ビックカメラが、スマートフォンやタブレットと『BIC SIM(IIJmio)』をセットにして販売開始しました。ビックカメラ・コジマで全国合計1000セットの販売です。1000セットとは、かなり少ないですね…

この格安スマホセットには『BIC SIM』を使用します。『BIC SIM』はIIJmioのBICカメラ版で、無料で公共無線LAN「Wi2 300」が付いてくるのが特徴です。
また今回のセットは、「データ通信機能+(音声機能)」のプランで、端末代金と合わせて月額料金2,830円から利用できる内容になっています。

各端末の概要は

  • スマホ『FleaPhone CPF03A』と『BIC SIM(音声+データ通信)』+「保護フィルム」+「保護フィルム貼りサービス」のセットで月額2,830円
  • スマホ(ファブレット)『Fonepad Note 6(音声+データ通信)』と『BIC SIM』のセットで月額3,580円
  • タブレット『Nexus7(2013)』と『BIC SIM(データ通信のみ)』のセットで月額2580円

となっています。

FleaPhone CP-F03aのセットの場合

『FleaPhone CP-F03a』のセットは、『BIC SIM』の月額料金が1,900円からで、端末代が月々930円×24(総額22,320円)です。月々の支払い合計金額は、930円+1,900円=2,830円となります。

covia製の『FleaPhone CP-F03a』とのセットは端末代は安くないですが、「保護フィルム」と「保護フィルム貼りサービス」が付いてきます。なんとなくですが、年配の人をターゲットにしているような気がしますね。(ただ、年配の人がこの端末を使いこなせるとは思いませんが…)

『FleaPhone CP-F03a』は、デュアルSIM対応なので、非常に人気が高く、かなり売れている端末です。スペックは価格並ですが、サクサク動くと評判が良いですね。ただ、注意点としては、3G専用端末なので、データ通信でLTEは使えません。

参考記事:デュアルSIM対応のSIMフリー端末『コヴィア FleaPhone CP-F03a』を3月14日から発売!

あと、端末代金が高い(定価)ですね。単体で一括購入すると家電量販店などでは、10%のポイントが付きます。Amazonでも10%割引の金額で売られています。

Nexus7(2013)のセットの場合

『BIC SIM』はデータ通信のみの契約となります。データ通信の月額料金は900円で、端末代は月々1,680円×24回(総額40,320円)となります。月々の支払い合計金額は、1,680円+900円=2,580円です。

これは、セットで買うより、単体で買った方が良いですね。特にセットで買う利点はありません。

Fonepad Note6のセットの場合

ASUS製の『Fonepad Note6』は、『BIC SIM』の音声+データ通信の契約となります。月額料金は1,900円で、端末代は月々1,680円×24回(総額40,320円)となります。月々の支払い合計金額は、1,680円+1,00円=3,580円です。

これも端末を個別で買った方が安い(Amazonの方が約5,000円程安い)ので、セットで買う必要性は感じません。

まとめ

『FleaPhone CP-F03a』の場合のみ「保護フィルム」と「保護フィルム貼りサービス」が付いてくるのでお得かな?と思うぐらいです。

個人的には、端末とMVNOのSIMを別々で購入した方が良さそうです。