iijmio-onsei

IIJmioが音声通話機能付きSIMカードを2014年3月13日より提供開始すると発表しました。愛称は「みおふぉん」とのこと。なんか可愛いらしいですね。MVNOで音声通話プランに関しては、b-mobileが有名ですがIIJも音声プランを出すことで、MVNO大手の競争が激化しそうな内容です。

プラン内容

ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン ファミリーシェアプラン
SIMパッケージ価格 3,000円(税別)
月額料金 音声込み 1,900円(税別) 2,520円(税別) 3,560円(税別)~
音声なし 900円(税別) 1,520円(税別) 2,560円(税別)
国内音声通話料金 20円(税別)/30秒
SIMカード枚数 1枚 最大3枚まで
通信速度(LTEエリア) 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps (低速時:最大200kbps)
バンドルクーポン
(2014年4月1日から)
1GB/月
[ 旧:500MB/月 ]
2GB/月 3GB/月
[ 旧:2GB/月 ]
直近3日あたりの
低速通信量制限
(2014年4月1日から)
366MB 366MB
[ 旧:120MB ]
366MB
備考 音声通話機能付きSIMカードを12ヵ月以内に解除する場合は、音声通話機能解除調定金((12ヵ月-利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,000円(税別))が発生します。

プラン内容は、「ミニマムスタートプラン」「ライトスタートプラン」「ファミリーシェアプラン」の3種類。今まで存在していたプランに音声通話機能を追加した形での提供です。音声通話の基本料金は、従来のモバイル通信のみのプランに、プラス1,000円(税別)を上乗せする形です。携帯会社各社(docomoやauやsoftbank)の基本料金とほぼ同じぐらいの金額ですね。

非常に魅力的ですが注意点として、音声通話機能を付けた場合は12ヶ月以内に解約時は違約金が発生します。縛りがあるということです。ここは、注意したいところ。
他社携帯電話会社からののりかえは4月中旬スタートとのこと。

音声通話に無料通話はなく、各プランの料金の違いは、高速モバイル通信量(バンドルクーポン)の違いとなっています。

「IIJmio音声通話パック」を3月7日より先行販売

音声通話機能の提供開始に先行して、「イオン」「ビックカメラ」「ソフマップ」「コジマ」などで、2014年3月7日より音声通話機能付きSIMカードのエントリーコード(お申し込み用のコード)を同梱した「IIJmio音声通話パック」が発売されます。こちらは、2014年3月13日よりIIJmioのWebサイトでエントリーコードを入力し、申し込み完了後、1週間から10日程度でSIMカードが届くそうです。

個人的な意見として…

先行販売されても登録が3月13日からなので「あまり意味がないような…」と思いました。申し込み完了後に、1週間から10日程度でお届けなので、早くても到着は3月20日以降なので、3月は10日ぐらいしか使用できません…

3月分の基本料金が無料になるんだったら、先行販売で買いたいと思うのですが。4月から使えるようにした方がお得ですよね。4月から新学期になるので、先行販売で買っておきたい人も多いとは思いますが、月またぎたいところです。

IIJmio音声通話パック みおふぉん 春のデビューキャンペーンを実施!

みおふぉん春のデビューキャンペーン

2014年3月13日から4月30日まで、音声通話機能付きSIMカードの契約者を対象に、抽選でカタログギフト等をプレゼントする予定です。キャンペーン内容があまり詳しくアナウンスされておらず、抽選で何名に当たるのか現時点で不明です。(アナウンスあり次第更新予定)

【追記】
キャンペーン内容は、カタログギフト5万円分を2名様。パナソニックモバイルバッテリーを27名様。ダブルチャンス賞としてずっとIIJmioを使っていて音声通話プランに乗り換えた方は、MacBook Air 11インチモデルが当たります。

モバイル通信の内容も2014年4月1日から改正!嬉しすぎる内容!

話題は、音声通話対応で持ち切りですが、個人的にこちらの方が気になりました!4月1日から改正です。
モバイル通信の変更内容は、下記の通りです。

  • 「ミニマムスタートプラン」で、高速通信量(バンドルクーポン)が「500MB」から「1GB」に増加。
  • 「ファミリーシェアプラン」で、高速通信量(バンドルクーポン)が「2GB」から「3GB」に増加。
  • 「ライトスタートプラン」で、低速通信量制限が直近3日あたり「120MB」から「366MB」に変更。

非常に嬉しい内容です。わたしが一番食い付いたのは、「ミニマムスタートプラン」。高速通信に切り替えるアプリに、高速通信量が余ったら繰越可能で『1GB』の高速通信量がついてくるのは、現時点で最高の使い勝手となることは間違いないです。回線も安定感があるIIJmioなので、非常に良い内容ですね。「OCN モバイル ONE」や「BIGLOBE LTE・3G」が良い内容のプランをだしていて、少しIIJmioがプラン内容的に劣る感があったのですが、今回の改正で断トツのプラン内容なのではと思います。公衆無線LANが付いてくる「BIC SIM」が最強にコスパがいいですね。

既存のユーザーも対象なので、今後はさらに快適に使えますね!

まとめ

IIJmioが音声通話対応ということで、今後MVNOが更に盛り上がりそうです。IIJmioはモバイル通信は、高速通信に切り替えるアプリがあったり高速通信量が余ったら翌月に繰越できるので、使い勝手がかなり良いです。そこに音声通話プランが追加したことで、携帯を1台でまとめることができます。各携帯会社の高い料金プランを払っている方は、検討してみては如何でしょうか?

個人的に音声通話プランよりも食い付いたモバイル通信の改正については、かなり良い内容だと思います。かなり契約するユーザーが増えるのではないかというような内容ですね。

サービス概要 | IIJmio
IIJ、個人向けデータ通信サービスで音声通話機能付きSIMカード(みおふぉん)の提供を開始 | プレスリリース