最近話題となっているWindows 8タブレットの8インチサイズ。『Dell Venue 8 Pro』『Lenovo Miix 2 8』『ASUS VivoTab Note 8』と次々発売されてどれが良いのか迷ってしまいます。
また、Wi-FiモデルやSIMフリーモデル、32GB版や64GB版、officeのバージョン違い…
正直どれがなんなのか分からなくなってくるぐらいです…

さらに、ASUS VivoTab Note 8は、販売店によってスペック、officeの違いがあります。
そこで、スペック比較、どれが良いのかを検討してみました。


表の中の赤文字は、この箇所が他機種より優れてると思われる点です。価格表示は2014年2月12日、現在のものです。
『Dell Venue 8 Pro』『Lenovo Miix 2 8』『ASUS VivoTab Note 8』比較表
スペック Dell Venue 8 Pro Lenovo Miix 2 8 ASUS VivoTab Note 8
価格 【Wi-Fi】
[Personal 2013版]
39,980円

[Home and Business 2013版]
41,980円

【SIMフリー版】
49,980円
【32GB版】
約36,010円~

【64GB版】
約40,530円~

【エディオン、ケーズデンキ、Joshin、ノジマ、ヤマダ電機、ベスト電器】
39,800円 (1~10%のポイント)

【ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、ソフマップ】
49,800円 (4980pt)

【amazon(スリーブ付属)】
45,800円

【amazon win8.1pro】
59,800円
型番 【SIMフリー版】
15Q11

【office home&bisinese版】
13Q41 (黒)、13Q42 (赤)

【office personal版】
13Q43 (黒)、13Q44 (赤)
【32GB版】
59404411

【64GB版】
59399891
【エディオン、ケーズデンキ、Joshin、ノジマ、ヤマダ電機、ベスト電器】
R80TA-DLPS

【ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、ソフマップ】
M80TA-DL64S

【Amazonスリーブケース付き】
M80TA-DL004HS

【Amazon】
M80TA-DL004PS
モデル Wi-Fi版、SIMフリー版 Wi-Fi版のみ Wi-Fi版のみ
CPU Atom Z3740D Atom Z3740 Atom Z3740
グラフィック Intel HD Graphics Intel HD Graphics Intel HD Graphics
解像度 1280×800 1280×800 1280×800
ストレージ 64GB(海外は32GBがある) 32GB、64GB 【エディオン、ケーズデンキ、Joshin、ノジマ、ヤマダ電機、ベスト電器】
32GB

【ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、ソフマップ、Amazon】
64GB
RAM 2GB 2GB 2GB
MicroSDスロット あり あり あり
容量 約395g 約350g 約380g
サイズ 幅216mm × 奥行き130mm × 高さ9 mm 幅215.6mm × 奥行き131.6mm × 高さ8.35mm 幅220.9mm × 奥行き133.8mm × 高さ10.95mm
バッテリー容量 4830mAh 4730mAh (不明)3950mAh?
バッテリー駆動時間 約10時間 約10時間 約11.8時間
バッテリー充電時間 不明 約3.5時間 約3.3時間
office 【Wi-Fi版】
Personal 2013、Home and Business 2013

【SIMフリー版】
Home and Business 2013
【32GB】
Personal 2013

【64GB】
Home and Business 2013
【エディオン、ケーズデンキ、Joshin、ノジマ、ヤマダ電機、ベスト電器】
Personal 2013

【ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、ソフマップ、Amazon】
Home and Business 2013
ディスプレイ 8.0インチIPSディスプレイ 8.0″ HD IPS LED 8型ワイドTFTカラータッチスクリーンIPS液晶(LEDバックライト)
タッチペン 付属なし(専用ペンはオプション) 付属なし 専用ペンが付属(本体に収納)
マルチタッチパネル 10点 10点 10点
Bluetooth ver 4.0 ver 4.0 ver 4.0
通信機能 デュアルバンド2×2 MIMO 11n Wi-Fi 802.11 a/b/g/n ワイヤレスLAN (Wi-Fi準拠) 無線LANIEEE802.11a/b/g/n
USBポート microUSB2.0 x 1 microUSB × 1 microUSB × 1
内蔵カメラ 【フロント】
120万画素

【背面】
500万画素
【フロント】
200万画素

【背面】
500万画素
【フロント】
126万画素

【背面】
500万画素
スピーカー モノラル 不明 ステレオ
マイク 不明 不明 アナログ
備考 【エディオン、ケーズデンキ、Joshin、ノジマ、ヤマダ電機、ベスト電器】
リカバリmicroSDが付属

