rakuten-mobile_20150316_1

楽天グループの通信会社であるフュージョン・コミュニケーションズが運営する格安SIMサービス『楽天モバイル』が、高速通信量の増量を2015年4月1日から行うことを発表しました。

高速通信量を増量へ

ベーシックプランを除いた全てのプランで増量となり、プラン名の名称変更と増量の内容は下記の通り。

  • 2.1GBパック → 3.1GBパック – 高速通信量2.1GB → 3.1GB
  • 4GBパック → 5GBパック – 高速通信量4GB → 5GB
  • 7GBパック → 10GBパック – 高速通信量7GB → 10GB

料金の変更はなく、既存ユーザーも4月1日から自動的に高速通信量がアップとなります。

先日、IIJmioが増量を発表しましたが、追随するような形になり、IIJmioの増量とほぼ同じかたちになりました。

3日間による高速通信量の規制は?

楽天モバイルには、3日間による高速通信の使用量によって通信制限が設けられています。現在、3日あたりの通信量が「2.1GBプラン:360MB」「4GBプラン:800MB」「7GBプラン:1.2GB」を超えると、最大速度200kbpsに制限されます。

今回の増量の発表では、「3日間による高速通信の使用量」の変更はアナウンスされておらず、そのまま継続の可能性があります。そうすると、3日あたりの通信量が「3.1GBプラン:360MB」「5GBプラン:800MB」「10GBプラン:1.2GB」で通信制限となり、かなり使いにくい印象です。

例えば、
3.1GBプランであれば、3日間あたり360MB以上の使用で速度制限となります。 そうすると1ヶ月で3.1GBを使い切るには、速度制限に掛からないように、ちょっと工夫しながら使う必要がありそうですね…。何回も速度制限に掛かってしまうと、高速通信量がすべて使い切れなくなりそうです。

増量はうれしい内容ですが、3日間による高速通信量の制限をもう少し緩い設定か撤廃にしてほしいところです。

【追記:2015/03/19】
規制についてコメントを頂きました。イベントでは発表があったみたいです。
3日間での規制は、「3.1GBプラン:540MB」「5GBプラン:1GB」「10GBプラン:1.7GB」と変更になるようです。
これなら文句ないですね!

問い合わせてみた

3日間の通信量による制限に関して、サポートの方に問い合わせしてみたところ、現在まだ未定との回答を頂きました。そのまま変更なしで継続の可能性もあるみたいなので、今後の動向どうなるのかチェックしていきたいところです。

まとめ

増量に関しては、誰もが嬉しい内容だと思います。IIJmioに追随するかたちで、こんなに早く、楽天モバイルが発表するとは思っていませんでした。嬉しい内容の発表となりましたが、3日間による制限がどのような形になるのか今後の動きにも注目したいところです。

気になった方は、チェックしてみたください。

情報源: