この記事ではXiaomi Redmi Note 10 Proのスペックや格安スマホとして販売しているMVNOをまとめてみました。

Redmi Note 10 Proは2021年4月16日発売。「1億800万画素4眼カメラ、世界を彩る高画質」と、ミドルレンジクラスのスペックですがカメラを押しにした端末となります。

Xiaomi Redmi Note 10 Proの詳細スペック一覧

※表は「横スクロール」ができます。

名称 スペック
OS MIUI 12 (Android 11準拠)
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 732G
CPU:Qualcomm Kryo 470 | オクタコア | 最大2.3GHz
GPU:Qualcomm Adreno 618
ストレージ 128GB(UFS 2.2)
RAM 6GB(LPDDR4X)
ディスプレイ サイズ 6.67インチ
解像度 FHD+ | 2400×1080 | 395ppi
ディスプレイ種類 AMOLED (有機EL)
リフレッシュレート 120Hz
タッチサンプリングレート 240Hz
SIMトレイ ナノSIMスロットx2、microSDx1
SIM2枚とmicroSDカードの同時利用可能
eSIM対応
Wi-Fi 2.4GHz/5GHz Wi-Fi
Bluetooth 5.1
衛星測位システム(GNSS) GPS:L1 | Galileo:E1 | Glonass:L1 | Beidou:B1
周波数 5Gネットワーク 対応なし
LTE(4G) LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
LTE TDD:38/39/40/41
3G WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
2G GSM 850/900/1800/1900
カメラ メインカメラ 1億800万画素 | f/1.9 | 1/1.52インチセンサーサイズ
超広角 800万画素 | 画角118° | f/2.2
望遠接写カメラ 500万画素 | f/2.4
テレマクロカメラ 200万画素 | f/2.4
深度センサー 200万画素、f/2.4
動画 30fpsで4K (3840×2160) | 30fps/60fpsで1080p (1920×1080)
NFC
オーディオ デュアルスピーカー
イヤホンジャック
センサー 近接センサー|360°光センサー|加速度計|電子コンパス|ジャイロスコープ|リニア振動モーター|IRブラスター
バッテリー 5,020mAh
充電 33W
防滴、防塵 IP53
外寸 横幅 76.5mm
縦幅 164mm
厚み 8.1mm
重量 193g
カラー グレイシャーブルー、グラディエントブロンズ、オニキスグレー
パッケージ内容 Redmi Note 10 Pro 本体 / ACアダプタ / USB Type-Cケーブル / SIM取り出しツール / ソフトケース / ユーザーガイド / 保証書 / 画面保護シート(貼付済/試供品)

※表は「横スクロール」ができます。

4Gの対応バンドを確認

各キャリアの主要な周波数(絶対に対応しておいてほしい周波数)は背景が水色になっています。

4Gの周波数 ドコモ
周波数
au
周波数
ソフトバンク周波数 楽天
周波数
Redmi note 10 Pro
B1(2.0GHz)
B3(1.7GHz)
B8(900GHz)
B11(1.5GHz) ×
B18/26(1.5GHz)
(auローミング)
B19(800MHz)
B21(1.5GHz) ×
B28(700MHz)
B41(2.5GHz)
B42(3.5GHz) ×

※表は「横スクロール」ができます。

基本的にどのキャリア、格安SIMでも利用可能な端末と言えるでしょう。個人的にはBand42は対応してほしいところですが、海外メーカーのSIMフリーはBand42に対応しているものが少ないのが現状…(ただ、今ライバルとなりうるOPPOは対応している)

ドコモ網の対応

ドコモの周波数 B1 B3 B19 B21 B28 B42
端末の対応周波数 × ×

※表は「横スクロール」ができます。

ドコモの主要周波数であるBand1/3/19に対応しています。その一方で、Band21/42には対応していません。ドコモはBand21は地方都市、Band42はプレミアム4Gとして展開しているもので無くても困ることはないかもしれませんが、フルバンド対応ではないことは覚えておきましょう。基本の周波数は対応しているため、ドコモ網で利用は問題ありません。

au網(UQモバイル含む)

auの周波数 B1 B3 B11 B18/26 B28 B41 B42
端末の対応周波数 × ×

※表は「横スクロール」ができます。

auはBand1/3/18/26/28/41に対応。主要であるBand1/18/26にはしっかりと対応している一方、Band42には非対応。基本の周波数は対応しているため、au網での利用は問題ありません。

ソフトバンク網(ワイモバイル含む)

ソフトバンクの周波数 B1 B3 B8 B11 B28 B41 B42
端末の対応周波数 × ×

※表は「横スクロール」ができます。

ソフトバンク網はBand11以外に対応しています。Band11に対応したSIMフリーは現状ほぼない状態ですし、Band11は特に気にする必要がありません。ソフトバンク網での利用は問題ありません。

楽天モバイル

楽天モバイルの周波数 B3 B18/26(auローミング)
端末の対応周波数

※表は「横スクロール」ができます。

楽天モバイルはフルバンド対応しています。注意したいところが1点あり、楽天モバイルとXiaomi端末は相性が悪く、Rakuten Linkを利用して通話発信した際にWi-Fiがオンの状態だと非通知になってしまいます。

販売価格は?

