freetel-sim_20161006_7

FREETELは、本日(10月6日)に、「FREETEL World 2016 Fall/Winter」を開催し、格安SIM「FREETEL SIM」のサービス改定・新プランや、SIMフリースマホ「RAIJIN 雷神」「KIWAMI2 極2」などを発表しました。

ここでは、FREETEL SIMと通話定額の改定に絞って、発表された内容を確認してみたいと思います。

FREETEL SIMの初期費用を299(ニクキュー)円に

freetel-sim_20161006_1

FREETEL SIMの初期費用は3,000円(税抜)で提供されていますが、299円(税抜)で契約できるパックを10月18日より発売するとのこと。

ただし、通常、事務手数料が3,000円(税抜)となる通常パックとは仕様が異なり、下記のような違いがあります ↓

freetel-sim_20161006_2

店頭で即時開通の場合は、299円(税抜)ではできず、3,000円(税抜)となります。また、1年間0円キャンペーンも対象外となります。

また、FREETELでは、SIMカード発行手数料394円(税別)を10月1日から請求しており、実際には初期に掛かる費用はこれらの費用を足したものとなる点に注意が必要です。

大容量プランを発表

freetel-sim_20161006_3

FREETEL SIMの定額プランに、15GB/20GB/30GB/40GB/50GBプランが追加されます。月額料金は下記の通り。(税抜)

freetel-sim_20161006_4

20GBプランが4,870円(税抜)となっていますが、2倍の容量dえある40GBプランは9,980円(税抜)と、20GBプランを2回線持つよりも高い料金体系になっており、「?」という感じですが…(後日、変更があるかもしれないとのことです)

11月1日より開始予定となっています。

TwitterやInstagram(インスタグラム)も通信量無料の対象に

freetel-sim_20161006_5

FREETEL SIMでは、ポケモン GOやLINEなど、一部の通信量を無料にしています。今回、それに加えて、TwitterとInstagramを無料の対象にするとのこと。12月サービス開始予定です。

ただし、無料の対象になるには条件があり、Twitterの場合は定額3GBプラン以上の契約、Instagramは定額5GBプラン以上の契約が必要になります。

freetel-sim_20161006_6

すべてのプランで通信量無料にならないで、ユーザーにとっては分かりにくいプラン内容となってしまいそうです。

通話定額サービスがより柔軟に!

freetel-sim_20161006_7

FREETELでは、プレフィックス型の通話サービスをFREETEL SIM契約者に対して行なっていましたが、「だれでもカケホ」が登場し、FREETEL SIM以外のSIMを使っているユーザー(例えば、IIJmioやmineoなど)でも通話定額サービスに加入できるようになります。

現在、FREETELでは、「FREETELでんわ」として、1分かけ放題を399円(税抜)、5分かけ放題を840円(税抜)で提供しています。今回の「だれでもカケホ」の登場により、1分かけ放題は299円(税抜)に月額料金が改定され、さらに、10分かけ放題を新設し、月額1,499円(税込)で提供するとのこと。

freetel-sim_20161006_9

サービス開始は11月下旬予定とのこと。また、店頭で390円のパッケージを販売予定としており、500円分の通話割引がついてくるとのこと。

だれでも使えるのは非常に有難いですね!

その他

定額プランで、余ったパケットの翌月繰り越しとチャージに対応するとのこと。チャージは0.5GB単位で500円(税抜)となります。11月1日よりサービス開始予定。

情報源「FREETEL World 2016 Fall/Winter」~新製品・新サービス発表会~