hi-ho LTE typeD」が、Androidタブレット(7インチ)の端末「ASUS Fonepad 7 LTE」をセットにしたプラン「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Fonepad 7【LTE】」を2014年7月1日より提供開始します。

ASUS Fonepad 7 LTEのスペックなどはこちら ↓
ASUS 『Fonepad 7 LTE』5月16日から発売!SIMフリータブレットで通話可能!

「hi-ho LTE typeD」の端末をセットにしたプランは、現在次のようになっています。

  • hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Nexus 7【LTE】
  • hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with ME302【LTE】

この端末セットの現状のプランは、音声通話が使えません。タブレットには、音声通話機能がない端末が多く存在します。

今回は、音声通話機能がついている「Fonepad 7 LTE」とセットにして、初めて「音声通話」に対応したSIMを選択できることになります。

魅力はタブレットでも音声通話ができる点

このプランの一番の利点は、やはりタブレット端末で音声通話もできるという点です。

ただ、個人的には、7インチタブレットで通話したくないですよね…Bluetoothイヤホンなどで繋いで電話するならまだしも、7インチタブレットを持って通話は疲れそうだし、ちょっと恥ずかしかったり…

端末セットプランの月額料金

この端末セットプランの端末代金込価格は下記のようになります。

  • データ通信専用SIM:2,280円
  • SMS機能対応SIM:2,420円
  • 音声通話対応SIM:3,280円

端末だけの料金は1,347円 x 24ヶ月 = 32,328円となります。

amazonで販売されている価格より多少安くなるぐらいです。

音声通話にこだわらないなら、他の端末セットプランも考えよう

音声通話ができなくても良い場合は、「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Nexus 7」の方がおすすめです。

理由として「Nexus 7 LTE」の場合、端末料金が1,428円 x 24ヶ月 = 34,272円となります。
元値がNexus7の方が高く、端末セットプランで購入すると、割引率がこちらの方が良いですね。そして、メモリ2GBなど、Nexus7の方がスペック面で良いからです。

まとめ

音声通話ができて端末も欲しい人にはおすすめですが、「hi-ho LTE typeD」の端末セットは縛りが「2年」あります。SIMだけの場合は「1年」の縛りとなっているので、よく比較して検討するほうがよさそうですね。

情報源:

『hi-ho LTE typeD』の詳細なプラン一覧はこちら