KDDIが運営するオンライン専用ブランド「povo」が2021年9月下旬を目処に新プランで大幅にアップデートし、「povo2.0」としてサービス展開します。月額基本料0円から開始し、各自のライフスタイルにあわせて10種類のトッピングを自由に選択できるオールトッピング形式となります。

またpovo2.0の開始に伴い、日常のさまざまなお店やサービスの利用でギガが貯まる、新しいギガチャージ活動「#ギガ活」を開始したり、povo2.0 デビューキャンペーンを実施する予定です。

povo2.0の詳細

このpovo2.0は今までと全く異なった料金体系になっており、基本料金は0円、そこにすべての要素(データ容量1GBなら390円、5分以内通話かけ放題は550円など)をトッピングする形式です。

これに伴い現在提供しているpovoは9月下旬に新規受付を停止、名称を「povo1.0」に変更となっています。現ユーザーは現状のまま利用可能です。

povo2.0の詳細は下記の通り。

項目 月額料金 備考
月額基本料 0円 180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、
利用停止、契約解除となることがあります。
月間データ容量 0GB トッピングによるデータ容量の追加などがない場合、
通信速度は送受信最大128kbpsとなります。
国内通話料 30秒あたり20円 (税込22円)
国内SMS利用料 送信:1通あたり3.3円[70文字まで]
受信: 無料

※表は「横スクロール」ができます。

上記のように、基本的な月額料金は「無料」です。そこに各自分仕様になるようにトッピングをしていきます。

通話トッピング 月額料金 期間
データ追加1GB 7日間 390円
データ追加3GB 30日間 990円
データ追加20GB 30日間 2,700円
データ追加60GB 90日間 6,490円
データ追加150GB 180日間 12,980円
データ使い放題 24時間 330円
通話トッピング 月額料金
5分以内通話かけ放題 550円
通話かけ放題 1,650円
コンテンツトッピング 月額料金
DAZN使い放題パック (7日間) 760円
smash.使い放題パック (24時間) 220円

データのトッピングが「3GBで990円(30日間)」とLINEMOやMVNOの格安SIMと同水準となり、これにてLINEMOや格安SIMは更に厳しくなりそうです。またUQモバイルのくりこしプラン+5G Sが月額1628円…なので、UQモバイルよりも安くなります…(自宅セット割りなどの光回線やでんきなどで割引が入って同水準となります)

通話トッピングは「5分以内通話かけ放題」と「通話かけ放題」(時間関係なくかけ放題)の2種類のみです。もう少しバリエーションがあれば(例えば、30日間70分間無料など)なお良かったかなとも。

コンテンツトッピングは使いたい期間だけ対象のコンテンツサービスを利用できるようになり、さらにそのコンテンツのデータ通信が使い放題になります。

と見てきたように、自分の用途にあうようにトッピングできる仕組みです。簡単な話、海外などでよくあるプリペイドのトップアップのような印象ですね。

トッピングで追加したものが有効期限前にお知らせしてくれる機能があるのか、自動的に継続してくれる機能があるのか(→現時点ではないらしいです)気にある点はありますが、今までahamo、povo、LINEMOで多少の違いはあれど似たようなプラン同士だったのが、このpovo2.0で大きく路線変更したと思いますし、個人的にはこのプラン設計は非常によいと感じます。

その他の仕様はこちらからご確認ください↓

https://povo.k-digitallife.com/teaser_top/assets/document/spec_pc.pdf(PDFが開きます)

また、povo2.0の注意事項として抑えておきたいポイントをまとめました↓

注意したいポイント
  • データトッピングがない状態の場合、速度は最大128kbps
  • データ使い放題 (24時間) は、ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合があります。
  • 一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限します。
  • 他のご利用料金が発生した月は別途ユニバーサル利用料、電話リレーサービス料がかかります。ただし、当面の間は0円となります。
  • 180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除になる可能性(しかし、180日以内の通話料・SMS送信料の課金で利用継続可能)。
  • LINEの年齢認証サービスが非対応

トッピングで追加したギガがなくなると最大128kbpsは激遅です。基本的にデータトッピングを追加してくださいと言うことですね(笑)。ahamo、LINEMO(スマホプラン)、povo1.0はギガがなくなると最大1Mbpsとなっており、ギガを使い切った後に最大1Mbpsに魅力を感じる人もいるでしょう。各自の使い方によると思うので、どのプランがよいのかよく検討してみましょう。

ネットワークの制限事項に関しては利用してみないと何とも言えないところではありますが、LINEMOでも「混雑する時間帯の通信速度を制限」と公表しています(実際には制限していないと感じましたが)。

povo1.0(現行のpovo)ではLINEの年齢認証サービスが対応していましたが、povo2.0では非対応となっているのも注意したいところ。

180日間トッピングがないと利用停止、契約解除になる可能性があるので、これには注意が必要です。トッピングを追加する以外では、180日以内の通話料・SMS送信料の課金で利用継続となるそうです。

またトッピングがない状態が180日で解約ということは、180日以内であればトッピングなしの月額0円での維持ができるということになります(そのまま忘れて解約…なんてことになりそうですが…)。データ使い放題 (24時間)が330円なので、使いたい時にこれだけを適用するという使い方もできますね。

トッピングする形式なので、トッピングのしやすさ、自動的にトッピングする機能(→現時点ではないようです)があるのかなどが気になるところです。

日常のお買い物やサービス利用でデータが貯まる「#ギガ活」開始

「povo2.0」において、日常のさまざまなお店やサービスの利用でギガが貯まる、新しいギガチャージ活動「#ギガ活」を開始するとのこと。

「#ギガ活」では、日常で利用する店舗でギガを「もらう」、街中やバーチャルイベントなどに隠れているギガを「さがす」、抽選などでギガが「あたる」という3つの取り組みを実施。

au PAYのお支払いでデータを「もらう」

2021年9月下旬 (予定) から順次キャンペーンを開始予定で、キャンペーンページでエントリーのうえ期間中に対象店舗で条件を満たすau PAYでのお支払いをすると、エントリーで登録したメールアドレスにデータがもらえるプロモコードを後日貰えるとのこと。

<対象店舗・サービス (2021年9月13日時点)>

店舗・サービス (五十音順)条件データ容量 (有効期間)
ウエルシア 500円以上の購入 300MB (3日間)
カインズ 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
コナズ珈琲 500円以上の購入 300MB (3日間)
すき家 500円以上の購入 300MB (3日間)
ドトールコーヒー 500円以上の購入 300MB (3日間)
はま寿司 500円以上の購入 300MB (3日間)
ビッグエコー 500円以上の購入 300MB (3日間)
ヒマラヤ 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
ベイシア 2,000円以上の購入 1GB (7日間))
丸亀製麺 500円以上の購入 300MB (3日間)
menu 500円以上の購入 300MB (3日間)
ローソン 500円以上の購入 300MB (3日間)

お店やサービスの利用でデータを「もらう」

以下の対象店舗やサービスで一定額以上購入すると、データがもらえるプロモコードを記載したカードをお渡しするキャンペーンを2021年9月下旬 (予定) から順次開始。

<対象店舗・サービス (2021年9月13日時点)>

店舗・サービス (五十音順)条件データ容量 (有効期間)
銀座deフットサル 500円以上の購入 300MB (3日間)
ザファーム 7,000円以上の購入 3GB (30日間)
サロモン 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
BANANA STAND 500円以上の購入 300MB (3日間)
Plywood 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
Brooklyn Roasting Company 500円以上の購入 300MB (3日間)
三島スカイウォーク 500円以上の購入 300MB (3日間)
夢を語れ 札幌 900円以上の購入 300MB (3日間)
Reebok 2,000円以上の購入 1GB (7日間)

買い物などでギガが貰える仕組みは非常に面白いですね。これは期待できそう。

povo2.0 デビューキャンペーン

事前エントリーのうえ「povo2.0」で対象のデータトッピングを購入した方に、最初に購入したデータ容量に応じて最大20GBのデータをプレゼントします。エントリー期間は2021年9月13日~ (終了時期未定)となっています。

キャンペーンページ → https://povo.k-digitallife.com/debut_cpn/

最初に購入したデータトッピング データボーナス (利用期間)
データ追加1GB
(7日間)
300MB
(3日間)
データ追加3GB
(30日間)
1GB
(7日間)
データ追加20GB
(30日間)
10GB
(15日間)
データ追加60GB
(90日間)
20GB
(30日間)
データ追加150GB
(180日間)

※表は「横スクロール」ができます。

適用条件
  • エントリー受付期間中に、専用フォームに必要事項(氏名・メールアドレス)をご記入のうえエントリーいただくこと
  • povo2.0をご契約のうえ、povo2.0のご開通から14日以内にデータトッピングを購入いただくこと(※データ使い放題(24時間)は対象外)
付与方法及び付与時期
データトッピング初回購入より10日目以降から、エントリー時に登録したメールアドレスに、順次プロモコードを送信。
特典適用対象外となるもの
  • povo2.0お申込手続完了から30日以内に開通のお手続きを完了されなかった場合、またはキャンセルされた場合(8日間キャンセルを含みます)
  • 特典をお届けするまでの間に、povo2.0を解約された場合
  • povo2.0にご契約された後、特典受領までの間にメールアドレスを変更された場合
  • 特典をお届けするまでの間に、povo2.0を解約された場合
  • 有効なメールアドレスでない場合や迷惑メールフィルターにより当社からのメールが受信できなかった場合など、理由の如何を問わず、エントリーが完了できなかった場合、または特典が受信できなかった場合
  • 本キャンペーンのエントリーや特典の受領にあたり、不正行為を働いたことが発覚した場合

まとめ

基本料金0円、全てトッピングで要素を追加という形となったpovo2.0。色々な使い方ができて多くの人にオススメできそうです。

トッピング料金も3GB30日で990円と格安SIMと同水準の料金設定。これは確実に格安SIMやUQモバイルは苦戦しそうですね。

このトッピング機能、povoだけで利用するのもよいですが、他の格安SIMと組み合わせ使うのもいいかもしれません。

例えば、eSIM対応のDSDV機種が必要ですが、povo2.0で5分使い放題だけをトッピングすると月額550円のみ、それにIIJmioのeSIM(ドコモ網、データ通信のみ)を利用すると2GBで440円。5分かけ放題+2GBでトータル月額990円(ユニバーサル料、電話リレーサービス料含まず)が実現できます。

このようにpovo2.0だけで完結するのではなく、他の格安SIMと組み合わせてみたりすると固定費を更に下げたりすることもできそうですね。使い方が色々でき、選択肢が増え、いい時代になったもんだと感じます(笑)

povo2.0、かなりよい方向にアップデートしたと思いますし、こういったプラン仕様をもってきたことにも衝撃でした。オンライン専用なので、万人におすすめということはないですが、それでも色々な人におすすめできるぐらいカスタマイズ性があり使いやすそうです。

情報源: