Y!mobileスマホプランを契約してみたら、格安SIM(格安スマホ)よりも快適&コスパが良かった!

ymobile_package

当たり前と言えば、当たり前の話なのですが、Y!mobile (ワイモバイル) のスマホプランを契約してみたら、非常に快適だったので簡単に紹介したいと思います。

格安SIMと聞くと「安かろう悪かろう」のイメージがある人が多いのではないでしょうか。 事実、ピーク時間帯では殆どが速度が遅くなる現象があり、使っていて「遅い!」と感じることが多いのです。簡単に言うと、格安SIMはピーク時間帯で (MVNO側の) 帯域不足が発生していることになります。

格安SIMでは速度低下が当たり前と思っている方も多いと思いますが、「Y!mobileも格安SIMと同じで、ピーク時間帯は速度が落ちるのが当たり前」と思っている方が多いのではないでしょうか?

そんなことはありません!格安SIMよりも格段に快適に使えます。

格安SIMと同じと思われる所以として、「Y!mobileはソフトバンクのMVNO」と認識している人が非常に多いようです。

現在、Y!mobileは「ソフトバンク株式会社」が運営しており、「SoftBank」と「Y!mobile」は同じ会社が運営 していることになります (ソフトバンクモバイル株式会社が2015年7月1日に社名変更) 。ソフトバンク株式会社は2つのブランドを展開していると思ったほうがより分かりやすいかもしれませんね。

ということで、Y!mobileはソフトバンクのMVNOではありません (まだソフトバンク系MVNOは見ていないと思います) 。

Y!mobileは、(スマホプランの場合) 格安SIMよりもキャリアに近い使い心地で、感覚的には「コスパの良いキャリア」といった感じでしょうか。また、ソフトバンク網となるので、エリアはSoftBankと全く同じとなります (端末によって対応バンドによる繋がりやすさは異なります) 。

実際にY!mobileのスマホプランを数ヶ月使ってみて、「格安SIMの安さ」と「キャリアの回線品質」のいいとこ取りをしたのが『Y!mobile』かなという印象です。

使ってみて実感!格安SIMよりオススメなポイントをまとめてみた

スマホプランを使ってみて、格安SIMよりも「良かったポイント」をまとめてみました。

  • どの時間帯でも快適な速度 (ピーク時間帯に速度が遅くなることはない)
  • 月300回まで10分の無料通話付
  • 格安SIMよりも高い月額料金だが、コスパはY!mobileの方が良いと感じるプランや契約方法がある!
  • スマホプランLを契約すると、シェアプランとして+3枚のSIMを「無料」で契約できる!

どの時間帯でも快適な速度、ピーク時間帯に速度が遅くなることはない

使用していて一番よかったのは、格安SIMと違い「常に快適に使える速度を保っている」という点。
モバイル通信ネットワークは生き物 (状況や環境によって速度や安定が変化する) ので絶対常に快適とはいえませんが、格安SIMのように帯域不足だと感じる部分は確実に少ないでしょう。ピーク時間帯でもドコモやauなどのキャリアと同じように、快適に使えます。

定点観測した速度は、こちらにレビューしています。

高速データ通信を使い切った時は、格安SIMの低速よりも遅い場面が多かったのですが、高速データ通信は確実にワイモバイルの方が快適です。

また、現時点 (2015/07/20) では、格安SIMにありがちな「直近3日間で○○○MB以上で速度制限」といったような制限がありません (スマホプラン以外では存在します) 。今後制限を掛けてくるかもしれませんが、現状 (2015/07/30) は問題なく使用することができます。

日常生活において、速度に不満が全くないのが「格安SIMとの大きな違い」です。

月300回まで10分の無料通話付き

殆どの格安SIMには無料通話が付いていません (一部b-mobileで無料通話が付いているものがあります) 。1回の通話につき10分まで&月300回までの制限がありますが、非常に便利で良いサービス内容だと思います。10分以上電話をすることがなかなか無い人&よく電話を掛けえる人には、格安SIMよりもより良いプラン内容になっていると思います。

わたしは「電話は使わないから関係ないわ…」と思いながらも契約しましたが「10分間は無料」となると別でした (笑) 。今までLineで済ませていたことを電話で用件を伝えるようになり、重宝しています。

格安SIMよりも、コスパが良いプランがY!mobileにある!

格安SIMを検討している人は、大抵が費用の問題ではないでしょうか?
キャリアの高い月額料金に嫌気をさして、格安SIMを検討というパターンが多いと思います。

ワイモバイルと格安SIMで月額料金を比べると、格安SIMの方が安いプランが多いのが事実です。しかし、回線品質の安定性や速度、無料通話など色々と考えると、総合的に「Y!mobileの方が良い」という印象です。

特に2015年8月31日までの契約がオススメ!

