今回は、ドコモ系MVNOの「SIMカードの色」について話をしてみたいと思います。

皆さん、SIMの色って気にしたことありますか?
ほとんどの人がSIMカードの色なんて気にしたことがないと思います。

ドコモ系MVNO(docomo)のSIMカードには、「ピンク」と「赤」色が存在します。その中で、主流なのは「ピンク色」です。

では、なぜピンク色と赤色のSIMカードがあるのでしょうか?
ただ、単に色の違いだけだと思っている人も多いかもしれませんが、色によって違いがあります。

おサイフケータイの仕様の違い

まず第一に色によって違いがあるのは、「おサイフケータイでの仕様」です。
おサイフケータイはどちらの色でも使用可能ですが、ピンクの場合は「FeliCa方式」に加えて「TypeA/B方式」のサービスにも対応しています。簡単に説明すると、使えるおサイフケータイの種類が多くなると言うことです。

詳しくはこちらで確認して下さい ↓
ドコモ系MVNO(格安SIM)での「おサイフケータイ」について

iPhoneのSIMロック解除アダプタ (SIM下駄) の使用

こちらの方が気になる人が多いかもしれません。
それはドコモ系MVNOを運用する際に、ドコモ以外から発売されているiPhoneを使用する場合です。 この場合、「SIMロック解除アダプタ (SIM下駄)」 を使うことになりますが、色の違いでSIMカードが認識しない場合があります。

このSIMロック解除アダプタを使用する場合、赤色のSIMカードは認識する場合が多いのですが、ピンク色のSIMカードの場合、認識しないことがあります。わたしも赤SIMで認識するものが、ピンクSIMの場合は認識しないことがありました。

ここ最近のSIMロック解除アダプタは、ピンク色も問題ないみたいですが、気をつけておいた方が良いかもしれません。

SIMロック解除アダプタ (SIM下駄) とは

auやソフトバンクのiPhoneの場合、SIMロックが掛かっているためドコモ系MVNOは使用できません。しかし、このSIMロック解除アダプタ (SIM下駄)を使用するとドコモ系MVNOが使用できるようになる訳です。Amazonなどで多く販売されています。

各MVNOのSIMの色を確認!

では、ここ最近の購入したMVNOのSIMカードで確認してみたいと思います。

IIJmio(BIC SIM)

sim-color_1

2014年7月に購入。ピンク色のSIMカード。

ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン

sim-color_2

2014年7月に購入。ピンク色のSIMカード。

OCN モバイル ONE

sim-color_3

2014年7月に購入。ピンク色のSIMカード。

sim-color_4

これは2014年4月以前に購入したSIMカード。この時はまだ「赤色のSIMカード」でした。

sim-color_5

「赤色のSIMカード」は、『OCN モバイル ONE』の旧プランである「30MB/日コース」などの時のものです。

BIGLOBE LTE・3G

sim-color_6

2014年7月に購入。色は赤。大手MVNOでは、珍しく赤色のSIMカードです。

DTI ServersMan SIM LTE

2014年7月にmicroSIMで購入。赤色のSIMカード。

楽天ブロードバンド データSIM

rakuten-data-sim_package

2014年11月にmicroSIMで購入。ピンク色のSIMカード。

U-mobile 通話SIM

umobile-cell_pacakge

2014年11月にnanoSIMで購入。ピンク色のSIMカード。

b-mobile 定額高速

bmobile-kousokuteigaku

2015年12月にnanoSIMで購入。赤色のSIMカード。

DMM mobile

dmm-mobile

2015年1月にmicroSIMで購入。ピンク色のSIMカード。

Play SIM

sonet_package

2015年1月にmicroSIMで購入。赤色のSIMカード。

BB.exciteモバイルLTE

bbexite_package

2015年1月にmicroSIMで購入。色はピンク。

まとめ

やはりピンク色のSIMカードが多いみたいですね。
SIM下駄を使う人以外は、あまり色にこだわる必要性がなさそうですが、参考にしてみてください。(SIMカードの色は、随時変更、購入店舗によって変わる場合もあります。参考程度としてください)