【Amazon M80TA-DL004HS】
スリーブケース付属

Venue 8 Proの要点まとめ

SIMフリーの機種はこれだけ。

SIMフリー版は、小売価格49,980円でOffice Home and Business 2013が付属。

WiFi版は、Office Personal 2013とOffice Home and Business 2013で金額が異なる。
『Office Personal 2013版』は、39,980円。
『Office Home and Business 2013版』は、41,980円。

日本では、32GBモデルの販売はしていない。

dellストア、Amazonで販売を確認。

Lenovo Miix 2 8の要点まとめ

『32G版』は、Office Personal 2013。
『64GB版』は、Office Home and Business 2013。
『32G版』は、Office Personal 2013となるため、Home and Business 2013が欲しい人は強制的に、64GB版を買わなければならない。

厚みがなく、約350gと軽い。実機を触ってみたが、確かに他社のものと比べて軽かったし、厚みもなかったので非常に好感を持てた。

フロントカメラの性能が200万画素で一番良い。

Asus VivoTab Note 8の要点まとめ

販売店によってスペック、officeの種類が違っている。自分がほしいモデルかよく確認して購入することをオススメする。

64GBモデルの『M80TA-DL64S』は、2014年1月24日発売。
32GBモデルの『R80TA-DLPS』は、2014年2月下旬に発売予定。
Amazonモデルの『M80TA-DL004HS』『M80TA-DL004PS』は、2014年2月28日発売予定。

ワコムのスタイラスペンが付属していて、本体に収納可能。1,000段階以上の筆圧に対応したペン入力ができる。専用ペンが付属してくるのは、VivoTab Note 8だけ。

バッテリー駆動時間が一番長い。

総合まとめ

とにかくWindows 8タブレット 8インチは激戦区ですね。Dell、Lenovo、Asusの各社で『特色』がかなり違う結果になったと思います。

SIMフリーのWindows 8タブレット端末がほしい場合は、『Dell Venue 8 Pro』の一択。後日もしかするとSIMフリー版を出してくる可能性はあるにしても、現時点(2014/01)では、Venue 8 Proだけ。

外で使ったり、持ち運び用途に欲しい人は、『Lenovo Miix 2 8』がオススメ。個人的にも実機を確認したところ、大きさ、重量の点でかなり好感を持ちました。

お絵かきなど、タッチペンに魅力を感じる人は、『Asus VivoTab Note 8』 ワコム製のタッチペンなので、精度は良さそうだが、多少の位置ズレが起こるらしい。本体に収納できる点はかなり高評価!

コスパの良さでは、『Lenovo Miix 2 8 32GB版』一番安く手に入るWindows 8タブレットだと思う。しかしその分、Officeがpersonal 2013なので注意したい。

仕事で使う方は、『Lenovo Miix 2 8 64GB版』をオススメしたい。やはり、軽さと厚みのなさは「持ち運びに便利」という点と、Office Home and Business 2013が付属するため。

多少重くなってもOfficeなどをタッチペンで操作したい人は、『VivoTab Note 8』個人的に、タッチペンが本体に収納できて、Officeでのタッチペン使用はかなり快適に操作できると感じます。

個人的には

わたしは、office H&Bが必須なので、どれを買うにしてもストレージは64GB版になります。その中で、タッチペンが付いてくる『VivoTab Note 8 64GB版』と軽さ、薄さがウリだと感じる『Lenovo Miix 2 8 64GB版』で迷うところです。

金額差も5千円ぐらいでしょうか。となるとタッチペンが付いてくる(本体に収納できる点)ことで長期的に使うのであれば、価値がありそうですね!

キャンペーン情報

「艦これ」やるならWindowsタブレット 2000台限定 2000円OFF キャンペーン

2014年4月26日(土)〜2014年5月31日(土)23:59の期間で、「2000台限定で対象のWindowsタブレットが2000円オフ」のキャンペーンを実施中です。

購入する際のクーポン入力画面で、クーポンコード:KAI2HAYOを入力して下さい。

対象商品はキャンペーンページより確認してみてください!
ここで紹介している『Venue 8 Pro』『VivoTab Note 8』『IdeaPad Miix2 8』も対象です!

キャンペーンページ:「艦これ」やるならWindowsタブレット 2000台限定 2000円OFF キャンペーン