今回は、ドコモ系MVNO用にSIMフリー端末(ドコモから発売されている端末以外)を買う時のポイントとして周波数帯について話していきます。

MVNOのSIMを使う端末には、スマートフォン、タブレット、モバイルWi-Fiルーターなどがあります。この3つのどのSIMフリー端末を買うにしても周波数帯は確認しなければなりません。MVNOの機種を選ぶ際に参考にしてください!

ほしい端末がドコモの端末か?それともSIMフリー端末か?

ほしい端末が「ドコモの端末」と「SIMフリー端末」で周波数帯の確認が大きく違ってきます。

ドコモの端末の場合は、ドコモ系MVNOの使用での周波数帯はさほど気にならないでしょう(ドコモの回線なので周波数帯は対応してるのは当たり前ですよね)。敢えていうと、購入予定のLTEの対応状況を調べるくらいです。

問題は、SIMフリー端末の場合です。白ロム購入を失敗しないように絶対に確認したい「周波数帯」があります!

ではそれぞれの場合を見ていきましょう!

ドコモの端末の場合

ドコモ端末で、MVNOのSIMを使いたい方が多いと思います。白ロムも沢山市場に出回っています。

ドコモ端末であればドコモ系MVNOの場合、ドコモの回線を使っているので何も気にせずそのままでSIMを挿入して使うことができます。「そのまま」と言うのは、ドコモショップ等で「SIMロック解除」をしなくても使えるということです。

多少気をつけたい事と言えば「LTEに対応している」か「3Gのみ」なのかを確認する事ぐらいでしょう。

詳しくLTEの周波数帯を調べたい方は、下記のリンク先の周波数帯を確認してください。2012年秋モデル以前であれば「Band1しか」対応していません。それ以降の機種であればディアルバンド(2つのBand)に対応している可能性が高いです。

ドコモのLTE端末の周波数帯(Band)の対応一覧を作りました。LTEが、どのBandに対応しているか確認したい場合に活用してください。
ドコモ端末LTEの周波数帯(Band)一覧

あとは「スペック」「予算」「好み」などで白ロムを検討すればよいと思います。

他社の端末なら「SIMフリー端末」

ドコモ以外の端末の場合は「SIMフリー」であることが前提です。ソフトバンクやauの端末は「SIMフリー端末ではない」ので、ドコモ系MVNOは使用することができません。(一部例外もあります)
よく

「softbankやauのSIMロック解除をすれば使えるのでは?」

と聞かれるのですが、ほとんどの場合で使うことができません。

理由は、auの場合は公式にSIMロック解除を提供していません。上級者向けのアンロック(root取得など)がありますが、アンロックしたところでドコモ(ドコモ系MVNO)の周波数帯に対応していない端末がほとんどです。ソフトバンクは、SIMロック解除できる端末が限られています(2014年2月現在で301F、201HW、009Z、008Zのみ)。

国内の携帯会社でSIMフリーの端末を販売しているのは『イー・モバイル』です。イー・モバイルのモバイルWi-Fiルーターなど、一部の機種がSIMフリー端末になります。

あと「SIMフリー端末」を手に入れるには、海外で販売されている「SIMフリー端末」を購入するという方法があります。

SIMフリー端末は、対応周波数帯を確認するのがポイント!

いくらSIMフリーの端末であっても、周波数帯(Band)がドコモ系MVNOのSIMに対応していなければ意味がありません。SIMフリー端末は、周波数帯の対応状況が端末ごとに異なります。

なので、自分がほしい端末がどの周波数帯に対応しているか確認することが大事になってきます。基本的に日本向けに販売されているSIMフリー機であれば、3GやLTEの電波を拾えるものを売っているはずですが念の為に自分で確認をしてみましょう。

では、その周波数帯を見ていこうと思います。

ドコモ(ドコモ系MVNO)の周波数帯

LTE

  • Band1 (2100MHz) / 75Mbps エリアが広い
  • Band3 (1800MHz) / 150Mbps 東名阪エリア
  • Band19 (800MHz) / 37.5Mbps エリアが広い
  • Band21 (1500MHz) / 112.5Mbps 速度が早い

3G(W-CDMA方式)

  • Band1 (2100MHz) FOMAサービスエリア
  • Band6 (800MHz) 800MHz帯再編終了前のFOMAプラスエリア
  • Band9 (1700MHz) FOMA 関東・東海・近畿地域
  • Band19 (800MHz) 800MHz帯再編終了後のFOMAプラスエリア

となっています。ドコモの機種を使っていると大体どの周波数帯にも対応しています。(ドコモから発売されているので、当たり前といえば当たり前ですが…)

SIMフリーの端末の場合は、周波数帯が1~2つは対応はしているが、すべて対応している機種は稀です。2013年以降に発売されるSIMフリー端末は、基本的に対応しているものが全く対応していない機種もあったりすると困りますよね。

なので、まずドコモの端末以外で購入を考えている場合は、「SIMフリー」であることは必須条件で、ドコモの周波数帯により多く対応している端末が良いことになります。

特にその中でも、LTEの「Band1」「Band19」に対応している端末の方が、LTEで接続できるエリアが広くなる可能性が高くなります。

どの周波数帯に対応してたほうが良いのか?

LTEの場合

「Band1」「Band19」に対応していれば、広いエリアでLTEを拾うことができます。

Band3は、2013年10月から運用開始で東名阪エリアだけですが、最大速度が150Mbpsとめちゃ早です!しかし、エリアが東名阪の一部だけと、エリアが狭すぎて、ほとんどの人はBand3は活用できないでしょう…(わたしも都心エリアにいますが、Band3でLTEに繋がったことがほとんどない。)

LTEの周波数帯では、エリアの広い「Band1」「Band19」に対応しつつ、「Band3」「Band21」に対応していれば尚更よいのではないでしょうか。

3Gは「Band1」が必須で、FOMAプラスエリアの「Band6」「Band19」に対応しているものを選べば間違いないですね。

MVNOを使う人は、スマホやタブレットでの使用がメインだと思うので最大速度で10Mbpsもでれば良いと思います。個人的には速度は3Mbpsでれば「満足」レベルです。なので、最大速度よりも、「エリアの広さ」にこだわって端末を選ぶ方が快適に電波を拾えるようになります。

超絶大事なポイント

「SIMフリー端末では、周波数帯(Band)の確認を忘れないこと!」

大事なポイント

LTEがどの周波数帯に対応しているか確認する事!特に「Band1」「Band19」だと広いエリアでLTEが繋がりやすくなる可能性が高い!

まとめ

SIMフリーの白ロムを購入する際に、周波数帯が自分の対応してほしかった周波数に対応してない端末を買ってしまったりすると後悔します。なるべくそのような失敗を避けるためにも、周波数帯を確認することをオススメします!