ヨドバシカメラで展開している『ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE』の音声対応SIMが、全国のヨドバシカメラ (通販サイト含む) で2015年4月28日から発売されます。

音声対応プランは下記の通り。(全て税込)

プラン名 月額料金 容量
1300円プラン 月額1,300円 低速 (最大250kbps) で無制限
1700円プラン 月額1,700円 3GB/月
2300円プラン 月額2,300円 5GB/月
3500円プラン 月額3,500円 8GB/月

提供SIMは標準SIM、microSIM、nanoSIM。通話料金は21.6円/30秒となります。

データ通信専用で存在する、高速データ通信量が10GB/月の「5490円プラン」の音声プランはありません。

特徴は、音声対応SIMであっても、違約金や最低利用期間を設けていない点。ただし、MNPで転出する場合、手数料として1万1,880円掛かってきます。

違約金や最低利用期間を設けていない格安SIMに「freetel mobile」がありますが、MNP転出手数料は1万5,000円から契約月数によって減額されていく形をとっており、ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEよりも柔軟性があります。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEは、どれだけの年月契約していても、MNP転出手数料が1万1,880円掛かってしまうことから、非常に使いづらい印象です。2年間契約したとしても、MNP転出する際には1万1,880円必要です。なので、使い捨て(MNPするのではなくて解約してしまう)感覚で使う方には良いかもしれません。

個人的な感想としては、音声SIMだと思った以上に月額料金が高くなる印象です。 と言うのは、音声対応の場合は、データ専用プランの月額料金に+700円あたりが水準となっています。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEで「データ専用プラン → 音声対応プラン」の料金を確認すると、

  • 480円プラン → 1300円プラン (+820円)
  • 920円プラン → 1700円プラン (+780円)
  • 2480円 → 3500円プラン (+1020円)

となっており、水準よりも音声通話の基本料が高い設定になっています。データ専用プランの場合、お得感がある価格設定だったかもしれませんが、ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEの音声プランを選ぶメリットは特に無い気がします…(もうちょっと月額料金が安ければなぁ…)

気になった方はチェックしてみてください。

情報源: