【端末比較】イオンスマホ端末「geanee FXC-5A」と「Covia CP-F03a」を比較してみた!

FXC-5A vs CP-F03a

イオンスマホの端末「geanee FXC-5A」と「Covia CP-F03a」が非常に似たようなスペックだったので、比較してみました。

イオンスマホについては、こちらをどうぞ。↓
『イオンスマホ』第2弾は月額1980円!「BIGLOBE LTE・3G 」と「geanee FXC-5A」のセット

比較一覧

モデル名 FXC-5A CP-F03a
価格(税込) 1万6329円 1万8506円(Amazon価格)
CPU MT6582M 1.3GHz(クワッドコア) 1.2GHz(クワッドコア)
ROM 4GB 4GB
RAM 512MB 512MB
ディスプレイ 5.0インチ 960×540 QHD 4.5インチ 960×540 QHD
SIMスロット 標準SIM×1 microSIM×1 標準SIM×1 microSIM×1
カメラ(背面/前面) 500/200万画素 500/30万画素
電池 2000mAh 1800mAh
サイズ 144.2 × 71.7 × 8.5 mm 131.2 × 66.5 × 9.9 ㎜
質量 約133g 約140g
W-CDMA(3G) 2100/800MHz 2100/800MHz
GMS(2G) 850/900/1800/1900MHz 850/900/1800/1900MHz

大きな違いは、端末の大きさぐらいで、ほとんど同じような構成となっています。Covia CP-F03aはもう発売してから何ヶ月も立っているため、情報も豊富に揃っていて安心して使うことができるというメリットがあります。

画面が大きいのは、FXC-5Aで5インチです。ただし、解像度に関してはどちらも一緒の960×540 QHDとなります。

価格が安いのはFXC-5A。ただし、販路がAEON限定になっているため(もしかするとAEON以外でも販売するのかも)、買いづらい面も。

個人的には、画面が大きい、バッテリー容量が多い「FXC-5A」がほしいところです。

コメントを残す

このページの先頭へ