-3

12時50分頃。速度が少し上がって、このぐらいで速度が出れば快適に使える。

biglobe-lte-3g-0

13時頃。一気に速度が出るようになり、通常の早さに戻った。

一番回線が混み合う、お昼の時間帯には速度が落ちますが、意外とPing値が安定して良い数値を示しました。これはIP電話なども快適に使えそうです。

まとめ

『BIGLOBE LTE・3G』でオススメのプランは「エントリープラン」。月額料金900円で、高速通信量が1GBと非常に魅力的な内容です。

また、回線品質が安定していて「Ping値が良い」のが特徴だと思います。更におまけとして、「グローバルIP」「Wi-Fiが無料」が付いてくるとなれば、かなり充実しているし、お得感一杯ですね。

高速通信量内でデータ通信が収まるようにすれば(低速通信にならないようにすれば)、快適に使えるMVNOのです。

5 Responses to “【MVNOレビュー】『BIGLOBE LTE・3G』は快適回線、Ping値も良い!”

  1. こういち より:

    速度もPingも全然よくないじゃないですか、IIJだと普通に同じ速度測定アプリでPing50切るし、速度も10Mbps越えます、早い時だと40Mbps出る時もあります。

    • 管理人 より:

      こういちさん

      コメントありがとうございます。
      確かに『IIJmio』は、とても良いMVNOの1つです。
      ただし、『IIJmio』だけでなく全MVNO(すべて試しているわけではないですが)と比べた場合の表現として、良いという意味で記載しています。
      また速度もエリアによって変わってきますので、参考程度として下さい。
      以上、よろしくお願いします。

  2. 斎藤 より:

    当方も今月BIGLOBEと契約しましたが、ほとんどの時間帯、場所も不特定で2~5Mbpsしか出ず、とても使い物にならないので、サポートに問い合わせてたところ、設定を見直せ云々。。
    上の方もおっしゃる通り、同じ条件下、IIJmioで30Mbps以上はコンスタントに出るので、事業者側でトラフィックを絞ってしまっているような気がします。
    サポート内容がいいだけに残念な気分です。

    • 管理人 より:

      mvno.navi

      斎藤さん
      コメントありがとうございます!

      2~5Mbpsで使い物にならないですか…(もっと速度がでない格安SIMが多くあります…)
      確かにIIJmioを体験していると遅く感じるかもしれませんね。
      IIJmioは現時点(2014/12)では、別格だと思いますよ!

  3. 疋田 より:

    BiglobeのLTEは契約する価値無し。
    12月にDOCOMOからBiIGLOBEの10Gプランに乗り換えたが、
    良かったのは最初の3日間だけ。
    とはいってもスピードは数M程度。
    過去72時間の通信料によって確実に帯域制限をするので
    それ以降は200kbps。DOCOMOは月初になるとリセットされますが、
    BIGLOBEでは一切無し。
    2月は日数が少ないので10Gを使い切るためには日当たり350Mの
    通信料が必要だが、過去72時間の通信料が1Gを超えると帯域制限
    になるので、1月末の通信量が多いとで月初から月末まで帯域制限
    されたままで一度もLTEの恩恵にあずかれない。
    悪質としか言いようがない。

コメントを残す

このページの先頭へ