IIJmioは2021年9月11日より、「みおふぉんダイアルアプリ」なし、またはプレフィックス番号無しで国内通話11円/30秒、同一の会員ID内での通話料金を8.8円/30秒に改定します。

今までは「みおふぉんダイアルアプリ」またはプレフィックス番号を(0037-691)つけることで通話料金が半額の11円/30秒でした。これが今後はプレフィックスなしで利用できるようになります。

ということは、通常の電話アプリ(iOS標準の電話アプリ、Android標準の電話アプリ)を利用できるのがメリットです。専用の電話アプリを使ったりプレフィックスをつけなくてよくなった分、余計なアプリや作業が必要なくなり利便性が向上しますね。

変更内容は下記の通り↓

※表は「横スクロール」ができます。

変更前 変更後
通常料金 22円/30秒 11円/30秒
「ファミリー通話割引」適用時 17.6円/30秒 8.8円/30秒
「みおふぉんダイアル」利用時 11円/30秒 11円/30秒

※表は「横スクロール」ができます。

対象のSIM機能 音声SIMのタイプD(NTTドコモ網)/タイプA(au網)
対象のサービス/プラン
  • IIJmioモバイルサービス ギガプラン
  • IIJmioモバイルサービス(ミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプラン、ケータイプラン)
  • IIJmioモバイルプラスサービス(従量制プラン、エコプランミニマム、エコプランスタンダード)

※表は「横スクロール」ができます。

注意事項として、「通話定額オプション」の通話定額料金適用には、引き続き“おふぉんダイアルからの発信が必要”となります。IIJmioでは「誰とでも3分&家族と10分」「誰とでも10分&家族と30分」の通話定額オプションを提供していますが、こちらを適用するためだけに「みおふぉんダイアル」アプリが必要ということになります。

OCNモバイルONEの場合、通話定額オプションは通常の電話アプリで適用となります。なので、IIJmioがなぜ「通話定額オプション」のために専用の「みおふぉんダイアル」またはプレフィックスを付ける必要があるのか不明ですし、あま改定の意味がないような….。通話定額に加入している人には悲報としか言いようがない気がします…。

プレフィックスなしは日本通信、OCN モバイル ONEが先行していましたが、ここで大手のIIJmioが続く形となりました。IIJをMVNEにしいてるイオンモバイルなども対応する可能性があるかもしれませんね。今後の動向に注目です。ちなみにnuroモバイルは年内に対応と発表しています。

情報源IIJ、個人向けモバイルサービスの国内音声通話料金を改定