flame_firefox-os

Mozilla JapanがFirefox OS搭載のSIMフリー端末『Flame』の販売を2014年7月28日正午から開始すると伝えています。端末価格は1万9800円。
Yahoo! ショッピング OSSストアでの販売になります。

Firefox OS搭載『Flame』ってどんな端末なのか?

まず、OSがAndroidではなく、Mozillaがスマートフォンやタブレット向けに開発した「Firefox OS」です。
なので、Androidアプリなどは、もちろん使えません。
「Firefox OS開発者向けの端末」と記載があるように、アプリなどを開発する人たちの検証用端末という趣旨で販売する形です。

スペック一覧

では、スペックを見ていきましょう!

発売日 2014/07/28
価格 1万9880円
OS Firefox OS
デュアルSIM 対応
CPU Snapdragon 200 MSM8210 1.2GHz
CPU動作周波数/コア数 1.2GHz / dual core
ROM 8GB
RAM 1GB
W-CDMA 850/900/1900/2100MHz
GSM 850/900/1800/1900MHz
ディスプレイ 854×480(FWVGA)4.5インチ
SDスロット
カメラ 背面500万画素、前面が200万画素
Bluetooth 3.0
無線LAN IEEE 802.11b/g/n
GPS/A-GPS ◯/◯
NFC
バッテリー容量 1800mAh
サイズ 132×68×10mm
SIMロックフリー
ブートローダーのロック 解除状態

端末スペックと価格を見てみると非常に魅力的な価格で、RAM:1G搭載とコスパは良さそうな端末です。

まとめ & 感想

Flameは、公式サイトに「開発者向け端末として国内販売」と書いてあるように、一般の人が手を出しにくい端末だと思っています。
一番の難点は、対応アプリの少なさや、日本語ロケール、IMEが後日配布となり、現状で日本語入力ができないのも致命的ですね。(開発者には問題ない)

一般の人が「SIMフリー端末で安い!!」と思って購入すると、使い物にならない可能性が大きいので注意しましょう!

ニュースサイトで『Flame』の記事を見かけますが、「Firefox OS開発者向けの端末」ってことに触れていないサイトもあり、誤って購入して泣きを見る人多そう…な気がします。

情報源: