zenfone2-laser_6

ASUS JAPANは、SIMフリーのミドルレンジ端末「ZenFone 2 Laser (ZE500KL)」を8月8日 (土) に発売すると発表しました。

価格は2万7800円 (税込3万24円) となっていおり、家電量販店などで販売されるモデルはストレージが16GBのみとなります (楽天モバイル独占販売で8GBモデルあり) 。

詳細なスペックはこちらを参照してください。
ZenFone 2 Laser (ZE500KL) のスペック一覧

対応バンドが多い

ここ最近の格安スマホと呼ばれるSIMフリー端末は、対応バンドが中途半端だったり、ドコモ網にしか最適化されれいない端末が多いのですが、ASUSの端末はドコモ網とソフトバンク網に最適化されているのが大きなメリット。

ドコモ網のLTEは、Band1/3/19/28が対応しています。
LTEのBand19に対応していないSIMフリー端末が多くあるので、ZenFone 2 Laserは好印象。

また3G (W-CDMA) はBand1/6/19に対応しており、FOMAプラスエリアも問題なしです。

ソフトバンク網 (Y!mobile含む) は、LTEがBand1/3/8/28、3GがB1/8に対応しています。

追記:7/30
ソフトバンク系のバンドに関しては、技適を取得していないとの情報もあり、技適を取得していない場合、ドコモ系MVNOでしか使用することができません。ここに関しては現在確認中です。今まで発売されてきたZenFone 5やZenFone 2の事例を考えると、使える気がしますが…

zenfone2-laser_0

Googleドライブ、100GBが2年間無料

ZenFone 2(ZE500ML・ZE551ML) でもGoogleドライブが2年間無料特典がついていましたが、ZenFone 2 Laserにも100GB分が2年間無料で使える特典がついています。

Googleドライブの100GBが2年間無料はうれしい方はおおいのではないでしょうか。

16GBモデルで2万7800円は高い?

RAM:2GB、ROM:16GBのSIMフリー端末には、Huawei P8liteやgooのスマホ g03などがあります。P8liteは税込で実売が2万7000〜8000円ぐらいで販売されており、gooのスマホは3万2400円となります。

これらと比べた場合、ZenFone 2 Laserは多少コスパが悪いと感じるかもしれません。

特にZenFone 2 Laserは、Snapdragon 410ですが、g03はSnapdragon 615を搭載しています。また、ZenFoneシリーズは他の端末よりも最大輝度が暗い傾向にあります (ZenFone 2とZenFone 5を所有していますが、どちらも最大設定にしても暗く感じます) 。

しかし、対応バンドの多さはZenFone 2 Laserが良い感じで、ドコモ系MVNOでの使用だけでなくソフトバンク系でも使用予定があるならば、ZenFone 2 Laserがオススメです。 → 技適確認中です。

税込で約3万円と、少しお高め設定 (特にZenFoneシリーズは家電量販店などで割引があまりない) な気がしますが、ZenUIを搭載し機能面でも充実した端末だと思います。

ただ、正直な感想として「コスパがよい端末ではない」と感じました。

zenfone2-laser_2

楽天モバイルのセット販売で、8GBモデルが2万2800円

楽天モバイルでは、8GBモデルを独占的に販売となり、端末代は2万2800円 (税込2万4624円) となります。ただし、セット販売でしか購入できないため、楽天モバイルとの契約が必須です。

この端末セットを購入した場合、特典として楽天ポイントを1000ptプレゼントされます。

参考リンク:

楽天モバイルとセットでもよい場合、8GBモデルも選択肢の一つとなりそうです。

まとめ

位置づけ的にはZenFone 5の後継機種で、ミドルレンジ端末となります。今となっては非常にコスパの良い端末が多く発売されているので、多少割高な価格設定のような気もしますが、対応バンドの多さでは価値のある端末だと思います。

ただ、ZenFone 5ユーザーが買い換える程のメリットは、ほとんどないのではないでしょうか。コスパの面ではHuawei P8liteやgooのスマホ g02/g03の方がよいと思います。

情報源: