UQ-mobile_package_1

今回は『UQ mobile』の速度レビューを行いたいと思います。

au系MVNOの「UQ mobile」は2014年12月18日からサービス開始されました。わたしも開始直後から使用しており、6ヶ月以上契約していることになります。そろそろ速度低下が起こるのかなと思っていましたが、現在 (2015/07/04) も全く衰えること無く、快調すぎる速度です!

それでは、速度を確認してみましょう!

検証条件

計測に使用した格安SIMのプランは、「UQ mobile データ高速プラン」になります。条件は下記の通り。

  • 【計測日】2015年7月2日(木)
  • 【計測場所】神奈川県川崎市
  • 【計測環境】LTE接続
  • 【端末】LG G3 Beat
  • 【計測アプリ】OOKLA SPEEDTEST サーバーはfussa-shi

注意事項
速度計測日時と記事掲載日時は異なり、記事掲載時点で速度結果が異なる場合があります。ご了承下さい。また、SPEEDTESTの画像は見やすいように加工を加えています。速度結果はSPEEDTESTのものを掲載していますが、RBBスピードテストやドコモスピードテストでも確認しています。

12:00〜13:00の時間帯

uq-mobile_2

見ての通り、下り速度は他の格安SIMと比べものにならない速度が出ています。12:15〜12:45の時間帯であれば、1Mbps以上の下り速度が出る格安SIMが稀な中、UQ mobileでは20Mbps近く出ることが多くありました。

この時間帯で、この速度、文句なしですね!

午後の時間帯

uq-mobile_3

午後、夕方以降も全く問題ないですね!快適な速度が出ています。それにしても、安定しすぎていてビックリしてしまいますね (笑)

またお昼の時間帯と比べて、ほとんど速度が変わっていないのが分かります。お昼は大抵速度が落ちるはずですが、UQ mobileは全く落ちず、1日を通して速度が安定していますね。ここまで安定しているMVNOは、他に存在しないと思います (ドコモ系MVNOで速度が優秀な格安SIMでも、お昼の時間帯には多少なり速度が落ちる) 。

格安SIMであっても、どちらかというとキャリアの通信品質に近く、格安SIMとしては一歩秀でた印象です。

1日を通して、Ping値が3桁台となっているのがちょっと気になる人もいるかもしれません。
特に基地局、接続先のサーバーが混んでいる訳ではなかったので、UQ mobile側の調整上の問題だと思われます。本日(2015/07/04) 時点では、Ping値は40ms付近だったので特に問題はないはないでしょう (今日は休日なので、平日に再度確認します) 。

まとめ

速度の変動が激しいMVNOの中で、これだけ速度品質が低下が起きず、安定した回線速度を提供する「UQ mobile」は非常にオススメです。「au系だから使いづらいだよね…」なんて思っている人、ドコモ系MVNOを使っていて速度低下が激しく不満がある人は、是非試してみてください。

また「格安SIMは月額料金が安いから、速度や品質を期待したらダメ!」など思っている人は、UQ mobileを使っていると考えが変わるのではないでしょうか!同じ月額料金払うなら、やはり速度が安定しているものを選びたいものです。ドコモ系MVNOでも満足できる格安SIMはありますが、UQ mobileは、速度面で全く不満のない格安SIMの一つ、また1日を通して速度の安定度はNo.1 (2015/07/04時点) といえるでしょう。