この記事ではGoogle Pixel 5a (5G)のスペックや格安スマホとして販売しているMVNOなどをまとめてみました。

Google Pixel 5a (5G)は2021年8月26日発売。Pixel aシリーズは廉価モデル。ミドルレンジクラスのスペックながらカメラが1,220万画素+1,600万画素の2眼カメラと現行のミドルレンジ端末よりもよく、おサイフケータイ、防水・防塵などに対応しています。

とりわけ評判の良いGoogle Pixelシリーズのカメラアプリ「Google カメラ」や、ミドルレンジクラス端末では超広角は800万画素が多い中、Pixel 5a (5G)では1600万画素と、特徴的な部分はカメラかなという印象です。

Google Pixel 5a (5G)の詳細スペック一覧

名称 スペック
OS Android 11(最低3年間のOSアップデートとセキュリティアップデート)
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 765G
CPU:Qualcomm Kryo 475 | オクタコア | 最大2.4GHz
GPU:Qualcomm Adreno 620
ストレージ 128GB
RAM 6GB(LPDDR4X)
ディスプレイ サイズ 6.67インチ
解像度 FHD+ | 2400×1080 | 413ppi
ディスプレイ種類 OLED
リフレッシュレート スペックシートに記載なし
タッチサンプリングレート スペックシートに記載なし
SIMトレイ ナノSIMスロットx1、eSIM
eSIM対応
Wi-Fi Wi-Fi 2.4 GHz + 5 GHz 802.11a/b/g/n/ac 2×2 MIMO
Bluetooth 5.0 + LE
衛星測位システム(GNSS) スペックシートに記載なし
周波数 5G Sub-6:n1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 28 / 40 / 77 / 78
LTE(4G) LTE:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71
3G WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
2G GSM 850/900/1800/1900
カメラ メインカメラ 12.2 メガピクセル(デュアル ピクセル) | f/1.7 | 光学式および電子式手ぶれ補正機能
超広角 16メガピクセル ウルトラワイド | 画角118.7° | f/2.2
フロントカメラ 8メガピクセル | f/2.0
動画 1080p(30 FPS、60FPS、120FPS、240FPS)、4K(30FPS、60FPS
NFC FeliCa、おサイフケータイ対応
オーディオ ステレオ スピーカー
イヤホンジャック
センサー 近接センサー|周囲光センサー|加速度計|ジャイロメーター|磁力計|Pixel Imprint|気圧計
バッテリー 4680mAh
充電 18W USB-PD 2.0 対応
防滴、防塵 IP67
外寸 横幅 73.7mm
縦幅 154.9mm
厚み 7.6mm
重量 183g
カラー Mostly Black
パッケージ内容 18W USB-C® 電源アダプター /1m USB-C – USB-C ケーブル(USB 2.0) / クイック スタートガイド / クイック スイッチ アダプタ / SIM ツール

5G対応バンドを確認

5Gの周波数 ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル Pixel 5a (5G)
n77(Sub6) ×
n78(Sub6) × ×
n79(Sub6) × × × ×
n257(ミリ波) ×

ドコモ網の対応

ドコモのバンド n78 n79 n257
端末の対応周波数 × ×

残念ながら、n79、n257に対応していません。

SIMフリー全体でもn79、n257に対応しているものは少ないというのが現状iPhone12でさえn257に非対応、ドコモから発売されている機種でも5G対応を謳いながらn257に対応している端末は少ないのが現状です。

と、こんな状況で今はまだ4Gが主流ということもあり、5Gはおまけ程度と考える方がよいかもしれません。将来を見据えるとバンド対応がよいとは言い難いのが現状で、特にドコモが使用しているn79が非対応なのは痛いかもしれません。

au網(UQモバイル含む)

auのバンド n77 n78 n257
端末の対応周波数 ×

au網はSub-6のn77、n78に対応しています。ミリ波のn257には非対応。

ソフトバンク網(ワイモバイル含む)

<
ソフトバンクのバンド n77 n257
端末の対応周波数 ×

ソフトバンク網はSub-6のn77に対応、ミリ波のn257に非対応。

楽天モバイル網

楽天モバイルのバンド n77 n257
端末の対応周波数 ×

ソフトバンク網はSub-6のn77に対応、ミリ波のn257に非対応。

5G NRまとめ

5Gに関してはサービスがまだ限定的ということもあり、多くのSIMフリー端末でしっかり対応しているのものは少ない印象です。そんな中、Google Pixel 5a (5G)でも満足できる対応バンドではないかなというのが個人的な感想です。特にドコモのn79に対応していないのは今後痛手になるかもしれません。iPhone12やOPPO Find X3 Proではn79に対応しています。

まだ主流は4Gかと思うのでおまけ程度の5Gと考えておいたほうがよいと思います。

4Gの対応バンドを確認

各キャリアの主要バンドは背景を水色にしています。

4Gの周波数 ドコモ
周波数
au
周波数
ソフトバンク周波数 楽天
周波数
Pixel 5a (5G)
B1(2.0GHz)
B3(1.7GHz)
B8(900GHz)
B11(1.5GHz) ×
B18/26(1.5GHz)
(auローミング)
B19(800MHz)
B21(1.5GHz) ×
B28(700MHz)
B42(3.5GHz)

Band11に対応したSIMフリーはほとんどないため、Band11に対応してなくても問題ありません。

ドコモ網の対応

ドコモの周波数 B1 B3 B19 B21 B28 B42
端末の対応周波数 ×

ドコモの主要バンドであるBand1/3/19に対応しています。Band21には対応していません。ドコモはBand21は地方都市での高速化に使われていると言われており、無くても困ることはないかもしれません。電波が掴めなくて困るような場面はないと思いますので、ドコモ網で利用して問題ない端末と言えます。ただ、ドコモ網でフルバンド対応ではないことは覚えておいたほうがよいでしょう。

au網(UQモバイル含む)

auの周波数 B1 B3 B11 B18/26 B28 B42
端末の対応周波数 ×

auはBand1/3/18/26/28に対応。au網での利用も問題ありません。(B11に対応していませんが、問題ありません。)

ソフトバンク網(ワイモバイル含む)

ソフトバンクの周波数 B1 B3 B11 B28 B42
端末の対応周波数 × ×

ソフトバンク網はBand11以外に対応しています。Band11に対応したSIMフリーは現状ほぼない状態ですし、Band11は特に気にする必要がありません。ソフトバンク網での利用も問題ありません。。

楽天モバイル

楽天モバイルの周波数 B3 B18/26(auローミング)
端末の対応周波数

楽天モバイルはフルバンド対応しています。

4Gまとめ

4Gはドコモ、au、ソフトバンク、楽天とどのキャリアを利用しても問題ないでしょう。

販売価格は?

Google Pixel 5a (5G)は、Googleストアで51,700円となっています。

リンクGoogle Pixel 5a (5G) – Google Store

格安スマホとして販売しているMVNOは?

格安スマホ、格安SIM+端末のセットとして販売されていません。日本国内では、ソフトバンクで取り扱いがあります。