rakuten-mobile_app_20150306

楽天が提供している格安SIMサービス『楽天モバイル』の専用アプリ「楽天モバイル SIM」が、先日 (2015/02/28) アップデートがありました。最新版をインストールすると、高速データ通信のON/OFF切り替えが可能になっていました!

また、専用アプリ「楽天モバイル SIM」が、結構使いやすくなっていたので簡単に紹介・レビューしたいと思います。

高速通信ON/OFFを切り替える!

専用アプリ「楽天モバイル SIM」のホーム画面(アプリを立ち上げた最初の画面)で、通信量の確認ができたり、高速データ通信の切替のトグルボタンがあります。

rakuten-mobile_app_20150306_1

赤枠の箇所に切り替えボタンがあります。
高速データ通信の切り替えは、2,3秒で切り替えることができます。また、連続してON/OFFの切替もスムーズに可能です(IIJmioのみおぽんでは、一度切り替えると一定時間置かないと再度切り替えができない)。

rakuten-mobile_app_20150306_2

高速データ通信がOFFの時は、最大速度200kbps(150〜300kbps)ぐらいでした。しっかりと切り替えができていますね。

直近3日間のデータ量も確認可能!

直近3日間で360MB以上のデータ量を使うと、速度が規制に掛かってしまいます。その目印になる、直近3日間での通信量が確認することができます。

rakuten-mobile_app_20150306_3

とても見やすくて、かなり好感が持てます。
また、「本日」「昨日」「一昨日」の使用データ量が、灰色で色分けされて円グラフが描かれます。

また、右下の方に最終更新日時が表示されており、リアルタイムで通信量が計測されていました。リアルタイムで通信量が更新されるか確認してみましょう。YouTubeで高速データを消費してみました。

rakuten-mobile_app_20150306_4

06:50時点で106MB残っていたデータが、07:45時点では0MBになっています。リアルタイムで反映されている証拠です。現時点で、3日間による速度規制の対象になっていますが、すぐに速度規制はされず、“翌日” から規制となるみたいです。

まとめ

高速データ通信量のON/OFFが切り替えれることにより、より使いやすくなったのではないでしょうか。徐々に高速データ通信をON/OFF切り替えられる格安SIMが増えてきました。楽天モバイルを使っている方は、是非アップデートしてみましょう!