『ZenFone 5』を11月8日から国内販売開始!格安スマホの大本命?スペック一覧など

zenfone5

海外で大人気な端末、ASUS『ZenFone 5(A500KL)』の国内販売が発表されました。2014年11月8日に販売開始となります。

販売価格は、16GB版が2万6800円(税抜)、32GB版が2万9800円(税抜)となっています。格安スマホが多数発売されれている中、大本命だった人も多のではないでしょうか。

国内で販売されるのは、5インチ、LTE対応の『ZenFone 5(A500KL)』となります。
型番は、海外モデルのA500KLと同じですが、国内販売されるA500KLは国内の周波数帯に対応していて、FOMAプラスエリアもバッチリ対応しています。ドコモ系MVNOで運用する最適な格安スマホの1つとなると思います。

もともと注目海外で評判が良い『ZenFone 5』ですが、各MVNOもこの端末にかなり興味があったのでしょうか。多くのMVNOが、『ZenFone 5』の端末セットを販売するみたいです。
今回のASUSの発表会の中で、ASUSのMVNOパートナーとして『IIJmio』『hi-ho』『U-mobile』『楽天ブロードバンド』『フジクラ』が登場しました。端末セットを販売することを示唆していると思います。

ZenFone 5のスペック一覧

zenfone5_1

では、スペックを確認してみましょう!スペックは下記の通り。

価格(税別) 16GB版 26,800円
32GB版 29,800円
価格(税込) 16GB版 28,944円
32GB版 32,184円
OS Android 4.4.2
SoC(CPU) SnapDragon 400 MSM8926 1.2GHz
ROM 16GB / 32GB
RAM 2GB
液晶 5インチ 120×720 IPS ゴリラガラス3
SIMスロット microSIM 1枚
LTE 対応周波数帯 2.1GHz(B1) / 1.8GHz(B3) / 2.6GHz(B7) / 900MHz(B8) / 800MHz(B19)
3G(W-CDMA) 対応周波数帯 2.1GHz(B1) / 1.9GHz(B2) / 850MHz(B5) / 800MHz(B6) / 900MHz(B8) / 800MHz(B19)
GSM 対応周波数帯 850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
Bluetooth 4.0
SDスロット microSDXC(最大64GB)
無線LAN 802.11b/g/n
カメラ 背面:約800万画素
前面:約200万画素
サイズ 約72.8×148.2×10.34mm
重量 約145g
バッテリー 容量:2110mAh 取り外し不可
カラーバリエーション ブラック、ホワイト、レッド、ゴールド

その他、国内版の特徴として日本語入力システムの「ATOK」がプリインストールされています。

zenfone5_2

周波数帯

一番のポイントは、国内の周波数帯に対応している点ではないでしょうか。電波を掴まないことは、まずないでしょう。

LTEでのドコモ系MVNO(docomo)の対応周波数帯は、「2.1GHz(B1)」「1.8GHz(B3)」「800MHz(B19)」に対応しています。クワッドバンド対応ですね。

3G(W-CDMA)でのドコモ系MVNOの対応周波数帯は、「2.1GHz(B1)」「800MHz(B6)」「800MHz(B19)」が対応となっており、FOMAプラスエリアもバッチリですね。

海外のA500KLの場合、FOMAプラスエリアに対応していなかったりと、国内で使用するのには適していません。(技適もないし…)国内利用の場合は、国内版の『ZenFone 5』がおすすめです。

SoC(CPU)はSnapDragon 400 MSM8926 1.2GHz

ミドルレンジ端末の代表的なSoC(CPU)です。AnTuTu Benchmarkでは18,000ぐらいのスコアとなります。

国内販売されている格安スマホのLTE端末は、SnapDragon 400 MSM8926を搭載しているものしかありません。現時点(2014/10)で、2万2500円と激安で販売されているZTE『Blade Vec 4G』もMSM8926を搭載しています。

なので、他の格安スマホと同じ動作感です。

RAMが2GB

現在の格安スマホは「RAM:1GB」搭載多い中、『ZenFone 5』は「RAM:2GB」搭載となっています。

確かにRAMは多ければ多いほど良いですが、ミドルレンジのSoC(SnapDragon 400 MSM8926)を搭載している端末に「RAM:2GBは必要なのか」が少し疑問です。 1GBにして、価格を下げる方向だと良かった気がします。

MVNOとセット販売などで、安く端末を購入できるのか?

zenfone5_3

端末価格は、税込みで「2万8944円〜」となっており、この価格で販売されるとなると、多少高い気もします。また『Blade Vec 4G』は、goo SimSellerで「2万2500円」(定価2万9800円)と格安で販売されており、どうしても比較の対象になってしまいますね。

そこで気になるのが、『ZenFone 5』は各MVNOとセット販売で安くなるのか、家電量販店で定価よりも安くなるのかという点です。

家電量販店では、ビックカメラが取り扱うみたいですね。
リンク先:ASUS ZenFone5 LTE A500KL-BK16 | ビックカメラ.com icon

現状ではポイント還元も約1%と全く安くなってないですね。当分は安くならない可能性の方が大きい気がします。また、他の販売店は現時点では見つかりませんでした。

となると、各MVNOとのセット販売に期待がかかります。現在確認できているものは、

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