Redmi Note 10 Proのメーカー希望小売価格は税込34,800円となっています。

土日限定ですが19,800円で売られていたそうです。

格安スマホとして販売しているMVNOは?

格安スマホとして端末と格安SIMのセットで販売しているMVNOをまとめてみました。端末セットで購入することで単体購入するよりも大幅に割引になるMVNOもあるので、ぜひ、チェックしてみてください。

販売MVNO、販売価格一覧表

MVNO リンク おすすめ度 端末セット購入価格 MNP限定価格 備考
IIJmio IIJmio(みおふぉん) 25,800円 9,980円 MNP限定特価2021/10/31まで
OCN モバイル ONE 24,190円 11,190円 対象オプション同時加入で2,000円OFF!
mineo mineo(マイネオ) 31,680円 31,680円 「EJOICAセレクトギフト」1,000円分をプレゼント!2021年10月31日まで
BIGLOBEモバイル 【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中 34,689円(2万PT還元) 34,689円(2万PT還元) 音声SIMと端末のセット契約の場合、20,000Gポイント還元
nuro mobile
イオンモバイル イオンモバイル 33,880円 33,880円
HISモバイル HISモバイル
exciteモバイル エキサイトモバイル
楽天モバイル
ワイモバイル
UQモバイル

※表は「横スクロール」ができます。

端末セットの購入は、端末代金の他に格安SIM契約の初期費用として「初期手数料3,300円」と「SIMカード発行手数料433.4〜446.6円」が発生します。キャンペーンなどで初期手数料が無料になる格安SIMもあります。端末代金だけでなく、初期費用を含めたトータル代金を考慮して購入するのがよいでしょう。

IIJmio

【MNP限定端末セットがセール!2021年10月31日まで】
IIJmioではMNP限定で端末代金が大幅に割引になるキャンペーンを実施しており、Redmi Note 10 Proが9,800円と激安です。また、初期費用が1円、3カ月間+1GBになるキャンペーンも同時に行っており、他社と比べても端末セット購入代金+初期費用が一番安くなる可能性があります。

公式IIJmio

IIJmioではドコモ網とau網のプランがあり、Redmi Note 10 Proはどちらも周波数帯的には問題ないですが、ドコモ網のタイプDのみでしか購入できません。

初期手数料 3,300円 → キャンペーンで1円
SIMカード発行手数料 タイプD:433.4円
タイプA:446.6円
eSIM:220円
加入条件 計算式 初期費用を含めたトータル料金
新規加入(ドコモ網) 25800+1+433.4 26234.4円
MNP加入(ドコモ網) 9800+1+433.4 10234.4円

MNPで加入する場合、端末代金と初期費用を合わせたトータル費用は10234.4円となります。過去最安値です。

新規最安値 MNP最安値 備考
25,800円 9,800円 9/1に値下げされて、新規、MNPも共に最安値。

OCN モバイル ONE

Redmi Note 10 ProとOCN モバイル ONEのセットにMNP乗り換えで加入すると、端末代金24,190円から13,000円割引となります。更にOCNでんわ 完全かけ放題に同時加入で更に2,000円オフに。

では、機種代金の他に初期費用としてどれくらい掛かるか、トータルの金額を確認していましょう。

初期手数料 3,300円
SIMカード発行手数料 433.4円
名目 計算式 初期費用を含めたトータル料金
新規加入 24190+3300+433.4 14923.4円
MNP加入 24190-13000+3300+433.4 14923.4円

新規では実質価格でBIGLOBEモバイル、MNPではIIJmioの方が初期費用を含めたトータル金額で安くなります。

BIGLOBEモバイル

【端末セットで2万Gポイント!2021年9月30日まで】音声通話SIMと対象端末をセットで20,000Gポイント還元され、1Gポイント=1円と換算でき、実質20,000円割引となります。

BIGLOBEモバイルではドコモ網とau網があり、どちらにも対応しています。

費用名目 料金
初期手数料 3,300円
SIMカード発行手数料 一律433.4円
名目 計算式 初期費用を含めたトータル料金
新規加入(ドコモ網) 34689-20000+1+433.4 15123.4円
MNP加入(ドコモ網) 34689-20000+1+433.4 15123.4円

初期に発生する費用は、端末本体34,689円-20,000Gポイント+3,300円+433.4円=実質15123.4円となります。新規の場合はBIGLOBEモバイルが最安値、MNPの場合はIIJmioの方が安くなっています。

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中
BIGLOBE モバイル