NUROモバイルには「Gigaプラス」という仕組みがあります。今回はこのGigaプラスの取得方法や取得したデータの期間、使われ方などをレビューしていきたいと思います。

Gigaプラスとは、契約プランに応じて3カ月ごとにデータ容量がもらえる仕組みで、もらえるデータ容量は下記の通り。

  • VMプラン(5GBプラン):3GB
  • VLプラン(10GBプラン):6GB
  • NEOプラン(20GBプラン):15GB

データ容量が3GBのVSプラン、お試しプランはGigaプラスの対象外。

元々NUROモバイルの月額料金は他の格安SIMと比べてもかなり割安で各ギガ数のプランで最安値水準です。それに加えて、さらに3カ月ごとにギガがもらえるので、かなり大盤振る舞いと言えそうです。ただ、仕様的に3カ月ごとにということで…使い勝手がよいものではないかな…というのも本音です。

では、使い勝手や設定方法を確認してみましょう。

Gigaプラスの対象月はメールにてお知らせ

Gigaプラスは3カ月ごとにもらえるのですが、3カ月ごとにもらえることを覚えている人のほうが少ないはず…筆者もよく忘れます….

ただ、3カ月毎の月初め(1日)に登録したメールアドレスに適用できる趣旨のメールが来ています。

Gigaプラスの適用はNUROモバイルのマイページから行いますが、しっかりメールで連絡してくれるのはありがたいです。

Gigaプラスの受け取り方法

GigaプラスはNUROモバイルの公式ページにある「ご利用者向けページ」にログインして受け取ります。

ログインするこのような上記の画面で「容量追加・変更」のところに「Gigaプラスの受け取り」という項目が追加されています。

今回の場合で言うと、12月1日〜31日の1ヵ月間が受け取り期間ですが、受け取ったデータ容量の有効期限は2月末までとなっています。なので最大約3カ月、最低で2カ月の有効期限があります。

データ容量を受け取るを押せば完了です。

ではデータ容量が増えたか確認してみましょう。

NUROモバイルの1GBは1024MBでの計算となります。なので、今回は3072MBが増量になり、6097MBから9169MBになりました。今月末有効期限切れの容量は変わらず977MB。もらった3GBは最大約3カ月まで有効。そしてNUROモバイルでは有効期限の短いものから消費されていきます。

ここで少し注意しておきたいのがパケットギフトに関して。
NUROモバイルではギガを同じプラン契約者同士(バリュープラスならバリュープラスを利用しているユーザー同士、NEOプランならNEOプランを利用しているユーザー同士)であげたりもらったりすることができます。

しかし、このGigaプラスでもらったギガはパケットギフトの対象外となり、あげたりもらったりすることはできません。

ということで留意しておきたい点があります。
かなりニッチな話ですが、契約しているデータ容量を消費してしまい残りがGigaプラスで貰ったものしかない時はパケットギフトでパケットをあげることができません。

「パケット余ってるからあげるよ」といった後で気づいたりすることもありそうですね。あまりこのような場面にはなりにくいと思いますが、留意しておきたい点です。このあたりはどんなギガでも誰にでもあげたりもらってりできるmineoの方が上手ですね。

使い勝手はどう?Gigaプラスまとめ

正直、使い勝手が良いかどうかと言われたら「うーん…」という感じです。3カ月毎にギガがもらえるのは良いですが、自動適用だったほうが便利。また、3カ月毎ごとにもらえる仕組みではなく1カ月ごとに付与してくれたら(とうか月のギガを増やしてくれたら)よいのにな…とも。

NUROモバイルからすると、3月間毎にすることでギガが少ないプランや他社の格安SIMに流れるのを防ぎやすくするという意味合いもあるのでしょうが、3カ月毎に3、6、15GB貰えても…って感じの人も多いのかな…とも。

例えば、5GBのVMプランを契約する人たちは基本的に5GB以内に収まるのでそのプランを選ぶわけです。3カ月後にギガを貰えたところで使わない可能性の方が高いでしょうし、特に嬉しくない人もいるでしょう。

ということで、Gigaプラスに関してはユーザー視点というよりもNUROモバイルの事業者側の都合でこのような仕様でお得感を出している、という印象で、万人受けするものではないかなというのが個人的な意見です。なので、まあ、おまけみたいなものと思っておくのが一番よいのかなと感じました。