記事に大きな間違いがあったため、修正しました。

『mineo』のAPN設定で「接続エラー」が出てしまいました。そしてそれ以上進めず、APNの設定ができません。わたしもそんな状態になって分かったのですが、そのような時は、大抵「CPA接続を有効にする」をオンにしていない事が原因です。
多くの人がこの箇所で苦戦しているみたいなので、記載しておきます。

なぜ、ここで苦戦する人が多いかというと、mineoの設定ガイドにも載ってないんですよね…ちょっと不親切ですね。
ただ、このCPA接続設定ですが、項目がある端末とない端末があります。ない端末の場合、何も気にせずにAPNを設定するだけで繋がると思います。(『FJL22』『LGL22』は共に項目がないが、APN設定したらすんなり繋がった。)

そうしたら、一旦APNの設定をやめて、
設定 → モバイルネットワーク → CPA接続設定
で、CPA接続設定をオンにしてみてください。

オンにした状態でないと、APN設定ができません。この状態で、Wi-Fiはオフにしておくほうが良いみたいです。できない場合、Wi-Fiのオン・オフを切り替えてみて試してみてください。それでもできない場合、再起動して下さい。

その後にAPN設定をして、APNを有効にしてみてください。

これで『mineo』でデータ通信できるはずです。繋がると、通知バーに「CPA」のアイコンが表示されます。端末によって「CPA」の表示がでるものと出ないものがあります。FJL22は出ますが、LGL22は出ませんでした。これで完了です。

通信できない場合APNの設定が間違ってる可能性大です。確認してみましょう。

APNの設定は、

  • APN/APN設定/アクセスポイント名:mineo.jp
  • ID/ユーザー名:mineo@k-opti.com
  • パスワード:mineo
  • 暗号タイプ/認証タイプ:CHAP

で入力して下さい。各名称は端末によって変わる(「APN」だったり「APN設定」や「アクセスポイント名」と端末で呼び名が違う)ので、似ている名前があればそこに入力するようにして下さい。

以上、APNがうまく設定できない時の解説でした。参考にしてみてください。