イオンスマホ含む「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」がおすすめできない理由!

今回は、『BIGLOBE LTE・3G』の「音声通話スタートプラン」がおすすめできない理由について述べてみたいと思います。

2014年7月から「BIGLOBE LTE・3G」の音声通話プランがスタートしました。また、イオンスマホ第2弾が登場し『BIGLOBE LTE・3G』の「音声通話スタートプラン」と『FXC-5A』の端末セットで月額1,980円という格安プランも出てきました。

「音声通話スタートプラン」の特徴は「月額1,600円」で、高速通信量が1GBのデータ通信と音声通話が使える点です。

それに加えて、イオンスマホの場合、更に250円割引され月額料金が1,350円(24ヶ月間)と、かなり格安になります。
イオンスマホだけの特典なので、お得感満載です。

お得感満載ですが、気をつけなければならない落とし穴があります。
では、ここから「音声通話スタートプラン」の落とし穴を見ていきましょう。

音声専用プラン「音声通話スタートプラン」は、データ専用プラン「エントリープラン」と酷似だが、違う点がある!

音声通話機能を提供しているほとんどのMVNOは、「データ通信プラン」+「音声通話機能」というパターンになります。

音声通話を付けたところで、データ通信の内容に変更がないことを意味します。

そこで『BIGLOBE LTE・3G』のプラン内容を見てみると「音声通話スタートプラン」のデータ通信に関しては、データ専用プランの「エントリープラン」と内容がほぼ一緒です。

データ通信専用プラン「エントリープラン」のユーザーが、音声プランに変更するとしたら「音声通話スタートプラン」という事になるでしょう。

しかし、『BIGLOBE LTE・3G』は「音声通話スタートプラン」と「エントリープラン」でデータ通信部分の仕様を「一箇所」だけ変更しています。

では、どこが違うのか確認してみましょう。

内容 音声通話スタートプラン エントリープラン(データ通信専用)
料金 1,600円 900円
高速通信量 1GB/月 1GB/月
低速時の最大速度 128kbps 128kbps
高速通信量 1GB/月 1GB/月
最大速度(下り/上り) 150/50Mbps 150/50Mbps
通信規制データ量(通信速度制限) 3日間で120MB 3日間で360MB

見ての通り「通信規制データ量(通信速度制限)」が違います。

通信規制データ量(通信速度制限)とは、音声通話スタートプランの場合で考えてみると、直近3日間で合計120MB以上の通信をすると、速度を制限して低速にするというものです。

通信規制データ量が「音声通話スタートプラン」の場合、データ通信専用の「エントリープラン」の3分の1となっています。

正直言って、この規制はかなり厳しいです。

毎日スマホを使う人にとって、1日40MBはあっと言う間に使ってしまいます。

『BIGLOBE LTE・3G』の「音声通話スタートプラン」以外の音声プランは、「ライトSプラン」「ライトMプラン」「スタンダードプラン」があります。これらは、データ専用のプラン名と全く同じです。

データ専用プランの「エントリープラン」だけを「音声通話スタートプラン」と名称を変更しているのは、「通信規制データ量が違う」のが関係していそうですね。

まとめ

「音声通話スタートプラン」と「エントリープラン」では、通信規制データ量(通信速度制限)が違う!

「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」は、音声通話機能が付いただけではなく、データ通信部分の仕様が劣化したプラン内容と言うことになります。

他社MVNOと比較してみよう!

今度は、他社のMVNOと比較してみた場合どうなのか見てみましょう。

同じ値段帯、条件だと「IIJmio みおふぉん ミニマムスタート」「hi-ho ミニマムスタート+音声機能」が当てはまります。IIJmioとhi-hoはグループ会社で、同じプラン内容(若干違いますがここでは省略)になっています。なので、比較はIIJmioだけで見てみましょう。

内容 BIGLOBE LTE・3G
音声通話スタートプラン
IIJmio みおふぉん
ミニマムスタート
料金 1,600円 1,600円
高速通信量 1GB/月 1GB/月
低速時の最大速度 128kbps 200kbps
高速通信量 1GB/月 1GB/月
最大速度(下り/上り) 150/50Mbps 150/50Mbps
通信規制データ量(通信速度制限) 3日間で120MB 高速通信OFF状態で、3日間366MB

どうでしょうか。「IIJmio みおふぉん ミニマムスタート」の場合、音声通話機能が付いても通信規制対象データ量(通信速度制限)に変わりはありません。「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」は劣化してましたよね。

また、低速時も最大速度200kbpsです。実際に「128kbps」と「200kbps」では、若干ですが体感できるくらいの差があります。(わたし自身が両プラン使用中)

わたしの知る限り、データ専用プランに音声通話機能をプラスして「通信規制データ量(通信速度制限)」が劣化したのは、『BIGLOBE LTE・3G』しか知りません。

まとめ

「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」(イオンスマホを含む)よりも、他社MVNOの音声プランの方が、良いサービス内容になっている。
また、他社MVNOは、音声通話機能が付いてもデータ通信が劣化したプランはない!

終わりに

このように「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」 が、おすすめできない理由が分かったと思います。

わたしもこれに気づくのに少し時間が掛かりました。まさか通信規制データ量(通信速度制限)が劣化しているとは思ってもいなかったからです。

イオンスマホの場合、月額料金が「1,350円」と激安になるメリットがありますが、「通信規制データ量(通信速度制限)」が「3日間で120MB」なので、かなり気にしてデータ通信を使う羽目になります。格安でもストレスが溜まるようなプランは、オススメできません。

イオンスマホは、公式サイトに「動画も見れる」と記載がありますが、一歩間違えるとクレームになりそうな気がします。

だって、制限掛かったら最大速度128kbpsなので、動画なんて見れたもんじゃないですよね。

イオンスマホから引用。リンク先はこちら

イオンスマホ FAQから引用。リンク先はこちら

YouTubeなんて、数回で制限がかかるぐらいの容量を使ってしまいます。個人的には、このような状態で動画は見れると言ってよいのか疑問が残ります。

また、規制を避けるためにも通信量を気にしなければならないので、快適とは全く呼べそうにありません。

イオンスマホを含め「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」を考えてる方は、一度プラン内容をよく確認して、自分に合っているのか確認してみましょう!

コメントを残す

このページの先頭へ