2021年8月18日更新:
2021年8月の計測結果・評価は【月別】体感での快適さを評価、おすすめ度は?に追記しました。

今回は日本通信SIMの「合理的みんなのプラン」「合理的20GBプラン」の速度レビュー、感想、口コミを紹介したいと思います。

「合理的みんなのプラン」はデータ容量が6GB、国内通話料70分付き(しかもプレフィックスなしで)で月額1,390円(税込)と格安SIMの中でもかなりコストパフォーマンスがよく、検討している方も多いのではないでしょうか。合理的20GBプランはデータ容量が20GB、国内通話料70分付き(プレフィックスなし)で月額2,178円(税込)とこちらもコスパが良いです。

正直、コスパの良さ、速度の満足度の観点からおすすめしたい格安SIMです。日本通信はポンツー弾(MNP弾)として、プレスリリースの独特さ、通信の速度の遅さなど、数年前はイメージがあまりよくないと思っていた方も多いと思います(管理人も良いイメージは持っていませんでした…)が、このデータ容量が6GBの「合理的みんなのプラン」、20GBの「合理的20GBプラン」は個人的には印象を覆すぐらいおすすめできる内容でした。

では、速度レビューや感想、口コミを紹介していきたいと思います。

日本通信SIM(合理的みんなのプランで計測)の速度レビュー

条件など

今回速度レビューで利用するのは「合理的みんなのプラン」で契約したSIMになります。合理的20GBプランでも同じ結果となるとは思いますが、計測に利用したのは「合理的みんなのプラン」の方となります。

速度計測の注意点

今回速度計測には、Speedtestと5Gmarkを利用しています。ただ、速度測定アプリを利用すれば必ず正しい速度結果がでるとは限りません。接続先サーバーまでの距離、バックボーンなど色々な要因で結果が変わることがあり、speedtest、5Gmarkの両アプリとも体感とは異なる結果となることがよくあります。

特にここ最近、YouTubeやWeb閲覧していることを想定した速度を計測できる5Gmarkで速度計測を行っているサイトをよく見かけます。しかし、当サイトではほぼ参考にならないという認識です(数値のブレが大きかったり、実際に利用してみた体感とかなり異なるため)。速度測定アプリの結果を過信しすぎないことが重要です。

一番大事なのは「体感で快適に利用できているか?」ということで、体感レビューをより参考にした方がよいでしょう。ただ体感レビューにしても接続している周波数、基地局までの距離、障害物など個人的な環境の違いもあります。当サイトとの体感レビューとあなたの体感で相違がある場合もあり、こういったネットワークのレビューは参考程度にしておくのがベストです。

また、格安SIMのデメリットとして平日12時台は速度低下が必ず起こります。数年前はこの時間帯はどの格安SIMも200kbpsが当たり前で本当に通信に苦労するレベルでしたが、ここ最近は1Mbps前後で推移しているものが多くなってきました。とはいえ、キャリアと比べて確実に遅いのは当たり前でそれが格安SIMの宿命です。この記事では実際に利用するアプリやWeb閲覧が快適にできるかどうかを基準としています。基本的にダウンロードが2Mbps以上の速度であれば大抵のことが快適に利用できます。

初速バーストはあるのか?

多くの格安SIMで提供されている初速バースト(初めの数秒または数キロバイトだけ速度が速くなる)ですが、合理的みんなのプラン(日本通信SIM)にはバースト機能はありません。

ちなみに低速時のバーストに関しても調べてみましたが、初速バーストはありませんでした。低速時にバースト機能があるのとないのでは大きく違うので少し残念かも…(そもそもデータ容量を使い切らない人には関係ありませんが…)

SpeedTest

SpeedTestアプリの結果から紹介します。まずは、平日12〜13時台。

平日12〜13時台の計測結果

概ね、実際に利用している体感とあまり差がない結果がでていると思います。平日の混雑する時間帯である12〜13時のダウンロード(下り)は1.5〜2.5Mbpsぐらいがこの時間帯の平均値でしょうか。速すぎるということはないですが、平日12時台であることを考慮すれば、遅すぎるということはないでしょう。格安SIMの平日12時台の平均値は1〜2Mbpsなので、それらと同じぐらいの速度となります。

ダウンロードが同様の速度結果になる格安SIMもそれなりにあるので、ダウンロードが1.5Mbps程度というのは他の格安SIMと比較して優位性があるわけではないですが、この時間帯でも比較的使える格安SIMと言えます。

