いよいよ、au系MVNO『mineo』のサービス開始日が近づいてきましたよね。そこで、個人的にちょっと気になっている『mineo』(au系MVNO)の「ネットワーク機能利用料」「回線品質」について記述したいと思います。

au系MVNOの話だったり『mineo』の話だったりします。

au側へMVNOが支払うネットワーク機能利用料について

まず感じたのは、ドコモ系MVNOと比べてau系MVNOが、auに支払うネットワーク機能利用料(レイヤー2接続料)がバカ高いのが、au系MVNOのネックだと思っています。ただau系MVNO『mineo』は、今の回線使用料の価格であれば「利益が出る」と言っています。

レイヤー2接続で接続料は支払うが、社内のオペレーションコスト、プロモーション費用を抑えて、利益が出る構造にした

引用先:ケイ・オプティ、1GB月額980円~でauのLTE回線を使うMVNO | ケータイWatch

とのことですが、レイヤー2接続の接続料がドコモの約2倍以上の価格です。元値が2倍も違うので、今後『mineo』は「MVNOの水準を保つことができるのか」という点が気になります。元値が倍の金額だったら、普通の商売だと利益率が悪すぎますよね。

何故この点が気になるかというと、他社が値下げをしたり高速通信量をアップした際に『mineo』も改定対応できるのかと疑問に思うからです。『mineo』とドコモ系MVNOが同価格帯で同じ用な高速通信量を提供できていても、利益が多く出るのは確実にドコモ系MVNOです。なのでドコモ系MVNOは、今年も価格・容量改定をするのは確実です。それにau系MVNOはついていけるのか…多少不安事項です。

下の資料に接続料の記載がありました。

auのレイヤー2への接続料(MVNOがauへ支払う金額)。
詳しい資料はこちら(pdf)

docomoのレイヤー2への接続料(MVNOがドコモへ支払う金額)。
詳しい資料はこちら

auの接続料が、ドコモの接続料の約2倍の価格と言うことが分かります。更にauは最低利用期間として1年の縛りを設定しています。

だから『mineo』のデータ通信専用プランにも1年の縛りがあるのですね。違約金のためユーザーは、なかなか動きづらい状況です。なので他社水準と同じように料金の値下げなどをしないと、結局は良いMVNOとは言えなくなってしまいます。

ドコモは、2014年4月1日より接続料を約半額に引き下げました。しかし、各ドコモ系MVNOのプラン改定は、月額料金が半額になるほどのものではありませんでした。なので、先ほども述べたように今後価格競争などが起こった際に、プラン改定の対応しやすいのはドコモ系MVNOです。『mineo』を契約しようと思っている人は、これを頭に入れておいた方がよいでしょう。

またau系MVNOの場合、auへの最低利用期間が1年と設定されているので、『mineo』以外のau系MVNOが進出してきても「1年縛り前提のプラン」になりそうですね。

安定した回線の提供はできるのか?

また、このような状況の中『mineo』が、「どこまで安定した回線を提供できるのか」が気になります。

はじめの頃は快適に使えていても、ユーザーが増えてくると回線が重くなり、速度が出なくなったりします。そこで「回線増強するほどの資金体力があるのか」ということになります。ドコモ系MVNOは利益を出しやすい分、回線増強などの設備投資をしやすいと思いますが、au系MVNOはどうなんでしょうか…こればかりはサービス開始しないとなんとも言えませんが、気になるところです。

そしてもう1つ、気になるのは「LTE」接続のみという点です。auのメインLTEの周波数帯「Band18」は「プラチナバンド」と呼ばれていて、建物やビル内などで電波が届きやすいのが特徴です。

しかし、わたしのマンション室内では、au回線は「3G」表示になってしまいます。もちろんLTEエリア内です。

となると『mineo』はLTEのみでの提供なので「圏外」になってしまうということですよね…そうゆう場所が沢山あるとすると使い物になりませんよね。もし契約しようと思っている人は、一度自分の生活エリアでauの電波を確認してみるといいかもしれません。

まとめ

現在au系MVNOは『mineo』しか選択肢がありませんが、今後新しく出てくるMVNOも1年縛りがほとんどだと予想します。MVNOを使う理由の1つに「縛り」がない事をメリットとしている人は多いでしょう。そして2014年もMVNOは激戦時代になることは間違いなく、今後も料金値下げや高速通信量増量などのプラン改定は確実にあるでしょう。そこで「縛り」のあるau系MVNOを選択する理由はなんでしょうか。

まだ始まっていないサービスなので、速度や品質に関しては何も言えないのが事実ですが、契約を検討している方はちょっと考えてから決断したほうが良さそうですね。それか、サービス開始後に、実際に使ってみた人の意見を聞いた方が良さそうな気もしています。

要は「気になる点があるから、よく考えてみてね」ってことでした!

ちなみにわたしは、すぐに契約する予定でレビューも書くつもりです!
『FJL22』『LGL22』『au版iPhone5』を所有しているので、それぞれでどうなのかを記載する予定です。特に『iPhone5』は「Band1」のみの対応なので、どこまで実用的なのかをじっくり検証したいと思いっています。