freete_20150622

freetelが、本日 (6月22日) 、「〜FREETEL World 2015〜 新ブランド・新製品発表会」を行い新端末を発表しました。

「KATANA」シリーズはWindows Phone端末となり、「SAMURAI」シリーズはAndroid端末として展開します。

KATANAシリーズ

KATANAシリーズはWindows Phone端末(Windows 10 Mobile搭載)となり、2端末を発表しました。各端末の詳細は下記の通り。

KATANA 01

freetel_20150622_1

KATANA 01の筐体は、priori2とかなり似ており、バッテリー容量も1,700mAhとpriori2と同じ容量になっています。Windows 10 Mobile、4.5インチIPS、クアッドコアCPUとなっています。

対応バンドは GSM: 850/900/1800/1900MHz、3G (UMTS): B1/B6/B19、LTE: B1/B3/B8/B19となっており、LTEの対応バンドがドコモのB19だけでなく、ソフトバンクのB8(プラチナバンド)に対応しています。

販売予定価格は19,800円 (税別)。

KATANA 01

freetel_20150622_2

KATANA 02は、Windows 10 Mobile、5.0インチ HD IPS、クアッドコアCPU、バッテリー2,600mAhとなっています。

対応バンドは GSM: 850/900/1800/1900MHz、3G (UMTS): B1/B6/B19、LTE: B1/B3/B8/B19となっており、LTEの対応バンドがドコモのB19だけでなく、ソフトバンクのB8(プラチナバンド)に対応しています。

販売予定価格は29,800円 (税別)。

SAMURAIシリーズ

SAMURAIシリーズは、Android搭載端末として、今回2端末を発表しました。各端末の詳細は下記の通り。

SAMURAI MIYABI (雅)

freetel_20150622_3

スペックは、Android 5.0、5.0インチHD IPSディスプレイ、クアッドコアCPU、RAM2GB、ROM32GB、全面500万画素/背面1,300万画素カメラ、Bluetooth、IEEE802.11b/g/n、バッテリ2,200mAh、カラーは、ホワイト/ブラック/シャンパンゴールド。

2015夏発売予定、予定価格は19,800円 (税別) 。

gooのスマホ g03やP8liteといった約3万円の端末のスペックと同等クラスながら、19,800円と割安感がある端末に仕上がるのでしょうか。気になる所です。

SAMURAI KIWAMI (極)

freetel_20150622_4

Android 5.0、6インチディスプレイ、オクタコアCPU、価格未定。

その他、端末

freetel_20150622_5

SIMフリーフィーチャーフォン「Simple」がやっと登場しました。2015年夏発売予定で、価格は5980円(税別)。また、操作は従来型の携帯電話にスマートフォンの機能をもちあわせた「Galaho (通称)」

priori2がAndroid 5.0にアップデート

priori2がAndroid 5.0に近日アップデートとなりました。3G版は確定みたいですが、LTE版はアップデートがあるのか現時点で不明です。

情報源: