mineo_campign_20150901_1

追記:
mineoの大型キャンペーンは終了しました。

mineo (マイネオ)』で行われている「ドコモ回線プラン スタート記念キャンペーン」を利用して、2015年9月1日以降に契約する場合、どれくらいお得なのかまとめてみました!回線が「6ヶ月 x 800円割引」となるので、格安SIMに今から乗り換えたいと思っている人でも気軽に試すことができる「超オススメのキャンペーン」となっています!

「ドコモ回線プラン スタート記念キャンペーン」は2015年10月31日(土) まで開催しています。是非フル活用してみて、格安SIM回線をお得に使ってみましょう!

キャンペーン内容は、「Dプラン(ドコモ回線)」と「Aプラン(au回線)」どちらでも1回線で「6ヶ月 x 800円割引」となります。また、今回のキャンペーンをフル活用しようとすると、複数回線契約するのがオススメで、大容量の回線がかなり格安で手に入ることになります。

では、まずはポイントをまとめてみたので、確認してみましょう!

  • 新規契約で「6ヶ月 x 800円の割引」
  • 複数回線で1回線毎に「50円割引」
  • 1件のeoIDにつき5回線(最大契約可能回線数)まで適用
  • データ専用SIMは縛りなし

この4つが今回のキャンペーンのポイントです。
その中でも「複数回線で1回線毎に50円割引」があるため、複数回線契約すると1回線ごとの月額料金が安くなります。これに加えて「6ヶ月 x 800円の割引」があるので、月額料金が非常に安くなるわけなのです!一つのアカウントで5回線まで持てるので、最大で「250円割引」になります。

もう一つのポイントとして、「データ専用SIMは縛りなし」となっているため、いつ解約しても違約金などが掛かりません。よって、「6ヶ月 x 800円の割引」の適用期間が終わると同時に解約してしまっても全く問題ないわけです。複数回線契約したとしても、「6ヶ月 x 800円の割引」が終了したら自分が残しておきたい回線分だけ残して他は解約、または全ての回線を解約してしまえばよいだけなのです。

上記のポイントのように、今回のキャンペーンは非常にお得で、誰でも参加した方がよいよ!ってことです!!!

複数回線契約がオススメ!

mineoでは、「パケットギフト」機能があり、複数回線所有してしていても、1回線にデータ容量をまとめることが可能です。なので、これを利用しながら使う&今回のキャンペーンで複数回線契約するのが、非常にお得になります。

mineoでは、Aプラン,Dプラン共に月額料金の差はありません。今回は両プランで、シングルタイプ (データ専用) のデータ容量が3GBで月額900円のプランで見ていきましょう(この3GBプランで契約するのが一番オススメだと思います) 。

ではキャンペーンを適用させて、複数回線契約した時の月額料金を確認してみましょう (全て税別) 。

回線 高速データ通信量 本来の総月額料金 複数回線の割引 キャンペーンの割引 キャンペーン中の月額料金
1回線 3GB 900円 なし ▲800円 100円
2回線 6GB 1,800円 ▲50円 x 2 ▲800円
x 2
100円
3回線 9GB 2,700円 ▲50円 x 3 ▲800円
x 3
150円
4回線 12GB 3,600円 ▲50円 x 4 ▲800円
x 4
200円
5回線 15GB 4,500円 ▲50円 x 5 ▲800円
x 5
250円

上記の通り、1回線で月額100円ですが、2回線でも月額100円です。3回線目以降は+50円となっています。

なので、1回線契約するならば、2回線契約した方がデータ通信料が増えるのでお得ですよね!
2回線でも月額100円ですから、かなり安いのが分かりますよね!その他の費用として、ユニバーサル料 (2円) や消費税が掛かってきます。

格安SIMをデビューしようと思っている人も、今回のこのキャンペーン期間中にお試し程度で使ってみるのもアリですよ!

パケットシェアを使いこなすと便利

1回線も2回線も月額100円なので、データ容量が2倍になる2回線契約した方がよいに決まっているのですが、できるなら「Aプラン1回線」と「Dプラン1回線」にしておくのが個人的にオススメな方法です。

理由は、ドコモ回線とau回線のプランを持っていれば、一方が帯域圧迫状態の時に他の回線に回避できるからです。

mineoでは「パケットギフト」「パケットシェア」で、余った高速データ通信量をシェアすることが可能、そしてDプランとAプランでのパケットシェアが可能となっています。格安SIMには速度が出ない時間帯などがあったりなど、回線が不安定な一面もあります。Dプラン (ドコモ回線) で速度が遅いと感じた時には、Aプラン (au回線) にパケットシェアしたものを使ったり、Aプランで速度が遅い時には、Dプランで使うといった活用方法ができるわけです。

「パケットシェア」の場合、同一IDで複数回線持っている場合でも、その回線内でシェアすることが可能です。ただし、気をつけてほしいのは「余ったデータ容量」のみです。その月に使い切れなくて、翌月に持ち越したデータ容量だけしかパケットシェアはできません。

また、パケットシェアには申し込みが必要 (申し込みの翌月から適用) となり、mineoのメールアドレス (1つ無料で付いてくる) が必要となり、初期設定をしなければなりません。少し面倒くさいの一面もありますが、一度設定してしまえばよいだけなので是非活用してください。

「パケットギフト」の場合、同一IDの複数回線内ではパケットを分け合うことはできません。ただ、パケットギフトの場合は、余ったデータ容量ではなく、全てのデータ容量をギフトし合えるので家族などで複数IDを持っていたりする方にはかなり便利です。

mineo_campaign_20150901_2

パケットギフトで友人にデータをあげることも可能。効率よくデータを使うことができる。

前述どおり、データ容量を一つのSIMにまとめて使いたい場合、同一IDでは使いまわせない点に注意が必要で、同一IDで複数回線持つ予定の方は「パケットシェア」を使うしかありません。よって、同一IDで複数回線を契約し、1つのSIMでまとめて使いたいと考えている人は、使うSIMカード以外は、1ヶ月間寝かして翌月にデータ容量を繰り越す必要があります。

契約手数料がネックか?

月額料金が安くなることが分かったと思いますが、トータルコストを考えると、他に費用が発生します。それは「契約手数料」です。複数回線契約する方がお得といいましたが、回線ごとに「契約手数料 3,000円 (税別)」が必要となります。

「3,000円も掛かったら意味がない!」と思った人も多いと思いますが、なるべくこの費用を抑えるためにも「mineoエントリーパッケージ」を購入して契約することをオススメします。

Amazon (現在2015/09/01) では、mineoエントリーパッケージが1,600円で販売されており、このエントリーパッケージに記載されている「エントリーコード」を使えば、契約手数料が「無料」になります。パッケージ購入代金 = 契約手数料となり、1契約につき1,600円ぐらいの初期費用となります。

この「エントリーパッケージ」では、Dプラン、Aプランのどちらでも申し込みが可能です。

ただこの「mineoエントリーパッケージ」は、今回のキャンペーンがお得すぎるため、売り切れ続出です。Amazonでもすぐに売り切れが発生するので、入荷があった時点で購入したほうがよいでしょう。いざ契約しようと思った時に「mineoエントリーパッケージが買えない…」なんて状況にならないように気をつけてください。

追記:2015/09/19
ここ最近は、Amazonでもエントリーパッケージの在庫が安定してあるようなので、あまり焦って買わなくてもよいと思われます。

トータルコストでお得なのか?

結局、トータルコストでどれくらい掛かるのか、気になりますよね!

では初めに、複数回線契約した時の「初期費用」を見てみましょう。
今回は「mineoエントリーパッケージ」を1,600円で購入した場合 (9月1日時点でのAmazonでの販売価格) で確認したいと思います。

回線 回線契約手数料 エントリーパッケージ 差額
1回線 3,240円 1,600円 1,640円
2回線 6,480円 3,200円 3,280円
3回線 9,720円 4,800円 4,920円
4回線 12,960円 6,400円 8,040円
5回線 16,200円 8,000円 8,200円

上記の通り、回線契約手数料を支払うよりも、「mineoエントリーパッケージ」を購入した方がかなり安くなりますね。5回線分であれば8,200円も差が出てしまいます。

なので、必ずmineoエントリーパッケージを購入しておきましょう。

mineoエントリーパッケージを購入した場合のトータルコストは?

では次に、トータルコストを確認してみましょう。
条件は下記の通り。

  • mineoエントリーパッケージを1,600円で購入した場合
  • プランはシングルタイプ 3GBで月額900円 (Aプラン/Dプラン共通)

キャンペーンを適用した場合、1回線の月額料金は、
(3GBタイプ 900円 – キャンペーン割引 800円) x 消費税 1.08 + ユニバーサル料 2円 = 110円

なので「トータルコスト」は、
110円 x 6ヶ月 + 初期投資 1,600円 = 2,260円

3GBタイプが「6ヶ月で2,260円」となり非常に安いのが分かります。
「1ヶ月では約377円」となります。

1回線契約でもトータル維持費は十分に安いと感じます!
2回線以上の契約する場合、複数回線毎に50円割引になるので、1回線の月額料金は56円 (50円 + 税 + ユニバーサル料) となります。

では、複数回線契約時の「初期投資額を含んだ1ヶ月あたりの維持費」と「1GBあたりの単価」も計算してみましょう。

回線 高速データ通信量 (初期費用も含めた) 1ヶ月あたりの維持費 1GBあたりの単価 (キャンペーン適用した6ヶ月間での)トータルコスト
1回線 3GB 約377円 約126円 2,260円
2回線 6GB 約645円 約108円 3,872円
3回線 9GB 約968円 約108円 5,808円
4回線 12GB 約1,290円 約108円 7,744円
5回線 15GB 約1,613円 約108円 9,680円

※ シングルタイプ(データ専用)の3GBプラン、Amazonでエントリーパッケージを1,600円で購入した場合

1GBあたりの単価で見てみると、1回線よりは2回線の方が18円ほど安くなります。2回線以降は同じ約108円なので、1回線契約よりも2回線以上契約した方が1GBあたりの単価は安いことになります。

なので、コスパがよい契約方法としては2回線〜5回線の間で契約するということになります。あとは各ユーザーが使いたい容量や総コスト費用をどれくらいに抑えたいかで、何回線契約するかが決まってくると思います。

3回線契約して9GBとしても、6ヶ月で5,808円、1ヶ月あたり約968円なので、かなり安く回線が持てますね!ここまで安いキャンペーンは今までなかったので、本当に誰にでもオススメしたいキャンペーンです。史上最大のキャンペーンと謳っていますが、本当に最大規模ですね!

まとめ

まとめると、「Aプラン/Dプランで、2回線以上契約するのがオススメ!」ということになります。もちろん1回線だけの契約でも、通常と比べたらかなりお得ですよ。

「mineo エントリーパッケージ」は在庫が無くなる可能性があるので、在庫があるうちに購入して、10月31日までにmineoに申し込みましょう!

最後にですが「確実に誰にでもお得なキャンペーン」です。この規模のキャンペーンは滅多にないと思います。時間は10月31日までなので、たっぷりと考える時間はあります。ゆっくり考えて、この機会を逃さずに参加してみてください!

情報源: