ios9_apn_0

iOS 9ではドコモ系MVNO、au系MVNO共に、「APN Payload版」ではデータ通信ができません。

各MVNOで対応はマチマチですが、基本的に「APN Payload版」をインストールしている人がほとんどだと考えられます。Cellular Payload版は2015年8月あたりから配布されたこともあり、数ヶ月以上格安SIMを使っているユーザーは、確実にAPN Payload版をインストールしていることになります。この場合、iOS 9にアップデートすると通信が不可となり、Cellular Payload版に置き換えて対処する必要があります。

(※ au版のiPhone 5c/5sはiOS 8.xとiOS 9ではCellular Payload版でもデータ通信が不可となります。iOS 7でアップデートはやめておきましょう。)

ただ、「APN Payload版とCellular Payload版のどっちがインストールされているのか分からない」と思っている人も多いのではないでしょうか?

分からない人は、最新のAPN構成プロファイルを再度入れてあげるのが一番かと思いますが、APN Payload版になっているとどういった症状になるのか見ていきたいと思います。APN Playload版なのか、Cellular Payload版なのか確認する際に参考にしてください。

APN Payload版 + iOS 9の場合

では、APN Payload版 + iOS 9での実例を見てみましょう (ドコモ系MVNOの場合) 。

ios9_apn_1

右側の画像を見て下さい。
アンテナピクト等の表示は正常で「LTE」と表示されています。全く問題がなくデータ通信できそうですが、Safariなどでデータ通信をしようとすると「データ通信機能を起動できませんでした PDP認証に失敗しました」と表示され、データ通信ができません。

APN Payload版の時は、アンテナピクトは表示されるけど、データ通信不可となります。

お分かりの通り、この症状の方は、APN Payload版がインストールされています。Cellular Payload版に乗り換えましょう。

au系MVNOの場合、アンテナピクト部分が「LTE」と表示されず「1x」となり、データ通信が不可状態となります。

Cellular Payload版 + iOS 9の場合

Cellular Payload版の場合、ドコモ系MVNOでもau系MVNOでも正常に動作します (ただしau系MVNOの場合、テザリング不可) 。

では、実例を見てみましょう。

ios9_apn_2

Cellular Payload版の場合、アンテナピクトも問題なく表示され、データ通信も可能です。

今回はIIJmioを使っていますが、Cellular Payload版の場合、「(Cellular) IIJmio高速モバイル/D」と表示されて、Cellular Payload版と見分けが付きやすいですが、他のMVNOの場合はこのように記載がないところがほとんどです。どっちのAPNなのか、見分けが付きにくいので、気をつけて下さい。

ドコモ系MVNOの場合、アンテナピクトを正常に表示するには、VoLTEをオンに!

Cellular Payload版を使っていると、ドコモ系MVNOでアンテナピクトが正常に表示できない問題があります。これはiOS 8.xでも同じように起きていた問題で、iOS 9でもアンテナピクトが立ちません。

ただこの問題は、VoLTEをONにしていれば、ちゃんと表示されるようになります (SMS付きSIMカードでなくてもよい) 。

設定方法は、「設定」→「モバイルデータ通信」→「LTE回線を使用」を選択。VoLTEをONにする場合は「音声通話およびデータ」にチェックを入れます。

ios9_volte

左の画像では、VoLTEが (音声は3G) オフの状態である「データ通信のみ」にチェックが入っています。この場合、アンテナピクト部分を見てみると「○○○○○」状態となり、アンテナピクトが正常に動いていません。

右の画像では、「音声通話およびデータ」にチェックが入っており、VoLTEに対応している状態です。この場合、アンテナピクト部分は「●●○○○」となっており、アンテナが2本立っているのが分かります。

なので、iOS 9では、VoLTEをオンにしておきましょう。

au系MVNOの場合、iOS 9では、iOS 8同等にVoLTEをオンにすることができません(au系MVNOでは、現時点でVoLTE対応SIMを使っていない)。

まとめ

iOS 9にアップデートしたらデータ通信が出来なくなった人は、取り敢えず、各MVNOが提供している最新のAPN構成プロファイルを入れてみましょう。ただし、厄介なことにまだiOS 9に対応した (Cellular Payload版) のAPN構成プロファイルを配布していないMVNOが多くあります。

配布状況については、こちらにまとめました ↓

こちらを参考にして、iOS 9に対応したCellular Payload版APN構成プロファイルが配布されているならば、インストールしてみましょう。

iOS 9にアップデートしたらデータ通信が出来なくなった方は、参考にしてみてください。