株式会社 U-NEXTが『U-mobile』の名称変更とプランの増加を2014年8月1日より開始します。

ちょうど1ヶ月前に、音声通話SIMが登場したばかりですが、すぐに名称変更になりました…

名称変更について

音声通話プランの名称が「U-mobile」から「U-mobile 通話プラス」
データ専用プランの名称は「U-mobile*d」から「U-mobile データ専用」
に変更されます。

以前よりも区別がつきやすくなりましたね。こっちのほうがスッキリしていて分かりやすいです。

プラン内容追加!

新しくプランが追加されたのが、高速通信量「1GB」「5GB」「7GB」のプランです。

既存プランの「スタンダードプラン」は「3GB」プランと名称が変更されます。「ダブルフィックス」プランは名称に変更はありません。

U-mobile 通話プラス(音声通話機能付きプラン)

U-mobile 通話プラスのプラン内容は下記の通り。

プラン名 料金 備考
1GB 1,580円 NEW
3GB 1,980円 既存プラン
元は「スタンダード」プラン
5GB 3,380円 NEW
7GB 4,580円 NEW
ダブルフィックス 1,660円〜2,960円 既存プラン

U-mobile データ専用

U-mobile 通話プラスのプラン内容は下記の通り。

プラン名 料金 備考
1GB 790円 NEW
3GB 1,480円 既存プラン
元は「スタンダード」プラン
5GB 2,980円 NEW
7GB 3,480円 NEW
ダブルフィックス 680円〜1,980円 既存プラン

「1GB」「3GB(既存プラン)」プランは、安いと感じる月額料金に設定されていますね。新規の「1GB」プランは、特に際立ちます。

まとめ

プランが増えたことで、契約しやすくなりましたね。自分に合ったプランを見つけやすくなったと思います。

ただ、このプレスリリースのページ
「通信の公平性を担保するため、当社の定める⼀定期間⼀定利⽤帯域を超えた場合は、速度制限を⾏う可能性がございます。」と細かく記載があります。

以前からですが、どれくらい使用すると規制にかかるのか記載がありません。例えば、「3日間で360MB以上」などの具体的な記載です。この不透明感は契約しにくい要因の1つです。

「規制事項」は、格安SIMを検討する時に必ず「確認」するポイントなので、公表してもらえるとありがたいですが…

情報源: