U-mobile

U-NEXTが音声通話に対応したMVNOサービス「U-mobile」を2014年7月1日より開始しました。MNPも同時に受付開始となります。

SIMカードの種類は「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類。毎月の基本使用料の支払いはクレジットカードのみ。

今までは、データ通信専用のMVNOサービスとして『U-mobile*d』がありましたが、音声とデータ通信を組み合わせたMVNOサービスは『U-mobile』となります。文字の最後に「*d」が付くのはデータ専用と覚えておけば良いですね。

今回の音声通話機能付きプラン『U-mobile』は、今まで存在していたデータ通信専用プランに音声通信が付く形でプラン構成されています。 それぞれのプラン名は「U-mobile ダブルフィックス」「U-mobile スタンダード」となります。

では、プラン内容を確認してみましょう。

プラン一覧

プラン名 基本使用料 高速データ
通信量
最低
利用期間
違約金
U-mobile
ダブルフィックス
通信量1GB以下1,660円/月 3GB/月 6ヶ月 6,000円
通信量1GB超 2,960円/月
U-mobile
スタンダード
定額1,980円/月

最低利用期限も6ヶ月と縛りが少ない方で、期間内の解約の場合の解約事務手数料6,000円とこちらも良心的だと思います。

高速通信量は、3GBを越えると低速で最大速度「128kbps」です。

低速になった時には、高速通信をチャージすることによって再び高速通信可能。しかも、チャージ金額は割安なものが多く「100MB/300円」「500MB/500円」「1GB/800円」となっています。

音声通話機能のプランには、端末セットもあり「Ascend G6」と100台限定で「freetel priori」があります。

また、他社MVNOが扱っていない「留守電(月額+300円)」「キャッチホン(月額+200円)」もオプションとして追加することが可能です。

U-mobile スタンダードが割安!

特に良い内容と感じたのは、データ通信が定額の「U-mobile スタンダード」でしょう。音声とデータ通信を合わせたこのプランの基本使用料は1,980円とかなり安くなっています。

データ通信専用の「U-mobile*d スタンダード」は、基本使用料が1,680円なので、実質音声通話だけの料金は「300円」だけと言うことになります。

ここまで、音声通話の基本使用料が安いプランは他社MVNOでも存在していません。

U-mobileの特典も

「U-mobile」に加入している人には特典として映像配信サービス「U-NEXT」のポイントを毎月600円分貰えます。このポイントで有料映画を見たりが可能です。ドラマが315円や映画の新作が480円であります。電子書籍ストア「BookPlace for U-NEXT」でも使用可能です。

この600円分のポイントが貰えるということは、「U-mobile スタンダード」の場合、基本使用料が1,980円なので、実質600円差し引いた1,380円とも考えることができますよね。そうすると、データ通信専用プラン「U-mobile*d スタンダード」よりも実質安くなってしまいます!ビックリ!

まとめ

全体的U-NEXTは良い内容でまとめてきています。6月に行われた高速通信量のチャージ料金の改正や、今回の音声通話機能付プラン「U-mobile スタンダード」は特に際立っています。音声通話機能付きプランは、他社MVNOより最安値が高いですが、高速通信を3GBまで使えば、かなり「お得感ある」価格設定になっています。

情報源: