NTTコニュニケーションズが展開する格安SIM「OCN モバイル ONE」。このページではプラン・MNP・機能オプションなどをまとめています。

OCN モバイル ONEでは、スマホとセットでの契約でスマホ代金をかなり割引するキャンペーンが頻繁に行われているので、キャンペーン時にスマホセットで契約するのがお得です。

公式サイトOCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEのプラン詳細

OCN モバイル ONEは、ドコモ網を利用した格安SIM(ドコモ系MVNO)となります。データ専用SIM、SMS付きSIM、音声SIMを扱っています。

プラン名 音声SIM SMS対応SIM データ専用
1GB/月コース 770円
3GB/月コース 990円 990円 858円
6GB/月コース 1,320円 1,320円 1,188円
10GB/月コース 1,760円 1,760円 1,628円

※表は「横スクロール」ができます。

国内通話料 11円/30秒
オプション名 内容 月額料金
10分かけ放題 10分以内なら国内通話がかけ放題 935円
トップ3かけ放題 トップ3が無料に 935円
完全かけ放題 完全かけ放題で国内通話料無料 1,430円

プラン共通事項

プランの共通項目は下記の通り↓

SIMサイズ、種類 nano / micro / 標準SIMに対応。
最低利用期間 なし
余ったデータ容量を翌月(翌日)繰り越し
高速データ通信ON/OFFの切り替え
低速時の最大速度 200kbps
データチャージ OCN モバイル ONEアプリ経由で1.0GB/550円。それ以外は500MB/550円。
SMS送信料(受信は無料) 国内: 月内5通まで無料、6通目からは3.3円/通
国際SMS送信料(国内発): 50円/通(免税)
国際SMS送信料(海外発): 100円/通(免税)
同一名義での最大回線数 1契約につき最大5回線まで
アプリ
OCN モバイル ONE アプリ
050 plus
マイセキュア Android版

オプション

オプションは下記の通り↓

留守番電話 月額330円
キャッチホン 月額220円
迷惑電話 無料
転送電話 無料
SMS拒否 無料
遠隔操作 無料
国際電話 ◯(月額無料)
国際ローミング ◯(月額無料)
通話料金の上限額は50,000円/月
英語ガイダンス 無料
公共モード(電源OFF時) 無料
発信者番号通知サービス 無料
番号通知お願いサービス 無料

各手数料

各手数料は下記の通り↓

初期手数料 3,300円
SIMカード手配料 433.4円
SIMカードの再発行・変更手数料 データ通信専用/SMS付きSIM: 1,980円
音声対応SIM: 3,300円
違約金(契約解除料) なし
MNP転出手数料 なし円

支払い方法について

支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

2021年4月7日以降、自動で「OCNでんわ」のプレフィックス番号が付加される!自動的に国内通話料が11円/30秒

OCN モバイル ONEでは、電話番号の前にプレフィックス番号「0035-43」を付けて電話をする(OCNでんわを利用する)と、通話料金が半額の11円/30秒になるサービスを提供していました。

そのプレフィックス番号ですが、2021年4月7日以降、自分で付ける必要はなく自動的に付加されるようになり、どの電話アプリを使っても国内通話料が自動的に半額の11円/30秒となりました。

国内通話料金 30秒11円

プレフィックスが自動付与なので、OCN モバイル ONEの専用アプリ「OCNでんわ」は必要なく、端末に標準で搭載されている電話アプリを利用すればOK。ただし、国際電話の場合は、自動的にプレフィックスが付かないのでプレフィックス番号を付けるか、OCNでんわアプリを利用する必要があります。

OCN モバイル ONE以外にプレフィックスなしで通話料金が安い格安SIMは下記の通り↓

通話定額、かけ放題オプションは3種類

OCN モバイル ONEのかけ放題オプションは全部で3種類。他の格安SIMにはないユニークなかけ放題オプションもあります。

かけ放題オプション 月額料金 内容
10分かけ放題 月額935円 10分以内の国内通話が回数無制限で0円
完全かけ放題 月額1,430円 国内通話料0円
トップ3かけ放題 月額935円 その月の通話料の上位3番号の通話料が自動的に0円

※表は「横スクロール」ができます。

注目したいのは、トップ3かけ放題。これはOCN モバイル ONEにしかないかけ放題オプションです。通話料金が上位の3番号が自動的に0円になります。

このかけ放題オプションもOCNモバイルONEが提供している「OCNでんわ」を利用する必要はありません。通常の電話アプリを利用して発信するだけでかけ放題の対象となります。また、10分かけ放題の場合、10分超過後は11円/30秒の通話料金になります。

公式サイトOCN モバイル ONE

MUSICカウントフリーが無料で、ミュージックサービスの使用データ量はカウントされない!

OCN モバイル ONEではMUSICカウントフリーというサービスがあり、対象の音楽サービスでデータ使用量がカウントされないカウントフリーが無料で利用できます。申込みが必要です。

対象サービスは下記の通り。

  • Amazon Music(Prime Music、Amazon Music Unlimited)
  • ANiUTa
  • AWA
  • dヒッツ
  • LINE MUSIC
  • RecMusic
  • Spotify
  • ひかりTVミュージック

対象サービスの利用時に発生する通信のうち、音楽以外の動画や画像などの読み込みや外部サイトへのアクセスなどの通信はMUSICカウントフリーの対象外になる場合があります。

なおMUSICカウントフリー対象の通信であってもアプリケーションの更新に伴う識別子の変更などの理由によりカウントフリーの対象外になる場合あり、対象サービスのアプリのダウンロードや更新による通信、公式アプリ・ブラウザーによるもの以外のアプリなどからの通信、VPNやプロキシーサーバーなどを介した通信は、カウントフリーの対象外とのこと。

また、利用中にコース変更をした場合はコース変更適用月1日から2日の間、カウントフリーを利用できないとのこと。

バースト転送機能で低速通信時も比較的快適に!

基本通信容量を使い切ってしまった速度制限時や、節約モードON時の低速通信(最大200kbps)でも通信開始後、ある一定の通信容量までは高速通信になるため快適に利用できます。

現在、多くの格安SIMでバースト転送機能を提供しているため、特別、OCN モバイル ONEがすごいというわけではないですが、このバースト転送機能はあるとなしでは意外と快適さが違うので、節約モードON時の低速通信のときに役立つかもしれません。

追加SIMで容量シェアの仕組みあり!最大5枚までSIMカードを追加可能

OCN モバイル ONEには、主回線にプラス最大4回線までSIMカードを追加(副回線)することができ、主回線のデータ容量をシェアして使うことが可能です。追加できるSIMはデータ専用SIM、SMS対応SIM、音声SIMです。

追加するSIMカードは初期費用が発生し、下記の通り↓

項目 料金
SIMカード追加手数料 0円
SIMカード手配料 433.4円

基本的にSIMカード手配料433.4円だけが必要になってきます。ただ、SIM追加手数料を適用しない申し込みが4回を超えた場合はSIMカード追加手数料(データ通信専用カード1,980円/枚・SMS対応SIMカード1,980円/枚・音声対応SIMカード3,300円/枚が発生します。

また追加SIMの月額料金は下記の通り↓

項目 料金
データ通信専用SIMカード 440円/枚
SMS対応SIMカード 572円/枚
音声対応SIMカード 572円/枚

OCN モバイル ONE以外でデータシェアができる格安SIMは下記の通り↓

OCN モバイル ONEアプリで、高速データ通信のON/OFFやデータ容量を確認!

OCN モバイル ONEアプリでは、高速データ通信のON/OFF切り替え(ターボ機能)や、データ容量の確認ができます。

ocn-mobile-one_app_2

ターボON/OFFで高速データ通信や低速通信(最大200kbps)に切り替えができます。また、総残量や繰り越し残量、本日の通信量なども確認できます。

ocn-mobile-one_app_1

上の画像のように、その他にも直近3日間での通信量や直近13ヶ月間の通信容量がグラフで確認できます。

OCN モバイル ONEアプリを使えば、非常に便利にデータ量の管理ができます。このアプリ、非常に使い勝手もよく、OCN モバイル ONEユーザーには必須アプリです。

OCN モバイル ONEはグローバルIP

多くの格安SIMではプライベートIPとなりますが、OCN モバイル ONEではグローバルIPになります。ただし、グローバルIPとはいえ、固定グローバルIPではない点に注意してください。

固定グローバルIPを提供している格安SIMは、ASAHI ネット LTEとインターリンクLTEが有名です。

機種にもよりますが、グローバルIPを採用しているSIMは、プライベートIPを採用しているSIMよりも電池の減りが早いと言われています。OCN モバイル ONEでもこの傾向があります。