2015年8月31日までは「1周年記念キャンペーン」として、高速データ通信量が2倍になるキャンペーンが行われており、スマホプラン Sは2GB、Mは6GB、Lは14GB使えるようになります。これに加えて、MNPでNexus 5に乗り換えた場合、かなり割安感があります。

詳しくはこちら ↓

ワイモバイルでNexus 5がMNPで一括9800円!データ通信量が倍になるキャンペーンも実施中!格安SIMよりもオススメかも!

MNPでNexus 5を契約した場合、各スマホプランでの料金は下記の通りになります (MNP&Nexsu 5以外だと、この金額にならないので注意してください) 。

  • スマホプラン S → 月額2,030円 / 高速データ通信量 2GB
  • スマホプラン M → 月額2,570円 / 高速データ通信量 6GB
  • スマホプラン L → 月額3,650円 / 高速データ通信量 14GB

音声付きの格安SIMと比べてみましょう。今回は、業界最安値を謳う「DMM mobile」と比較してみると、

高速データ通信量 Y!mobile DMM mobile 差額
2GB 2,030円 1,470円 ワイモバイルの方が「560円」高い
6GB 2,570円 1,970円 (5GBプラン) ワイモバイルの方が「600円」高い
14GB 3,650円 2,950円 (10GBプラン) ワイモバイルの方が「700円」高い

※ DMM mobileでは、6GBプランは存在しないため5GBプランで比較、14GBプランも存在しないため10GBプランで比較

月額料金が安いのは格安SIMのDMM mobileの方ですが、各プランでの差額は700円以下程度です。700円で無料通話が付いてくると思うと、意外とコスパが良いと思いませんか?

特にDMM mobileは10GBプランとの比較でしたが、14GB使えるワイモバイルとの差が700円程度です。4GB分が700円と思えば、格安SIMよりもワイモバイルの方がお得ですよね!

スマホプランL シェア用SIMカード追加は月額無料で、非常にオススメ!

わたしは、MNPにてNexus 5に乗り換え、プランは月額3,650円で高速データ通信量が (特典と合わせて) 14GBになる「スマホプラン L」にしました。

高速データ量が14GBもあれば、1台のスマホで使い切れない人も多いと思います。そんな人にはオススメなのが1つの契約で複数のSIMが持てるシェアプラン。

シェアプラン|スマートフォン・タブレット専用プラン|Y!mobile(ワイモバイル)

しかも、スマホプラン Lの人は月額料金が「無料」でSIMを最大3枚まで追加することができるのです。

例えば、スマホだけでなく、タブレットやモバイルWi-Fiルーターに追加したSIMカードを入れて、14GBをシェアして使ったり、家族で使ったりすることができます。ただ、音声付きSIMは主回線だけとなり、シェアプラン用のSIMはデータ専用SIMとなります。

ymobile_20150730_2

わたしの場合、モバイルWi-Fiルーター「MR04LN」、ソフトバンクから発売されているタブレット「Galaxy Tab4」、SIMフリー端末の「Huawei P8lite」「ASUS ZenFone 2」で使っています (Nexus 5は放置状態に…) 。GAlaxy Tab4はソフトバンク端末ですが、同じソフトバンク網なのでSIMフリーにしなくても使うことができます。

複数枚のSIMを追加すると、スマホプラン L以外では少なからず月額料金が発生するため、わたしは敢えて「スマホプラン L」を選んでいます。

デメリットはどこ?

Y!mobileのデメリットだと思った部分は、「縛り」と「違約金」でしょうか。また、特に格安SIMと比べて、縛り年数が長いことや違約金が高いことが主なデメリットとなります。

縛りは必ず発生し、契約プランだけでなくキャンペーンによっても縛りがあり、違約金が変わってきます。 2年間使うことを前提としていれば全く問題ないと思いますが、1年ぐらいで解約する予定の方は、違約金をよく確認した方がよいと思います。/p>

あとは、ソフトバンクモバイルが運営しているので、サービスが改悪する場合があるかも…
例えば、直近3日間で速度制限を行うようになったりなど。
どのキャリアでも有り得ることですが、ソフトバンク系は特に改悪が多い気がします。

まとめ

3大キャリア並にバカ高い月額料金を払いたくないけど、快適な通信速度、回線品質を保ちたいという人には、本当にオススメです。

今までワイモバイルはあまり良い印象が無かった (Pocket WiFiの方) ので避けていました。しかし、スマホプランに関しては、「直近3日間で〇〇MB以上の利用で速度制限」などもなく、8月31日まで行なっているキャンペーンも適用すれば、かなり良い内容だと思います。

Pocket WiFiの方は制限があり、「直近3日間で1GB以上の利用で低速規制」のようです…間違ってもPocket WiFiの方を契約しないようにしてくださいね (わたしがオススメなのはスマホプランです) 。

やはり一番よかったのは、格安SIMとは別格の回線品質。全く速度や時間帯を気にせずに使うことができるので、格安SIMで苦労している人は検討してみてもよいとお思います。

コメントを残す

このページの先頭へ