ソフトバンク株式会社は、「データ通信専用3GBプラン」の提供を2021年8月18日より提供開始します。

データ通信専用3GBプランの内容は下記の通り。

 基本プラン  基本プラン データプラン3G 合計
基本プラン 1,078円 330円 1,408円

基本的な月額料金は1,408円となっていますが、ここから各割引があり実質990円で維持できる仕様です。

3GBを超えると速度が低速化、最大128kbpsでの通信となります。ソフトバンクが提供している「新みんな家族割」の割引および回線数カウントの対象外、「おうち割 光セット」の割引対象外となります。

3ヵ月基本料無料特典(データ通信)で3ヶ月は無料、5年おトク割(データ通信)で5年間は990円

前述どおり、基本的な月額料金は1,408円ですが5年間は各割引が適用となり、無料または月額990円で維持することができます。

1カ月目

申込日を含む1カ月目は月額1,408円となります。これが日割り計算となるのかは現在不明。

2カ月目〜4カ月

1カ月目を除く、2カ月目〜4カ月は3カ月基本料無料特典(データ通信)で990円割引、5年おトク割(データ通信)で418円割引となり、月額無料で利用することが可能です。

5カ月目〜60カ月目

60カ月目までは5年おトク割(データ通信)で418円割引となり、月額990円で維持することが可能です。

実質データ通信専用SIMが月額990円で3GB

5年までという制約はあるものの、基本的に3GBが月額990円と言えそうです。5年もすれば1GBあたりのデータ料金が値下げされることが予想されるため、5年もこのプランをずっと使う人は稀かなというのが個人的な感想。なので、実質990円という表現を利用しています。

格安SIMやサブブランドと比較すると

データ専用SIMとはいえ3GBプランをMNNOがこの料金体制で出してきたことは驚きです。ソフトバンクは新ブランドのLINEMOでも3GBプランを990円で提供するなど、格安SIMキラーな料金体系となっています。

ソフトバンク、LINEMO、格安SIMで比較してみました↓

名称 ソフトバンク LINEMOM nuro モバイル
プラン データ専用SIM(3GB) ミニプラン(3GB) VSプラン(3GB)
SIMタイプ データ専用SIM 音声SIM 音声SIM
データ容量 3GB 3GB 3GB
料金 990円(5年) 990円 792円
ギガ消費後の速度 128kbps 300kbps 200kbps
1日を通しての速度安定度

nuroモバイルは格安SIMの3GBプランの中で最安値水準の格安SIMです。音声通話SIMで月額792円とコストパフォーマンスが非常によいのが特徴ですが、MVNOの格安SIMが故、平日の12時台は他の時間帯よりも速度低下が著しいのがデメリット。

今回登場したソフトバンクのデータ専用SIM、LINEMOはソフトバンク回線と同様に平日12時台の速度低下はないと予想されます(実際に使ってみないとわからない部分ですが、基本的にキャリア回線なので速度低下はないと思われます)。

ソフトバンクのデータ専用SIMは、ギガ(高速データ容量)を使い切ると速度が最大128kbps、LINEMOは最大300kbpsとなっており、LINEMOの方が使い勝手は良さそうです。

また、「新みんな家族割」、「おうち割 光セット」など割引は対象外となっており、安さを求めるならnuroモバイル、安定した通信速度がほしいならLINEMOでよいと感じました。

情報源: