この記事では、eSIMを提供しているMVNOの格安SIM、キャリアのサブブランド、MNO(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル)をリストアップしてみました。

eSIMとは何?

ドコモでは下記のように解説しています。

eSIMとは、端末に組込まれ、遠隔で電話番号などのお客さま情報を書き込めるSIMです。
物理的なSIMカードのように店頭や郵送での発行手続きや端末への抜き差しが不要で、より簡単に通信サービスを利用開始できます

eSIMを提供している格安SIM、サブブランド、キャリアのネット専用プランを紹介!

名称 プラン名 備考
IIJmio データプランゼロ データ専用(通話機能なし)
IIJmio ギガプラン データ専用(通話機能なし)
楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI 音声通話SIMのみ
ワイモバイル シンプルS/M/L 音声通話SIMのみ
UQモバイル くりこしプラン +5G 音声通話SIMのみ
ahamo(ドコモ) 音声通話SIMのみ
povo(au) 音声通話SIMのみ
LINEMO(ソフトバンク) ミニプラン、スマホプラン 音声通話SIMのみ
ドコモ ギガプラン 音声通話SIMのみ
au 各使い放題MAX、各ピタットプラン 音声通話SIMのみ
ソフトバンク 各メリハリ無制限、各ミニフィットプラン+、
スマホデビュープラン
音声通話SIMのみ

現在、eSIMに対応している通信会社はまだまだ少ないのが現状。eSIMは選択肢が多いとは言えず、対応端末もまだまだ少なめです。

IIJmioはドコモ網データ専用でeSIMを提供

格安SIMでは、IIJmioはドコモ網のデータ専用としてeSIMを提供しており、月額料金は440円/2GB、660円/4GBなどと、かなり割安感ある価格設定となっています。


LINEMOは月額990円/3GBプランと低容量プランあり!!

キャリアではネット専用ブランドとなるahamo、povo、LINEMOが対応。基本的のどれもギガが20GBのプランです。ただ、LINEMOは月額990円/3GBのミニプランもあるので使い勝手がよいと思います。

LINEMO

とりあえず持っておいても損がない楽天モバイル。eSIMを初めて試してみるのに最適!

楽天モバイルはRakuten Linkアプリを利用すると国内通話がかけ放題、1GBまでは月額0円、初期費用がすべて無料となっているので、持っておいて損はない回線です。


eSIM対応スマホは現在少なめ。iPhoneはXS以降のものすべてに対応

現在、eSIMに対応したスマホはまだ数が少ないのが現状です。eSIM対応スマホは下記のリンクを参照してください↓