正直、ダウンロードで1.5Mbpsほどであれば、基本的に色々なことが問題なく利用できる速度です。実際に利用していてもYouTubeなどの動画、Web閲覧、ニュースアプリ、インスタなどがかなりストレスが溜まるようなことなく利用できます。12時台でこの速度はMVNOの格安SIMとしては満足できるレベルと判断できます。

平日12〜13時以外の時間帯

平日の12〜13時以外の時間帯は基本的に快適そのもの。特に気になることもなく、いつでも快適に利用できており、SpeedTestアプリの結果と体感で差は感じません。動画ストリーミングなども問題なく快適です。

SpeedTestで動画テストの結果

動画テストの結果は上記の通りでした。12:39の結果が360pと720pと2回計測して違いがでましたが、基本的に平日の12〜13時は720pの動画がスムーズに再生できるぐらいでした。思っていたよりも快適で恐縮してしまうほど…(笑)

5Gmark

平日の12:18に計測
平日の12:36に計測

結果での違いといえば、12:36はYouTubeの計測が不可だった点ぐらい。速度も結構違うし、総合POINTSも結構差がありましたが、とりあえず速くはない感じの結果です。

平日の17:10に計測
平日の08:41に計測

平日の朝、夕方の結果は特に問題なさそうな結果となりました。Ping値がSpeedTestと比べて悪いのは海外サーバーに接続しているからということが関係してきそうです(SpeedTestでは国内のRakuten Mobileに接続)。

アプリのダウンロード

平日12〜13時台に日本通信SIM(合理的みんなのプラン)でアプリをダンロード

平日の12時〜13時の時間帯にアプリのダウンロードをしてみたところ、下り1.6〜4.2Mbpsほどで問題なくダウンロード可能でした。容量の多いアプリをダウンロードするとかなり時間が掛かりそうですが、わざわざ混雑する時間帯にアプリをダウンロードする人も稀かな…と思うので基本的には問題ないと言えるでしょう。

ABEMA

ABEMA TVはモバイル回線で「最高画質」に設定し、平日の12時〜13時の時間帯に確認してみました。

はじめは画質が悪く、文字がぼやけてる
しばらくして画質が良くなった

はじめは画質が荒い状態でしたが、そのまま再生していると画質は最高画質だと思われる画質となりました。文字もしいかりときれいに表示されます。体感ではABEMAも問題なく見れるという結果で下り1.5Mbps前後で読み込みをしている感じでした。

YouTube

平日12〜13時台に720pで再生

混雑する平日12時〜13時の時間帯でも特に遅くなりやすい12時20分〜12時40分の間で720pが止まること無くスムーズに再生可能でした。上記は12時42分のものですが、ダウンロードが平均で1.5Mbps〜2.0Mbps程度。1.5Mbpsだと480pが限界というのが一般的に言われていることですが、HD画質でバッファの読み込みが止まることなく再生可能でした。

その他の時間帯は快適です。

Amazon Prime Video

平日12時〜13時の時間帯で、最高画質に設定した状態で再生すると再生前にバッファを溜めるために少し待たされますがHD画質でできました。体感としても問題なく再生できており、途中で止まることもありませんでした。しっかりバッファも溜まっています。

その他の時間帯は快適です。

Web閲覧、ニュースアプリなど

平日12時〜13時の時間帯にテキストベース、写真ベースのWebサイトを閲覧していて、遅いと感じることはほどんどありません。ニュースアプリなども同様にスムーズに閲覧でき、特に問題はありません。

その他の時間帯は快適です。

インスタグラム

平日12〜13時にテキストベース、写真ベースのWebサイトを閲覧していて、体感で遅いとは全く感じません。ニュースアプリなども同様にスムーズに閲覧でき、特に問題はありません。

12時〜13時台はPing値が悪い

Ping値が悪いとサーバーからの返しが遅いという事になるので、Web閲覧では応答するまで待たされることになります。

平日の12〜13時はPing値が悪くなり、FPSなどのゲームやリアルタイムのコンテンツはかなり厳しい印象です。まあ、元々回線速度が遅いこの時間帯にリアルタイムコンテンツは難しいとは思いますが…

通常の状態(平日の帯域が空いている時間帯)
平日の12時台、Ping値が大きい

とはいえ、他の格安SIMでもこの時間帯はPing値が安定しないところが多いので、これが気になるのであればキャリアを契約した方が良さそうです。

通信の最適化は実施しているのか?

