iijmio

今回は「IIJmio」の速度レビューを行いたいと思います。
ずっと速度低下状態になっていたIIJmioですが、以前から5月下旬に設備増強を行うとIIJが告知していました。IIJmioは増強によって6月から速度が回復したのでしょうか。今回は設備増強によってどのように速度変化したのか確認してみたいと思います。

5月に予定していた設備増強については、3回行われたようです。

では、早速計測結果を確認してみましょう!

検証条件

計測に使用した格安SIMのプランは、「IIJmio ミニマムスタートプラン」になります。条件は下記の通り。

  • 【計測日】2015年6月1日(月)
  • 【計測場所】神奈川県川崎市
  • 【計測環境】LTE接続
  • 【端末】SIMフリースマホ「Blade Vec 4G」
  • 【計測アプリ】OOKLA SPEEDTEST サーバーはfussa-shi

注意事項
速度計測日時と記事掲載時は異なります。現在と速度結果が異なる場合がありますがご了承下さい。また、SPEEDTESTの画像は見やすいように加工を加えています。

12:00〜13:00の時間帯

iijmio_20150602_2

見てもらうと分かる通り、一番込み合う時間帯である12:20〜12:40の間は、430〜580kbps程度の下り速度となっており、以前の速度と変化がほとんどありません。この時間帯の速度回復を期待していた人も多いと思います。ちょっと残念な結果ですね…。

またPing値も、混み合う時間帯は値が悪くなる傾向です。お昼の時間帯は3桁台の結果となりました。

午後の速度は?

iijmio_20150602_3

19:00〜22:00の時間帯は、平均の下り速度が「2Mbps以下」です。「遅すぎて使い物にならない」とは特に思いませんが、「設備増強した割にはあまり回復していない」と感じた人が多いのではないでしょうか。Ping値も三桁台になっています。

以前の計測よりも、少しだけ下り速度が速くなったと思いますが、本当に「僅か程度」という印象です。僅かすぎて「速度が速くなった!」など、体感することはほとんどないと思います。

15:00〜15:40の時間帯は、下り速度の平均は「7Mbps程度」となっており、特に遅いと感じることは無い速度結果でした。(できれば、この時間帯は常に10Mbps以上出ていてほしいですが…)

まとめ

5月は後半になるにつれて、以前、速度が一番出なかったときよりも、確かに“少しだけ” 速度が回復してきたかなという印象がありました。

しかし今回の結果のように、大幅な速度改善がみられることなく、お昼の一番混雑する時間帯では、平均で400~500kbps程度しか速度が出ていません。夜間の時間帯でも1Mbps台の速度が多い結果となりました。
もっと大幅に速度が改善するかと思っていましたが、以前と “変化がほとんどない結果” となり、よい印象を受けた方は少ないのではないでしょうか。

MVNO全体での速度は、5月下旬に大幅に速度回復した「NifMo」や「楽天モバイル」、元々速度が速い「ASAHIネット」「UQ mobile (au系MVNO)」が現時点 (2015/06/02) でトップクラス。そして、IIJmioよりも遅い格安SIMも多くあります。 なので、他の格安SIMと比較した場合、IIJmioは「平均的な速度」の格安SIMといえると思います。またIIJmioだけでなく、すべてのIIJ系MVNOで同じような速度となります。

今回の6月初旬の計測結果では、特にお昼は使いにくい印象ですが、それ以外の時間帯は「最低限の速度」を保っている印象です。速度回復にかなり期待していたユーザーも多いと思いますが、決して下り速度が速くなったという印象はなく、少し残念な結果といえそうです。

評判のよいIIJmioなので、今後に期待したいところですね!
以上、参考にしてみてください。

(※一時的にですが、5月25日前後は非常によい下り速度(18時台で40Mbpsなど)が出ていました。一時的だったのは残念です…また、土日は結構よい速度が出ています。)