「OCN モバイル ONE アプリ」がリリースされたので使用してみました。すごいシンプルなアプリとなっています。

まずは、契約時に発行される「メールアドレス」と「パスワード」の入力が必要です。このメールアドレスとパスワードは、契約時に送られてくる「OCN会員登録証」に記載されいます。

ここで登録できずにエラーになる場合、一度OCNのホームページでログインしてみてください。メールアドレスの登録が完了していない場合があります。

わたしもエラーがでて、OCNのサイトでログインしてみたら、登録したとの画面がでてきました。その後に、アプリの方で「メールアドレス」と「パスワード」を入力すると、ログイン可能でした。

このアプリは、SIMカードの情報を読み取ってログインするタイプのアプリではなく、メールアドレスでログインするタイプのアプリなので、「OCN モバイル ONE」のSIMカードが入っていない端末でもアプリが使えます。なので、Wi-Fiルーターに「OCN モバイル ONE」のSIMカードが入っていても、スマホなどからアプリを立ち上げて、高速通信の切り替え等が可能です。

どれだけの容量を使ったかの確認は「直近3日間」「直近3ヶ月間」「直近13ヶ月間」で確認ができます。意外と使い勝手が良さそうです。

直近3ヶ月のデータ。6月の途中からの記録になっている。

6月の途中から記録されているので、ちゃんとしたデータが取れるのは7月からですね。また、予想の使用量も表示されています。

高速通信切り替えボタンは、アプリのホーム画面にあるので、すぐに切り替える事ができます。良いUI設計ですね。

ただ、このボタンを押すと、ON/OFF切り替えの画面が更に出てきて、そこでやっと切り替えができる形です。ここはホーム画面上ですべての動作を完了させてほしいところです。

このようにもう一度、高速通信の切り替え画面が出てくる。ちょっとめんどくさい。

「コース変更」「通信容量の追加」も可能。このボタンを押すとアプリ内でWebサイトに繋がる形です。こちらも使い勝手が良いと感じました。

ホーム画面の左上にある「設定」ボタンを押すと下記の画像に切り替わります。

「利用量超過アラート」機能があり、契約通信量上限の値を決めて、アラートを鳴らすこともできます。プランはこちら側で選ぶ必要はありません。

「契約情報を確認する」を押すと下記の画像に。

契約情報はもちろんですが、「申し込み履歴」が表示されているのが、ありがたいと感じました。

まとめ

よく使う「高速通信量切り替え」はトップ画面に配置するなど、「使いやすい!」というのが第一印象です。「OCN モバイル ONE」ユーザーは間違いなく使った方がよいでしょう。

アプリ入手先:Google Play