【速度レビュー】『FREETEL SIM』高速通信に不満なし!今後に期待したい格安SIM!

freetel-sim_package

今回はドコモ系MVNOである『FREETEL SIM』の速度レビューを行いたいと思います。

FREETEL SIMは2015年7月15日にサービスを開始したfreetelの新しい格安SIMです。今まで「freetel mobile (フリモバ)」を展開してきましたが、今後はFREETEL SIMのみの展開となります (フリモバの既存ユーザーはそのまま継続) 。

サービス開始したばかりなので「速度が遅い」なんてことはないですが、確認してみたいと思います。

検証条件

計測に使用した格安SIMのプランは、「FREETEL SIM 使った分だけ安心プラン」になります。条件は下記の通り ↓

  • 【計測日】2015年7月22日(水)、23日(木)
  • 【計測場所】神奈川県川崎市
  • 【計測環境】LTE接続
  • 【端末】SIMフリー端末「priori2 LTE」
  • 【計測アプリ】OOKLA SPEEDTEST サーバーはfussa-shi

注意事項
速度計測日時と記事掲載日時は異なり、記事掲載時点で速度結果が異なる場合があります。また、環境、電波状況、基地局の状況によっても速度差が発生します。ご了承下さい。また、SPEEDTESTの画像は見やすいように加工を加えています。

午前中

freetel-sim_20150722_1

特に問題ない速度結果です。他の格安SIMと比べて、特に速い印象はありませんが、普段用途にはかなり快適でした。

12:00〜13:00の時間帯

freetel-sim_20150723_2

ピーク時間帯も速度が落ちません。まだサービスインしたばかりなので、今後もこの速度を保ってくれることを期待したいですね。FREETEL SIMは、帯域をユーザーが快適に使用できるように確保するそうです。

参考 → FREETEL SIMのこだわり(3)| FREETEL MAGAZINE

本当にそれだけでうまくいくのか疑問ですが、ユーザーが常に快適に使用できる状況を提供してくれるなら、願ったり叶ったりですよね。

午後の時間帯

freetel-sim_20150722_3

夕方以降のピーク時間帯も快適です。特に問題ないと思います。

まとめ

FREETEL SIMは、サービス開始仕立てなのでまだなんともいえませんが、現状 (2015/07/23) では、どの時間帯も快適な結果でした。

ただ、注意しなければならない点として、b-mobileと同様にアプリによって帯域制限があるようです。

「(通信速度を)アプリごとに最適化する」(同氏)のも特徴。データ量の少ないSNSなどでは帯域を絞り、動画のような大容量サービスでは高速に通信させるといった制御を行うようだ。具体的には、「レイヤー7というアプリ単位で制御する機械と、ポリシーを制御する機械をクロスで提供して、このアプリは遅く、このアプリは速くするといったことができる」(担当者)という。

引用元 ↓
“フルラインアップ戦略”を掲げる新生「FREETEL」への期待と不安 – ITmedia Mobile

色々なアプリを使ってみましたが、b-mobileのようにアプリによって明らかに遅いと感じる場面はなく(b-mobileはアプリによってはかなり制限している)、今のところ全く不満はありません。

YouTubeで高画質 (1080p) でも、1回ぐらいしか止まらず、スムーズに再生できました。ストリーミング系音楽アプリでも128kbpsで全く問題ありません。Twitter公式アプリも快適、Google Playのダウンロードも実測値程度の速度だと思います。

現状で、アプリごとに規制を掛けているとしても、大抵のアプリは快適に使える印象でした。今後も快適に使えることを期待したいですね。

低速ではどうなの?

あとFREETEL SIMは、高速データ通信ON/OFFの切り替えが可能です。低速は最大200kbpsのサービスとなっており、段階制のプランになるため、低速で使いたい方も多いかと思います。高速データ通信が100MBまで299円、1GBまでは499円と魅力的な月額料金ですよね。

ただ、低速だけに期待しているユーザーは少し残念かも知れません。低速のみで提供されている格安SIMの多くが、最大200kbps (250kbps) のベストエフォートでの提供となっていますが、大抵の低速のみの格安SIMは200kbps以上の速度が出ることが多いのです (例えば、ワイヤレスゲートの480円プランや、楽天モバイルのベーシックプランなど) 。

FREETEL SIMの低速時の速度を見てみると、低速のみの他MVNOと比べて、速度結果が遅い時が多い結果でした。

freetel-sim_20150723_low

ピーク時間帯の19時前後。他の格安SIMでは200kbpsを上回っていた。

上の画像のように、他の「低速のみ」プランを提供している格安SIMよりも、多少速度が劣る結果となりました。

まとめ

低速を目当てとしている人は、他の格安SIMを検討した方がよいと思いますが、高速データ通信を目的としている人は、今のところ全く不満はないと思います。「最速」かと言われれると、そんなことはないですが、使っていて快適な速度は出ています。まだサービスインしたばかりなので、今後どうなるかによって評価が変わってくると思いますが、この速度を継続してくれることを願いたいですね!
以上、検討している人は参考にしてみてください。

コメントを残す

このページの先頭へ