通信の最適化を調べてみました。格安SIMでは一番混み合う時間帯(平日の12時台、朝8時前後、夕方18時前後)だけ通信の最適化をしているところがあります。通信の最適化を実施しているとサイトや画像を圧縮したりして、本来よりも画質が荒くなったりしたりします。

平日の12時台に確認

平日の12〜13時で通信の最適化はされていない結果でした。また、日本通信SIMではどの時間帯も通信の最適化をしていない模様です。更に低速化している状況でも通信の最適化は見られませんでした。

また、他の時間帯でも通信の最適化を確認してみましたが、結果はしていませんでした。

少し留意しておきたい点として、「動画再生や連続したデータ通信にはトラフィック制御を設けてる」と規約に記載されています。

【月別】体感での快適さを評価、おすすめ度は?

体感の速度を「月ごと」にまとめてみました。また、一番遅くなる「平日12時台の時間帯での体感」も記載しています。ぜひ参考にしてみてください。

参考値は下記のように表しています。

評価 内容
何をしてもめちゃくちゃ快適
快適に利用できる
○時よりも速度が遅いが、体感では問題ない
○時よりも速度低下、体感で少し遅い感じる
× 遅くて使い勝手が悪いと感じる
×× 遅すぎて使えない

体感速度結果は下記の通り↓

月別体感結果 平日12-13時 夕方 朝方 おすすめ度
2021年9月 ▲〜○ 4/5
2021年8月 ▲〜○ 4/5
2021年7月 ▲〜○ 4/5
MVNOナビ!

2021年8月現在、平日12時台は格安SIMの中でも快適な方!この速度を保っていれば、格安SIMの中でもおすすめだね!

平日12:20〜12:40間での体感は下記の通り↓

平日12時台の
体感結果
Webサイト表示 YouTube ニュースアプリ Twitter インスタ アプリDL アマプラ
2021年9月
2021年8月
2021年7月 未計測

※表は「横スクロール」ができます。

備考:平日12時台、TwitterやWeb表示で画像が多いと画像の読み込みに時間が掛かった(テキストはすぐに表示される)ため、▲という結果に。ただ、他の比較的快適にYouTubeが観れる格安SIMでも、Twitterの画像読み込みが同じように少し時間がかかるので日本通信SIMがおかしいわけではなさそうです(しかし、キャリア回線だとすぐにに表示されます)。

MVNOナビ!

2021年8月現在、YouTubeはこの時間demo720pで止まらず再生できた!格安SIMとしてはかなり上出来!
でもTwitterの画像表示がちょっと遅いかな…Web閲覧でも画像が遅いと感じる時もあるし、やっぱりこのあたりは格安SIMって感じ。ただ、不思議なことにインスタグラムの画像はすぐに表示、YouTubeは快適なんだな!

日本通信SIM(合理的みんなのプラン、合理的20GBプラン)まとめ

日本通信SIM(合理的みんなのプラン、合理的20GBプラン)の速度レビューまとめ
  • 速度に関しては基本的にどの時間帯も快適レベル
  • 平日12〜13時は他の時間帯よりも速度低下は見られるが、普通に使えるレベルを維持していた
  • 平日12〜13時は他の時間帯よりもPing値が圧倒的に悪くなる傾向
  • 初速バーストはなし
  • 通信の最適化はしていない(2021年7月現在)

正直、体感的に遅いと感じる場面がなく、格安SIMでこれだけパフォーマンスがよいとは…と感じるほどです。確かに平日12〜13時台は、他の時間帯に比べて速度低下が見受けれますが、それでも体感的にはそれほど変化がなくて十分に実用的でした。ただ、Ping値がかなり悪くなるのでその点は注意しておきたいところです。

データ通信速度がこれだけ快適で、合理的みんなのプランは月6GB、国内通話70分無料で月額1,390円となれば、格安SIMの中でもおすすめ度はトップクラス。以前の日本通信のイメージからここまで快適に利用できるとは思っていなかったので、個人的には予想外に良い結果となりました。

余ったデータの繰り越しができない、アプリの提供なし、残りのデータ容量がリアルタイムではない点などデメリットもありますが、プレフィックスなしでの通話やコストパフォーマンスの良さなどのメリットもあります。速度の観点から言えば、個人的におすすめできるレベルなので、他の点で自分に合っているのか見極めてみてください。

2021年8月現在、個人的に速度の評価としてはかなり満足度が高いです。全時間帯が安定しているキャリアと比べるとさすがに劣る部分はありますが、これだけコストパフォーマンスが良いと安かろう悪かろうのイメージは全くありません。

個人的にはメイン回線として利用していこうかなと思うぐらい優秀な結果でした。