この記事ではOPPO Reno5 Aのスペックや格安スマホとして販売しているMVNOをまとめてみました。

OPPO Reno5 Aは2021年6月11日発売。「カメラで選ばれたい5Gスマホ」というキャッチコピーでメインカメラは6,400万画素。

端末セットとして多くのMVNOで取り扱いがあり、OCN モバイル ONEやIIJmioなどで扱っています。また、ワイモバイルからは専売モデルが発売されています。

OPPO Reno5 Aの詳細スペック一覧

名称 スペック
OS ColorOS 11 based on Android 11
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 765G
CPU:Qualcomm Kryo 475 | オクタコア | 最大2.4GHz
GPU:Qualcomm Adreno 620@625MHz
ストレージ 128GB
RAM 6GB
ディスプレイ サイズ 約6.5インチ
解像度 FHD+ | 2400×1080 | 405ppi
ディスプレイ種類 LCD (LTPS)
リフレッシュレート 最大90Hz
タッチサンプリングレート 最大180Hz
SIMトレイ nano SIMスロット+nano SIM or Micro SDカードの排他スロット(2枚のSIMを入れるとMicro SDは使えない)
eSIM対応
Wi-Fi Wi-Fi5 (802.11ac), 802.11a/b/g/n/; Wi-Fi2.4GHz/Wi-Fi 5.1GHz/Wi-Fi5.8GHz
Bluetooth 5.1
衛星測位システム(GNSS) GPS、A-GPS、BeiDou、QZSS(みちびき)
周波数 5Gネットワーク n3/n28/n77/n78
LTE(4G) LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
LTE TDD:38/39/40/41/42
3G WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
2G GSM 850/900/1800/1900
カメラ メインカメラ 6400万画素 | f/1.7
超広角 800万画素 | 画角119° | f/2.2
モノクロ 200万画素 | f/2.4
テレマクロカメラ 200万画素 | f/2.4
フロントカメラ 1600万画素、f/2
動画 最大4K(30fps)、1080P(60fps/30fps)、720P(60fps/30fps)
スローモーション動画:1080P(240fps)、720P(480fps)
ビデオ手ブレ補正【EIS】 とビデオズーム
NFC おサイフケータイ® 対応
オーディオ シングルスピーカー
イヤホンジャック
センサー 地磁気センサー | 環境光センサー | 色温度センサー | 近接センサー | 加速度センサー | 重力センサー | ジャイロセンサー | 歩数計
バッテリー 4,000mAh
充電 18W | PD(9V/2A)とQC(9V/2A)に対応
防滴、防塵 IP68
外寸 横幅 74.6mm
縦幅 162mm
厚み 8.2mm
重量 182g
カラー シルバーブラック、アイスブルー
パッケージ内容 本体 | SIM取出し用ピン | 安全ガイド | クイックガイド | 保護フィルム(貼付済み) | 保護ケース

OPPO Reno5 Aの主なスペック、特徴は?

OPPO Reno5 Aの特徴、主なスペックをまとめてみました ↓

OPPO Reno5 Aの特徴
  • Snapdragon 765G
  • RAM:6GB、ROM:128GB
  • メインカメラは6,400画素、フロントカメラは1,600万画素
  • おサイフケータイに対応
  • 5G対応
  • eSIMに対応
  • 防滴、防塵はIP68
  • バッテリーは4,000mAh
  • 急速充電18Wに対応
  • ディスプレイは液晶
  • 充電器やイヤホンは付属しない

全体的に上手くまとまっているミドルハイクラスのSIMフリーです。ただ、同じ価格帯でライバルとなるXiaomi端末のMi 11 Lite 5Gの方がスペック的にはワンランク上であり、Reno5 Aは見劣りします。

それでもeSIM対応や防滴、防塵はIP68とReno5 Aしか選択肢がない部分もあるので、このあたりを重視している方にはおすすめです。実際に購入して利用してみたところ、端末の持ちやすさなど総合的にはとても満足度の高い端末に仕上がっていました。

5Gの対応Band・周波数を確認

国内の4キャリアの5G NR対応バンドは下記の通り。

5Gの周波数 ドコモ
周波数
au
周波数
ソフトバンク
周波数
楽天
周波数
OPPO Reno5 A
n77(Sub6) ×
n78(Sub6) × ×
n79(Sub6) × × × ×
n257(ミリ波) ×

※表は「横スクロール」ができます。

上記の通り、Sub-6のn79、ミリ波のn257に非対応となっています。

SIMフリー全体でもn79、n257に対応しているものは少ないというのが現状です。iPhone12でさえn257に非対応、ドコモから発売されている機種でも5G対応を謳いながらn257に対応している端末は少ないのが現状です。

と、こんな状況で今はまだ4Gが主流ということもあり、5Gはおまけ程度と考える方がよいかもしれません。将来を見据えると対応周波数がよいとはいえないのが現状で、特にドコモが使用しているn79が非対応なのは痛いかもしれません。

4G(LTE)の対応Band・周波数を確認

各キャリアの主要な周波数(絶対に対応しておいてほしい周波数)は背景が水色になっています。

4Gの周波数 ドコモ
周波数
au
周波数
ソフトバンク周波数 楽天
周波数
OPPO Reno5 A
B1(2.0GHz)
B3(1.7GHz)
B8(900GHz)
B11(1.5GHz) ×
B18/26(1.5GHz)
(auローミング)
B19(800MHz)
B21(1.5GHz) ×
B28(700MHz)
B41(2.5GHz)
B42(3.5GHz)

※表は「横スクロール」ができます。

基本的にどのキャリア、格安SIMでも利用可能な端末と言えるでしょう。

ドコモ網の対応

ドコモの周波数 B1 B3 B19 B21 B28 B42
端末の対応周波数 ×

※表は「横スクロール」ができます。

ドコモの主要周波数であるBand1/3/19に対応しています。その一方で、Band21には対応していません。ドコモはBand21は地方都市で展開しているもので無くても困ることはないかもしれませんが、フルバンド対応ではないことは覚えておきましょう。基本の周波数は対応しているため、ドコモ網で利用は問題ありません。

au網(UQモバイル含む)

auの周波数 B1 B3 B11 B18/26 B28 B41 B42
端末の対応周波数 ×

※表は「横スクロール」ができます。

auはBand1/3/18/26/28/41/42に対応。主要であるBand1/18/26にはしっかりと対応しており、au網での利用は問題ありません。

ソフトバンク網(ワイモバイル含む)

ソフトバンクの周波数 B1 B3 B8 B11 B28 B41 B42
端末の対応周波数 ×

※表は「横スクロール」ができます。

ソフトバンク網はBand11以外に対応しています。Band11に対応したSIMフリーは現状ほぼない状態ですし、Band11は特に気にする必要がありません。ソフトバンク網での利用は問題ありません。

楽天モバイル

楽天モバイルの周波数 B3 B18/26(auローミング)
端末の対応周波数

※表は「横スクロール」ができます。

楽天モバイルはフルバンド対応しています。楽天モバイルでの利用は問題ありません。

販売価格は?

OPPO Reno5 Aはメーカー希望小売価格は税込43,800円となっています。

ワイモバイル版(シングルスロット)の白ロムの場合、約28,000円前後が相場となっている模様です。

格安スマホとして販売しているMVNOは?

格安スマホとして端末と格安SIMのセットで販売しているMVNOをまとめてみました。端末セットで購入することで単体購入するよりも大幅に割引になるMVNOもあるので、ぜひ、チェックしてみてください。

MVNO リンク おすすめ度 端末セット購入価格 MNP限定価格 備考
IIJmio 35,800円 17,800円 MNP限定特価2021/10/31まで
OCN モバイル ONE 33,596円 20,596円
mineo mineo(マイネオ) 39,600円 39,600円
BIGLOBEモバイル 【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中 41,712円 41,712円 音声SIMと端末のセット契約の場合、20,000Gポイント還元
nuro mobile 39,050円 39,050円
イオンモバイル イオンモバイル 43,780円 43,780円
HISモバイル HISモバイル 39,798円 39,798円
exciteモバイル エキサイトモバイル 38,800円 38,800円
QTモバイル 39,204円 39,204円 MNP限定で現金15,000円をキャッシュバック。MNPの場合、実質24,204円
楽天モバイル
ワイモバイル 18,000円 18,000円 ワイモバイル版でSIMスロットは1つのみ。
UQモバイル

※表は横にスクロール可能です。

端末セットの購入は、端末代金の他に格安SIM契約の初期費用として「初期手数料3,300円」と「SIMカード発行手数料433.4〜446.6円」が発生します。キャンペーンなどで初期手数料が無料になる格安SIMもあります。端末代金だけでなく、初期費用を含めたトータル代金を考慮して購入するのがよいでしょう。

IIJmio

【MNP限定端末セットがセール!2021年10月31日まで】
IIJmioではMNP限定で端末代金が大幅に割引になるキャンペーンを実施しており、OPPO Reno5 Aは17,800円と激安です。また、初期費用が1円、3カ月間+1GBになるキャンペーンも同時に行っており、他社と比べても端末セット購入代金+初期費用が一番安くなる可能性があります。

公式IIJmio

IIJmioではドコモ網とau網のプランがあり、Reno5 Aはどちらも対応しています。また、eSIM(どこも網、データ通信のみ)の提供もあります。

費用名目 料金
初期手数料 3,300円 → キャンペーンで1円
SIMカード発行手数料 タイプD:433.4円
タイプA:446.6円
eSIM:220円
加入条件 計算式 初期費用を含めたトータル料金
新規加入(ドコモ網) 35800+1+433.4 36234.4円
MNP加入(ドコモ網) 17800+1+433.4 18234.4円

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEと端末セットにMNPで加入すると、端末代金が13,000円割引になります。更にOCNでんわ 完全かけ放題に同時加入で更に2,000円オフです。

費用名目 料金
初期手数料 3,300円
SIMカード発行手数料 433.4円
名目 計算式 初期費用を含めたトータル料金
新規加入 33596+3300+433.4 37329.4円
新規+完全かけ放題加入 33596+3300+433.4-2000 35329.4円
MNP加入 33596-13000+3300+433.4 24329.4円
MNP+完全かけ放題加入 33596-13000+3300+433.4-2000 22329.4円

現在、MNPの場合はIIJmioの方が安上がりになります。新規ではBIGLOBEモバイルが実質一番安くなります。

最安値情報は下記の通り↓

新規最安値 MNP最安値 備考
17,100円 17,100円

BIGLOBEモバイル

【端末セットで最大2万Gポイント還元!2021年9月30日まで】
音声通話SIMと対象端末をセットで最大20,000Gポイント還元されるキャンペーンが行わています。OPPO Reno5 Aは20,000Gポイント還元で実質20,000円割引となります。

BIGLOBEモバイルではドコモ網とau網があり、どちらも対応しています。

費用名目 料金
初期手数料 3,300円
SIMカード発行手数料 一律433.4円
加入条件 計算式 初期費用を含めたトータル料金
新規加入 41712+3300+433.4-20000Gポイント 25445.4円
MNP加入 41712+3300+433.4-20000Gポイント 25445.4円

新規契約の場合、OCNモバイルONEが最安値となります。MNPの場合、IIJmioの方が安くなります。

最安値情報は下記の通り↓

新規最安値 MNP最安値 備考
41712円 41712円 割引はGポイントで割り引くスタイル。現在最安値。
【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中
BIGLOBE モバイル

ワイモバイル

ワイモバイルではSIMフリー版とは違い、専売モデルとしてReno5 Aを販売していおり、こちらはSIMスロットがシングルとなっています。

新規、MNP(ソフトバンク回線からの乗り換えは対象外)、機種変更どれでも端末価格は18,000円と激安。

費用名目 料金
初期手数料 3,300円 → オンラインストアなら0円
SIMカード発行手数料 なし